ひめポン!ブログ

夢は獣医師!


今月7日(木)放送予定の「キャンパスめぐり」は、

今治市の岡山理科大学獣医学部をご紹介します。

去年できたばかりの新キャンパスで、学生たちは日々どんな勉強を行っているのか、

潜入してきました!

そして、勉強はもちろん、部活動にも熱心に励む女子学生との出会いも!

キャンパスを盛り上げたいと自ら立ち上げた部活とは?

パワフルな学生たちの姿を、ぜひご覧ください。

himepon_191106-1.jpg

himepon_191106-2.jpg

himepon_191106-3.jpg

 

投稿時間:2019年11月07日 (木) 10:15 | 固定リンク


シュークリームをぐるめぐります!


リポーターの丹です。

10月24日(木)放送予定の「えひめぐるめぐり」は、

東予・中予・南予の自慢の食材を使ったシュークリームの特集です。

鬼北町の特産品でシュークリームを考えた、

北宇和高校生産食品科2年生のみなさんと記念撮影♪

撮影後のほっとした表情です(笑)

himepon_191023.jpg

肝心のシュークリームの写真は…撮り忘れてしまいました。

放送をぜひご覧ください。

 

投稿時間:2019年10月23日 (水) 18:55 | 固定リンク


地域の歴史を染める


菅美可子です。

先週放送した新時代★老舗めぐり、

創業197年の八幡浜の染物店を訪ねました♪

 

店を営む5代目若松智さんと、妻の留美さんです。

himepon_191023-1.jpg

himepon_191023-2.jpg

店で作っているのは秋祭りののぼりや、神社の紋幕、はんてんや、タペストリーなどさまざま!

創業以来すべて手染めです。

取材中には、“手染めのこだわり”についてたくさん時間を割いて、熱い思いを語ってくださいました。

 

そして、新時代には「布を染める以外の挑戦」に力を入れているとのこと!!

放送はこちらからもご覧いただけます。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/himepon/movie/

※動画は放送日から2ヶ月間の掲載です※

himepon_191023-3.jpg

布を染めるときは真剣な表情でしたが、普段は智さんも留美さんも、とても穏やかで優しい方でした。

お二人の表情からも、そのお人柄が感じられますね♪

 

投稿時間:2019年10月23日 (水) 12:06 | 固定リンク


スイーツのプロを目指して☆


今週10日(木)放送予定の「キャンパスめぐり」は、

松山市の愛媛調理製菓専門学校をご紹介します。

 

学生たちは、

調理師やパティシエなどを目指して

授業に実習に毎日頑張っていました!

 

そんな中、先月27日に行われたのが

「製菓・製パン科」の2年生による販売実習です。

himepon_191009-1.jpg

モンブランに!

さつまいもパン!

くりきんとん!などなど

秋ならではのメニューを学生が自ら考え

一般のお客さんに販売します。

himepon_191009-2.jpg

himepon_191009-3.jpg

スイーツ作りに励む真剣な姿や

笑顔で生き生きと接客する姿をぜひご覧ください!

himepon_191009-4.jpg

 

 

投稿時間:2019年10月09日 (水) 12:00 | 固定リンク


秋さけと根菜の煮物 みそ仕立て


■秋さけと根菜の煮物 みそ仕立て

<材料(2人分)>

生ざけ(切り身) …  2切れ(約200g)
…  適量
大根 …  200g
にんじん …  50g
ごぼう …  1/2本
生しいたけ …  3枚
長ねぎ …  1/2本
油揚げ …  1枚
水菜 …  小1束
バター …  約5g

<煮汁>

…  3カップ
だし用昆布 …  約5cm角
…  大さじ1
みりん …  小さじ1
うす口しょうゆ …  小さじ1
みそ …  大さじ2~3

 

<作り方>
(1)生ざけは、一口大に切る
   塩をかけて混ぜ、4~5分置く

(2)大根は皮をむき、タテ半分に切る
   繊維を断ち切るように、
   1cm弱の幅のイチョウ切りにする。

(3)にんじんも皮をむき大根より薄めの
   イチョウ切り、ごぼうは土を水洗い、
   斜め薄切りにする。

(4)生しいたけは軸を切って薄切り、
   長ねぎは斜め薄切りにする。
   油揚げは一口大に切り、湯をかけて
   油抜きする。

(5)鍋に水、だし用昆布、酒、みりん、
   うす口しょうゆ、みそを入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。
   大根、ごぼう、にんじんを入れ、
   落としぶたをして、中火で約10分煮る。
   (※みそはご家庭で使っている物でOK
    種類によって味が異なるので味見をしながら
    量は調節しましょう)

(6)別の鍋に湯を沸かし、(1)の生ざけを入れ
   表面の色が変わったら、すぐ冷水に取り出し
   ぬめりなど、こすり洗いする。
   ペーパータオルの上に取り出し、水けを取る。

【うまワザ】「霜降り」で 煮崩れなし
(魚は煮る前に、塩をかけ余分な水分を出した後
 サッと湯通して冷水で洗う技法を「霜降り」という。
 下ごしらえをしておく事で、生臭みやぬめりが取れ、
 煮崩れも防ぐ)

(7)(5)の鍋に、(6)の生ざけを重ならない
   ように入れ、さらに(4)の生しいたけ、
   長ねぎ、油揚げを入れて強火でひと煮立ち
   中火に落とし、1~2分煮る。

【楽ワザ】サッと煮て さけふっくら!
(霜降りをしているので、根菜の出汁や風味も
 入りやすいので、短時間に煮上がり、
 ふっくら仕上がる。)

(8)水菜は食べやすい長さに切り、(7)の鍋に入れ
   軽く混ぜ、加熱を止める。

(9)器に盛り付け、バターをのせて溶かす。

【うまワザ】バターで コクUP
(食べる前に、バターを溶かしてなじませることで
 コクがでる)

※お好みで七味唐辛子や、ゆずこしょう、粗びき黒コショウ
 をかけると違った味が楽しめる。

投稿時間:2019年10月07日 (月) 19:00 | 固定リンク


「いもたき」をぐるめぐりしました!


リポーターの丹友美です。

番組でご紹介した「いもたき」の情報を公開します。

【元祖大洲のいもたき】

 期間:10月中旬まで

 時間:夕方~午後9時

 休み:なし  

    ※雨天は、各料理店の店舗で。

 場所:如法寺河原(にょほうじがわら)

 料金:1人前2500円(税別)

 駐車場:あり

 問い合わせ:0893-24-2664(大洲市観光協会)

 

【新居(にい)のいもだき】

 期間:10月14日(月・祝)まで

 時間:午後6時~9時  (受付時間:午前9時~午後5時)

 休み:なし  

    ※雨天は、テントのテーブル・いす席あり。

 場所:新居浜市民体育館前 国領川(こくりょうがわ)河川敷

 料金:前日までの予約1人前1800円・当日1人前2000円

 駐車場:あり

 問い合わせ:0897-33-3920(新居浜料理飲食業協同組合)

 

【五色浜いもたき】

 期間:10月12日(土)まで

 時間:午後5時~9時

 休み:なし 

    ※雨天は、公園近くの「彩浜館(さいひんかん)(屋内)」で。

 場所:五色姫(ごしきひめ)海浜公園

 料金:前日までの予約1人前1700円 ・当日1人前1900円

   (鱧バージョンは2日前までの予約が必要・+400円)

 駐車場:あり

 問い合わせ:089-982-0360(五色浜いもたき会)

 

ほかにも、県内各所で行われています。

それぞれの地域の自慢の場所で、自慢の食材を使ったいもたきが楽しめます。

みなさんも、ぜひ愛媛の秋の風物詩を楽しんでください。

 

投稿時間:2019年09月26日 (木) 18:30 | 固定リンク


「いもたき」をぐるめぐりします!


リポーターの丹友美です。

9月26日(木)放送予定のえひめぐるめぐりのテーマは、

愛媛の秋の風物詩「いもたき」です!

みなさんのご家庭のいもたきは甘いですか?具は何を入れますか?

愛媛の食や文化に関する研究をしていらっしゃる、

愛媛大学社会共創学部の淡野寧彦(たんの・やすひこ)准教授と、

東予・中予・南予のいもたきをめぐりました。

himepon_gurumeguri190925.jpg

いもたきの歴史や各地の特色をご紹介します。

ぜひご覧ください。

投稿時間:2019年09月25日 (水) 18:55 | 固定リンク


老舗旅館の知恵


菅美可子です。今日の「新時代★老舗めぐり」は、

慶応4年創業、約150年つづく“道後の旅館”をご紹介します!

 

昭和から平成にかけて旅行をする人が海外やテーマパークに流れるなどして

全国的に温泉地から客が減っていく中、歴史を重ねてきた旅館。

 

その“老舗の知恵”とは?

himepon_190919-1.jpg

8代目奥村敏仁社長と従業員の皆様です。

himepon_190919-2.jpg

お楽しみに♪

 

 

投稿時間:2019年09月19日 (木) 11:31 | 固定リンク


えひめのカレーをぐるめぐり♪


リポーターの丹です。

8月29日(木)の「丹友美のえひめぐるめぐり」で県内のカレーを紹介しました。

県内のカレーを愛する3つの団体の自慢のカレーです。

 

【1】松山カレー部
himepon_gurumeguri_190829-1.jpg

松山市在住のカレー好きが集まったカレー専門のグルメ集団。

部員数は130人以上。

メンバーが日々食べたカレーをSNSで発信しています。
himepon_gurumeguri_190829-2.jpg

おすすめのカレーが、こちら。

松山市内のビアホールレストランのカレーです。

具材は牛肉とたまねぎだけ。1回の仕込みに使うたまねぎの量は20キロ以上。

水は使わず、たまねぎの水分だけで丸一日煮込んで作るんです。

スパイスの絡みとたまねぎの甘みが追いかけっこ!

店主のこだわりを感じる逸品でした。

 

【2】にいはまスパイスガールズ

およそ3年前に結成。メンバーは20人以上。

スパイシーな料理を愛する、刺激に飢えた女性たちのグループです。

himepon_gurumeguri_190829-3.jpg

おすすめは、愛媛ではちょっと珍しい南インドのカレー。

himepon_gurumeguri_190829-4.jpg

主に南インドで食べられる定食「ミールス」。

そのまま食べてもよし、ご飯といろいろ混ぜてもよし。

使っているスパイスは20種類以上。

混ぜれば混ぜるほど、複雑に絡み合って、味の変化が楽しめます。

大皿の中で起こるミラクルを体験できました。

 

【3】がんばってます!南予チーム

南予地域の若手県職員有志が集まって地域を盛り上げるために活動してる「がんばってます!南予チーム」。

地元のグルメ・観光情報を発信しています。
himepon_gurumeguri_190829-5.jpg

おすすめは、こちら!
himepon_gurumeguri_190829-6.jpg

八幡浜沖の離島、大島特産のサザエを使った「島カレー」。

島でとれたサザエに、特産の青のりもかかっています。

カレーも地元でとれた野菜などを使って島の人たちが手作り。

まるごと大島を味わえるカレーです。

このカレーは、土曜日曜は限定10~20食。平日は前日までの予約が必要です。

 

どのカレーもそうとうおいしかったわい!!

みなさんも県内のカレーをぜひ味わってみてください♪

 

 

投稿時間:2019年08月29日 (木) 18:58 | 固定リンク


いま、えひめのカレーが熱い!!


リポーターの丹です。

8月29日(木)放送予定の「丹友美のえひめぐるめぐり」は、

県内のカレーを特集します。

案内してくれるのは、東予・中予・南予それぞれのカレーを愛する3つ団体。

地域自慢のカレーを教えてもらい、味わいます。

「いま えひめのカレーが熱い!!」ぜひご覧ください。

himepon_190828.jpg

 

投稿時間:2019年08月28日 (水) 18:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲