四国 おひるのクローバーブログ

11月15日(金)放送 西日本の旅~和歌山 生石高原~


■西日本の旅「ススキの里を訪ねて~和歌山 生石高原~」

◆NPO法人 生石(おいし)山の大草原保存会について
 「山の家おいし」(丸谷さん)
 【TEL】073-489-3586

◆法音寺(ほうおんじ)本堂内部の拝観について
 「有田川町教育委員会社会教育課」
 【TEL】0737-52-2111

◆生石高原周辺の観光情報について
 「紀美野町観光協会」 【TEL】073-488-2611
 「有田川町観光協会」 【TEL】0737-52-2111

◆生石高原へのアクセス
 JRきのくに線「藤並」または阪和自動車道
 「有田IC」「有田南IC」から国道480号経由、車で約50分

◆法音寺へのアクセス
 JRきのくに線「藤並」または阪和自動車道
 「有田IC」「有田南IC」から国道480号経由、車で約30分

*「火上げ岩」は崖のように見えますが、少し下はススキの原が広がっています。
 ただ、足を踏み外すと危険ですので、十分気をつける必要があります。
 撮影は、地元のガイドや、詳しい写真家に聞いて注意を払って行いました。

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月15日 (金) 11:40 | 固定リンク


11月14日(木)放送 お手軽エクササイズ


■お手軽エクササイズ「貯筋運動で冷え性対策」

【出演】
濱田 泰行 さん
健康運動指導士

○今回紹介した体操について
筋肉を使って貯める貯筋運動で筋肉を増やして冷え性の予防を目指す

○出演した濱田さんの教室について…
 エリアフィットネス
  高知県南国市前浜300
  TEL : 090-8285-5420

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月14日 (木) 12:00 | 固定リンク


11月13日(水)放送 教えて!ひるクロ先生


■教えて!ひるクロ先生「あったかカフェオレ アレンジ術」

■カフェオレ+ピーナッツクリーム

hirukuro_191113-1.jpg

<材料>
・カフェオレ 200cc
・ピーナッツクリーム 40g
・ピーナッツクリーム(ソース用) 適量
・生クリーム 25g
・ガムシロップ 15cc

<作り方>
(1)ピーナッツクリーム(40g)、カフェオレ、ガムシロップをグラスに入れ、混ぜてよく溶かす。
(2)泡立てた生クリームを上に乗せる。
(3)ピーナッツクリームをかけて完成。

■カフェオレ+抹茶
hirukuro_191113-2.jpg

<材料>
・カフェオレ 200cc
・抹茶 2g
・ガムシロップ 25cc
・生クリーム 25g
・あんこ 適量

<作り方>
(1)抹茶とガムシロップをグラスに入れ、混ぜてよく溶かす。
(2)(1)にカフェオレを加えて混ぜる。
(3)泡立てた生クリームとあんこをトッピングして完成。

■エッグノッグ風カフェオレ
hirukuro_191113-3.jpg

<材料>
・カフェオレ 200cc
・卵黄 2個
・グラニュー糖(砂糖でも可) 20g
(お好みで)
・バニラエッセンス
・ラム酒
・ナツメグ

<作り方>
(1)鍋にカフェオレ、グラニュー糖、卵黄、
   お好みでバニラエッセンスとラム酒を入れて、鍋肌がフツフツするまで熱する。
(2)カップにうつし、ナツメグをふりかければ完成。

 

【出演】
児嶋厚樹 さん
カフェ店オーナー(愛媛)

○ゲストについて
 店名:カフェクレマ
 電話番号:089-934-5133
 住所:愛媛県松山市湊町4-3-7すがやビル2F
 定休:水曜

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月13日 (水) 11:54 | 固定リンク


11月12日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。
日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんと みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。
今回の絵手紙テーマは「わたしの秋」。
紅葉のシーズンの到来ですね。みなさんはどんな秋を過ごされているのでしょうか。
今回は秋に関するさまざまなモチーフの絵手紙が届きました。
いつもありがとうございます。

etegami_191112_10.jpg

それではみなさんの絵手紙を見ていきましょう。

etegami_191112_01.jpg
~秋は「新米」が1番!塩むすびのおにぎりが至福の時です~

美佐子先生)
のりをまいた素朴なおにぎり。新米の塩むすびは最高ですね。
1粒1粒を丁寧に描いていて、のりの光った感じもぬり残しで表現しています。
気持ちの強さが文字や言葉から伝わりますね。
近江キャスター)
私も「腹が減っては絵手紙読めぬ」です(笑)今朝、塩むすび食べてきました!

etegami_191112_02.jpg
~息子に着せた「はっぴ」。今年は孫に着せました。お祭り大好き!~

美佐子先生)
はっぴとハチマキを丁寧に描いています。「小若」という文字も見えますね。
息子さんのハッピを大切にとっておいて、孫にも着せる…。感慨深いですね。
息子さんの小さかった頃と重なるでしょうね。
近江キャスター)
お孫さん、1歳8か月ということで、うれしそうに着ていたということです。

etegami_191112_03.jpg
~好きな季節は秋。庭に大きなザクロがあります~

美佐子先生)
はじけている「ザクロ」。インパクトがありますね。
皮の部分はピンクやオレンジの薄い色をおいてから、
濃い色を重ねていて深みのある色が出ています。
平野キャスター)
はじけたザクロが「秋だ~」と歓喜の声をあげているようにも見えますね。

etegami_191112_05.jpg
~大好きなイチジク。ついつい食べ過ぎてしまい、カロリーが気になります~

美佐子先生)
形のかわいさや鮮やかな色合いをよく表現しています。
「カロリー大」という言葉にドキッとしました。
わたしも大好きなので、たくさん食べてしまいます。
最近少し太ってしまいまして…そのせいですかね?
平野キャスター)
いやいや。絵手紙は心に感じた色をつけると美佐子先生、よくおっしゃいますけど、
やはりイチジクが好きな方なんだな~っと感じるそんな美しい絵手紙ですね。

etegami_191112_04.jpg
~大きなアケビを描きました、秋っていいですね〜

美佐子先生)
大きくはじけている実とまだツルがついている小さな実を
ふたつ並べて描いています。
実はわたしの家の庭にアケビの木があるのですが、葉が茂って実が見えにくいので
実を見つけた時、とてもうれしいです。
とてもおいしいので、「山の贈り物」という気持ち、よくわかります。
でも、文字は左から右へ書いた方が読みやすいですね。
平野キャスター)
アケビ、懐かしいです。夏にツルを見つけると喜んでいました。

美佐子先生の家の庭に 朝咲いていたという「アケビ」の花。
スタジオに持ってきてくださいました。

etegami_191112_13.jpg

etegami_191112_12.jpg

美佐子先生)
本当は桜の頃に咲くんですが、今朝、咲いていたので持ってきました。
花もかわいくて絵手紙のモチーフにしたりもします。
今日のために咲いてくれたのでしょうかね。
近江キャスター)
初めて見ました。かわいいですね。
平野キャスター)
そして、この時期、やはり果実の実は描きたくなるモチーフですか?
美佐子先生)
そうですね。だんだん大きくなってきて、秋に美しく色づきますよね。
そして、あんなふうにはじけたりもするのでこれはもう描きたいですよね。

etegami_191112_06.jpg
~旅好きの友人が送ってくれた写真。わたしの秋の始まりです〜

美佐子先生)
写真といっても撮影して、メールですぐに届けてくれたそうですよ。
瞬時に届くってすごいですね。
それから、それを丁寧に絵手紙にしている中村さん、ご友人との関係がすてきですね。
ロープウェイが遠くへ行っていて、広大さが伝わります。
中村さんの喜びも絵手紙から届いてきますね。
近江キャスター)
そうですね。
これは9月の話だということで、中村さん、この1枚で
いち早く秋を知ったとおっしゃっていました。

etegami_191112_07.jpg
~退職して2年。秋がくると職場にあったイチョウの木を思い出します。
 絵手紙にして元同僚に送りたいと思います〜

美佐子先生)
いい職場だったのですね。ギンナンの光った様子を少しぬり残して表現しています。
「風がもう秋だと教えてくれます」という言葉から、気持ちのゆとりも感じます。
近江キャスター)
絵手紙でつながっている元同僚の方と松田さん、すてきですね。

etegami_191112_08.jpg
~子供のころ、運動会のお弁当の時、みんな「早生(わせ)みかん」をたくさん食べていました。
 秋といえば、運動会とこれです~

美佐子先生)
黄色くなり始めていますね。ヘタや皮の色の変化をよく見て描いています。
運動会といえば「早生(わせ)みかん」!わたしも共感できます。
少し、酸っぱいですがおいしいんですよ。
文字からも、運動会を楽しみにしていた子供のころの和田さんの気持ちがうかがえます。
平野キャスター)
和田さんは、愛媛のみかんどころ・吉田町の出身だということで、小さいころから
周りにおいしいみかんがたくさんあったのでしょうね。

 

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんの とても「心に残った」という
印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。今回はこんな1枚でした。

絵手紙テーマ「わたしの秋
今回の美佐子先生の心に残る1枚

etegami_191112_11.jpg

美佐子先生)
とてもおいしそうな絵手紙ですよ。

etegami_191112_09.jpg
~小学生の孫の運動会。お弁当のおかず作りはわたしの係。
 8人分をつくるので大変ですが、つくると喜んでくれるのでとてもうれしいです〜

美佐子先生)
ブロッコリーや卵焼きの質感が輪郭線から伝わります。
彩りもきれいで丁寧に詰められたおかず。
8人分ということで8個ずつ並んでいますが、ウインナーが6個なのが気になります(笑)
「おばあちゃんのお弁当」は運動会でがんばった何よりのご褒美ごほうびですね。
平野キャスター)
久米さん、お孫さんが3人いて、1番下のお孫さん、まだ4歳なんだそうです。
なので、まだまだ作らないと!と張り切ってらっしゃいました。

 

絵手紙テーマ「わたしの秋」 
美佐子先生の「心に残る1枚」は 徳島県の 久米令子さん の絵手紙でした。

 

さて、現在の募集中のテーマは「ことしお世話になった方へ」です。
2019年、あなたがお世話になった方に絵手紙を送りませんか?
その方を思いだし、好きなもの、喜んでいただけるもの、
思い出の品などをモチーフにするといいですよ。
ぜひエピソードをそえて、番組まで送ってください。
おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし絵手紙は未発表のものに限ります。

放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、
お電話番号もぜひお書き添えください。
次回もみなさんの温かな絵手紙お待ちしています。

詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2019年11月12日 (火) 12:00 | 固定リンク


ポルペッティー二(肉だんご)のクリーム煮


■ポルペッティー二(肉だんご)のクリーム煮
recipe_191111_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_191111_02.jpg

<作り方>
(1)たまねぎは、みじん切りにする。
   フライパンにオリーブ油(大さじ1)を入れて熱し
   たまねぎを強火で2~3分炒め、粗熱を取る。

(2)パン粉を牛乳に浸しておく。

(3)ロマネスコは、ブロッコリやカリフラワーのように
   葉を取り、茎から小房に切り離す。
   鍋に湯を沸かし、湯の量の1%の塩、
   (1Lに対し10g)ロマネスコを入れて
   1分程ゆでる。
   ゆで上がったら取り出し、粗熱を取る。
   ※ロマネスコはイタリア原産の秋野菜。
    ブロッコリやカリフラワーのような
    コリコリ食感と甘みが特徴。

(4)四方竹(しほうちく)の水煮は、食べやすい長さに切る。
   (※四方竹は高知の伝統野菜、秋のタケノコ。)

(5)ボウルに合いびき肉、(1)のたまねぎ、塩(小さじ1弱)、
   ナツメグ、(2)の牛乳に浸したパン粉、コーンスターチ、
   パルメザンチーズを入れてよく混ぜる。
   ※白っぽくなり、よく粘りが出て、ボウルの側面に
    白い脂が付いてくるまで混ぜるのが目安。

(6)(5)に水を少しずつ入れて混ぜる。
   しっとり滑らかになったらタネが完成。

【うまワザ】水を加えて ふっくらジューシー
      ※塩を入れてよく練り混ぜる事で、
       水分を吸収しやすくなり、ふんわりジューシーに。

(7)鍋に水、塩(小1/2)、ローリエ(1枚)を入れ沸かす。
   (6)の肉だんごのタネをスプーンですくい、
   別のスプーンの凹んだ方で押さえ形を作り
   鍋に入れて強火で1~2分ゆでる。
   浮いてきたら、水けをよくきって取り出す。

(8)フライパンにバターを入れて加熱、
   溶けてきたら強力粉、塩、こしょう、
   ナツメグを入れ、なじませながら炒める。

(9)粉っぽさがなくなったら、 温めた牛乳(80℃位)を
   少しずつ(大さじ2位ずつ)加え、強力粉を潰しながら
   混ぜ、水っぽさがなくなったら、さらに牛乳を加え
   中火で混ぜる。
   これを5~6回くり返す。

【うまワザ】あったか牛乳で ダマしらず
      ※温かい牛乳を少しずつ加えると
       ダマになりにくく、失敗しにくい。

(10)(7)の肉だんごをゆで汁 (約100ml)を少しずつ入れて、
    ホワイトソースをのばしながら混ぜ、滑らかに仕上げる。

【楽ワザ】肉だんごのゆで汁で ワンランクUP
     ※肉の旨みが溶け込んでいるのでブイヨンいらず
      出汁がきいたソースに仕上がる。

(11)(3)のロマネスコ、(4)の四方竹を(10)に入れて
     ソースをからませ、中火強でひと煮立ちさせる。

(12)沸いてきたら、パルメザンチーズ(小さじ1)、塩、
    粗びき黒こしょうで味を調える。

(13)(7)の肉だんごを加え、ソースにからませて完成。
    器に盛り付け、お好みでピンクペッパーやローズマリー
    を添える。

 

【料理人】
青野摩周さん
イタリア料理(高知県)

○番組に出演した料理人・青野さんのお店は…
 ●バール・バッフォーネ
  <住所>〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-2-10 モリタビル1F
  <電話>088-822-3884
  <営業時間>18:00~24:00

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月11日 (月) 12:00 | 固定リンク


11月8日(金)放送 西日本の旅~岡山県新見市~


■西日本の旅「石灰岩台地は町の誇り ~岡山県新見市~」

◆アクセス
 電車)JR岡山駅からJR新見駅まで
    およそ 1時間30分
  車)中国自動車道利用で、岡山I.C.から新見I.C.まで
    およそ 1時間30分
    また、大阪吹田JCTから新見I.C.まで およそ2時間50分

◆採掘現場について
 坑内見学は通常行われていません。
 今回は特別に許可を得て撮影しました。

◆クッキーについて
 さつき屋本店および支店の実店舗
 2か所でのみで購入可能。
 現時点ではネット販売されていません。

◆ワイナリーへの行き方について
 新見I.C.から国道180号線沿いに南下して正田(しょうでん)交差点へ、
 その後トンネルを通り抜け国道33号線を直進した後、
 「吉清(よしきよ)」と書かれた看板を左折、
 二車線道路を直進するとワイナリーに到着します。

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月08日 (金) 12:00 | 固定リンク


11月7日(木)放送 お手軽エクササイズ


■お手軽エクササイズ「座ってできる転倒予防」

【出演】
片山 昭彦さん
四国学院大学 教授

○今回紹介した体操について
 座ったままで簡単にできる転倒予防の体操をご紹介。

○出演した片山さんの教室について…
 四国学院大学 総務課
  香川県善通寺市文京町3丁目2-1
  TEL:0877-62-3969

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月07日 (木) 12:00 | 固定リンク


11月6日(水)放送 教えて!ひるクロ先生


■教えて!ひるクロ先生「北欧の知恵「ヒュッゲ」でリラックスタイム」

【出演】
宮本里美さん
ガーデンデザイナー(香川)

○ゲストについて
 宮本さんのお店 
 「GARDENS」
  〒761-8075 香川県高松市多肥下町1539-7
  TEL:087-815-3883
  FAX:087-815-3884

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月06日 (水) 12:00 | 固定リンク


11月5日(火)放送 夏井いつきのムービー俳句


11月5日(火)放送 夏井いつきのムービー俳句!

(※動画は本日より2か月間の公開です)

投稿時間:2019年11月05日 (火) 12:00 | 固定リンク


11月1日(金)放送 西日本の旅~大分 竹田市~


■西日本の旅「城下町に魅せられて ~大分 竹田市~」

◆岡城跡について
 竹田市教育委員会 文化財課 TEL:0974-63-4818

◆創業当時からのお菓子(三笠野)について
 但馬屋老鋪(本店)
 住所:大分県竹田市竹田町40 / TEL:0974-63-1811

◆竹田の食材たっぷり日替わり定食について
 さふらんごはん
 住所:大分県竹田市竹田2105 / TEL:0974-62-2326

◆築80年超の古民家をリフォームしたゲストハウスについて
 たけた駅前ホステルCue
 住所:大分軒竹田市竹田町560-1 / TEL:0974-63-0179

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月01日 (金) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲