絵手紙: 2019年10月 1日

10月1日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。

日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんと みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。

今回の絵手紙テーマは「大事にしているもの」。

色々なモチーフの絵手紙が今回も届きました。ありがとうございました。

etegami_191001_09.jpg

それではみなさんの絵手紙を見ていきましょう。

etegami_191001_01.jpg
~25年前に買った筆と顔彩。色は補充しつつ 今も大切に使っています~

美佐子先生)
顔彩と筆をまっすぐに置いていて、大事にしていることやきっちりとした性格が
伝わってきます。
友達に絵手紙を贈ると気持ちが返ってきてうれしいですね。

屋野キャスター)
そうですね。井出さんもお友達との絵手紙の交流を大事にしていると
おっしゃっていました。これからも楽しく続けていってくださいね。

etegami_191001_02.jpg
~大事にしているのは 絵手紙の「線」。絵手紙の命。10年間、線をひき続けていますが、いまだに納得のいく線がひけません~

美佐子先生)
そうなんですね。絵手紙は線が命なんですよ。集中して気持ちのおもむくままに筆を
動かすといいですね。もっと墨を少なくすると、引き締まった線になると思います。
それから、絵はハガキいっぱいに描いた方がいいですね。

etegami_191001_03.jpg
~結婚して50年になります。夫婦二人、健康をモットーに食生活に気をつけています~

美佐子先生)
線に変化があって面白いですね。割り箸でしょうか、固いもので描いています。
いろいろな色の食材が並んでいて、楽しく食欲もわいてきます。おいしく食べて健康でいたいですね。

平野キャスター)
おいしそうですね。

etegami_191001_04.jpg

~血圧計をつけ度々測っています。心の安心薬です。

美佐子先生)
血圧計をつけた手をハガキいっぱいに描いています。安心な数値が出るとホッとしますね。
「目で見てわかる健康」良いですね。

平野キャスター)
血圧計で測ることを「安心薬」と名付けて 言葉を選んでいるところが面白いと
思いました。

etegami_191001_05.jpg
~娘夫婦がパラオ土産に貝の宝石箱をくれました。この後指輪ももらって、優しい気持ちとともにこの箱に入れています〜

美佐子先生)
娘さんからのプレゼントはうれしいですね。金色を使って工夫して描かれています。
貝殻で作られた宝石箱、素敵ですね。

平野キャスター)
貝殻の淡い色はきれいな色で表現されていますね。嬉しさを伝えたいという気持ちが
伝わってきます。

etegami_191001_06.jpg
~25年前の大切な手紙、大事にしています。〜

美佐子先生)
添えられたピンクのバラは娘さんのイメージでしょうか。
優しくて気持ちを和ませてくれます。娘が嫁いだ日が手紙の中に残っていて心にしみてきます。
手紙は何度でも読み返せて良いものですね。

平野キャスター)
ジーンときますね。
娘さんの気持ちを今回絵手紙に描いたということで、また思い出が新たになりましたね。

美佐子先生)
記念の日がまた絵手紙でよみがえりました。

etegami_191001_07.jpg
~これは55年くらい前に撮ったおかあさんとの写真をモチーフに 描かれたそうです。
黄色い服の方が小さい頃の川野さん。優しく、いつも笑顔のお母さんだったそうですよ〜

美佐子先生)
色鉛筆で髪の毛を1本1本描いていて、おかっぱ頭が懐かしいです。
丁寧に描いているので写真を大事にしているのが伝わってきます。
お母さんへの気持ちが言葉になっていますね。

屋野キャスター)
川野さんはこの写真をとても大事にしていて、いつも飾っているそうです。

 

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんが 「心に残った」という

印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。今回はこんな1枚でした。

etegami_191001_10.jpg

美佐子先生)
「大事にしている言葉」の絵手紙です。

etegami_191001_08.jpg
~お母さんがよく作ってくれた「かき氷」の絵を添えました〜

平野キャスター)
こちらの絵手紙ですが、絵のボリュームが少し小さいように感じますが…。

美佐子先生)
そうですね。お母さんの言葉が主役の絵手紙なので、こういう描き方もあっても良いかなと思います。
小さく描かれた「かき氷」の絵からお母さんとの思い出が想像できますね。素敵だと思います。

平野キャスター)
国沢さん、お母さんが亡くなられて今年で50年なんだそうです。

美佐子先生)
やはり、歳を重ねてくると、気持ちがわかってくることがありますよね。
国沢さんのお母さんの言葉、心に残りました。

 

絵手紙テーマ「大事にしているもの」 

美佐子先生の「心に残る1枚」は 亡くなられたお母さんの大切な言葉を描いた

高知県の 国沢一子さん の絵手紙でした。

 

 

さて、現在の募集中のテーマは「わたしの秋」です。

この秋に「やりたいこと」「食べたいもの」「秋を感じるもの」など ぜひ自由な発想で 「ご自身の秋」を絵手紙にして送って頂けたらと思います。

10月21日(月)消印有効です。

ぜひエピソードをそえて、番組まで送ってください。

おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし絵手紙は未発表のものに限ります。

放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、お電話番号も

ぜひお書き添えください。

次回もみなさんの温かな絵手紙お待ちしています。

 

詳しい募集内容はこちらです。

 

投稿時間:2019年10月01日 (火) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲