えひめ ぐるめぐり

2018年09月11日 (火)

三津浜焼き、そうとうおいしかったわい!


リポーターの丹です。

9月6日(木)の「丹友美のえひめぐるめぐり」では、

松山市三津浜地区のご当地グルメ「三津浜焼き」をご紹介しました。

まず、伺ったのは、創業50年の老舗の有名店。

2代目店主の児玉輝雄(こだま・てるお)さんです。

himepon_gurumguri180911_1.jpg

himepon_gurumguri180911_2.jpg

三津浜焼きの特徴は…
(1)あらかじめ麺にソースでしっかり味をつける。(焼きそば状態にする)
(2)ちくわや小魚の削り粉を入れる。(食感と風味がアップ)
(3)折りたたむ店が多い。(狭い鉄板を有効活用)

himepon_gurumguri180911_3.jpg

昔から変わらない味を求めて、連日大行列。

週に3回は来るという常連さんもいらっしゃいました。

ことしは猛暑で45度を超える厨房で1日100枚以上の三津浜焼きを焼き続けた児玉さん。

地域に長く愛されている味に感動!1個目をペロリといただきました。

 

三津浜焼きのルーツは、水でといた小麦粉を焼いた「一銭洋食」。

大正時代に瀬戸内海航路を通じて伝わりました。

船の材料の鉄板が入手しやすく、鉄板焼きにつながったともいわれています。

今では三津浜焼きを提供するお店は、松山市内に34店舗。

レトロな街並みを歩いていると、路地の奥からいい香り。

一見民家のようなところに「三津浜焼き」ののぼりが!!

お店を探して路地裏散策もおすすめです。

 

次に伺ったのは、三津浜焼きが好きすぎておよそ10年前に開業した

篠原富子(しのはら・とみこ)さんのお店です。

himepon_gurumguri180911_4.jpg

himepon_gurumguri180911_5.jpg

素材にこだわり、国産黒毛和牛を惜しげもなくのせます。

まるでステーキのような味わいです!

himepon_gurumguri180911_6.jpg

取材に伺った日は、富子さんの誕生日。

娘の愛(あい)さんが焼いた三津浜焼きにろうそくを立てて、

常連客の皆さんも一緒に祝いました。

鉄板を囲んでのふれあいがさらに三津浜焼きをおいしくしてくれます。

2個目もペロリといただきました。

 

心もおなかもしっかり満たされました。

三津浜焼き、そうとうおいしかったわい!!

 

 

投稿時間:11:22 | 固定リンク


2018年09月06日 (木)

ぐるめぐり第4弾は「三津浜焼き」


リポーターの丹です。

9月6日(木)の「ひめポン!」で放送予定の

「丹友美のえひめぐるめぐり」は、

松山市三津浜地区のご当地グルメ「三津浜焼き」です。

himepon_180906gurumeguri00.jpg

そのルーツや人情味あふれる鉄板を囲んだふれあいなどをお伝えします。

ぜひご覧ください。

himepon_180906gurumeguri01.jpg

 

投稿時間:11:34 | 固定リンク


2018年08月07日 (火)

ハンパない!愛媛のかき氷


リポーターの丹友美(たん・ともみ)です。

8月3日(金)の「えひめぐるめぐり」は、

暑い夏に食べたくなるひんやりスイーツ「かき氷」を特集しました。

「愛媛こまち」編集長の藤本加奈(ふじもと・かな)さんに案内していただきました。

himepon_gurumeguri180807-1.jpg

まずは、激戦地・今治の2強から。

【1】ことしは4.5トンもシロップを仕込んだという、人気の「いちご」のかき氷。

himepon_gurumeguri180807-2.jpg

子どもがアトピーで、安全安心なかき氷を作りたいという思いで、

35年前からすべてのシロップを手作りしているんだそうです。

当時、果物を使ってシロップを手作りするというのはまだ珍しかったとか。

氷も、その日の温度や湿度によって削るスピードを調整することで、綿あめのようなくちどけです。

今ではシロップの種類は12種類。どれも手作りで人気です。

 

【2】まるでアイスクリームのような、かき氷っぽくないかき氷。

himepon_gurumeguri180807-3.jpg

番組では、元祖のミルク味をご紹介しましたが、写真を撮り忘れてしまいました。

写真はチョコレート、メロン、いちご、ブルーベリーです。

50年以上前に現店主の祖父が、東京でグラスを見つけて、

それに合う冷たいスイーツを作りたいと考案したそうです。

ボウルの中で、砂糖と牛乳、卵などと削りたての氷を一緒にホイップ!

ふわっふわで淡雪のような食感が生まれます。

今では、フルーツのジュレを使ったものなど40種類以上もあります。

最後は、松山!!

【3】温泉施設の、温泉水を使ったエスプーマのかき氷。

himepon_gurumeguri180807-4.jpg

エスプーマとはスペイン語で泡という意味。

美肌の湯として知られる温泉水を使った特製の氷に、

河内晩かんの果汁を専用の機械で泡にしてのせています。

中にも河内晩かんとマスカルポーネチーズが入っていて、味の変化も楽しめます。

himepon_gurumeguri180807-5.jpg

天井から下がったグラスがまるでシャンデリアのよう!!

おしゃれな空間でSNS映えを狙った写真も撮ることができますよ!

(奥にいらっしゃる店員さんも笑顔で応えてくださいました。ありがとうございました。)

 

35度を超える猛暑日が続いていますが、

私は2日間で7杯のかき氷を食べて、体がキンキンに冷えました。

くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください(笑)。

バラエティーに豊かで、レベルが高い愛媛のかき氷。

相当おいしかったわい!!!

 

投稿時間:11:23 | 固定リンク


2018年08月03日 (金)

ぐるめぐり 第3回は「かき氷特集!」


リポーターの丹友美です。

西日本豪雨で被害にあわれたみなさん。

暑い日が続いていますが、体調など崩されていませんか?

「えひめぐるめぐり」は、暑い夏に食べたくなるひんやりスイーツ「かき氷」の特集です!

himepon_20180803-1.jpg

地元情報誌の編集長 藤本加奈さんと県内のお店を巡ってきました。

老舗の味からニューフェイスまで。

今回も相当おいしかったわい!!

私たちが食べたかき氷の数々。

himepon_20180803-2.jpg

放送には出てきていないものも公開!

ほんの一部です(笑)

放送は、8月3日(金)です。

お楽しみに!!

 

投稿時間:12:30 | 固定リンク


2018年05月18日 (金)

「八幡浜ちゃんぽん」、相当おいしかったわい!!


リポーターの丹です。
「丹友美のえひめぐるめぐり」で八幡浜ちゃんぽんを紹介しました。
八幡浜ちゃんぽんとは、鶏がらベースであっさりしたしょうゆ味のスープ。
長崎のちゃんぽんと比べると少し細めの中太麺が特徴です。

まずは、オーソドックスな1杯を求めて、昭和25年創業のお店を訪ねました。
himepon_20180518-1.jpg
思わず、「懐かしい~」と言ってしまう味。
野菜や豚肉の甘みとうまみがあっさりとしたスープに溶け出していて、
最後の1滴まで飲み干せます。

himepon_20180518-2.jpg
およそ3分で完食してしまいました(笑)

続いては、3代目の若手店主が作る新しいちゃんぽんを求めて!
himepon_20180518-3.jpg
「赤ちゃんぽん」です。
赤いのは、タイ産の激辛唐辛子です。
himepon_20180518-4.jpg
3代目の店主が東京のシンガポール料理店で修業をされたそうで、
その知識と技術が生かされた味なのです。
辛さは通常の3でお願いしたのですが、むせました。
決して辛い物が苦手というわけではないのですが、
鼻の粘膜と唇がヒリヒリ。汗が止まりません。
唐辛子をお好みで追加できるそうなんですが…断念。
ご近所には、辛さ15を涼しい顔で食べる強者もいらっしゃるとか。
一番印象に残ったのは、新しい挑戦をすることで、伝統の味に興味を持ってくれる人も増えるんじゃないか。新しい挑戦が、伝統を守ることにつながるという若手店主の言葉でした。
ただ変わったことをしようという思い付きではなく、その裏に隠れた強い思い。
これからのさらなる進化にも期待したいです。
himepon_20180518-5.jpg
イタリア風ちゃんぽんに黒だしちゃんぽん、カレーちゃんぽん、石焼きちゃんぽん。
進化を続ける八幡浜ちゃんぽん!これもまだ一部。
八幡浜にはちゃんぽんを出すお店がおよそ40店舗もあるそうです。
みなさんも自分好みの八幡浜ちゃんぽんを見つけてみてはいかがですか?

詳しくは、八幡浜市商工観光課 0894-22-3111までお問い合わせください。

「八幡浜ちゃんぽん」、相当おいしかったわい!!

投稿時間:11:05 | 固定リンク


2018年05月17日 (木)

ぐるめぐり 第2回は「八幡浜ちゃんぽん」


リポーターの丹です。

今年度からスタートした「丹友美のえひめ ぐるめぐり」。

第2回のテーマは、「八幡浜ちゃんぽん」です。

himepon_tw180517.jpg

5月17日(木)夕方6時10分〜の「ひめポン!」で放送予定です。

ぜひご覧ください!!

 

投稿時間:13:15 | 固定リンク


2018年04月20日 (金)

今治 焼豚玉子飯 レシピ公開!!


リポーターの丹です。新年度スタートした「丹友美のえひめ ぐるめぐり」。

視聴者のみなさんから「今治 焼豚玉子飯」についてお問い合わせをいただきました。

ありがとうございます。

番組でもご紹介した、家庭でできる「今治焼豚玉子飯」の作り方を公開します!

<材料>
※以下分量はお好みで

・ごはん

・市販の焼き豚(煮豚)         

・市販の焼き鳥のタレ
 または市販のうなぎのかば焼きのタレ

・卵  2つ

・サラダ油    適量

・塩こしょう   適量

<作り方>

(1)ごはんの上に好きなだけ焼き豚をのせて、タレをかける。

himepon_20180420-1.jpg

(2)目玉焼きを作り、(1)の上にのせる。

himepon_20180420-2.jpg

※目玉焼きの焼き方がポイント!

フライパンをよく熱し、多めの油で焼く。

水を入れてフタなどはせず、そのまま白身だけ火が通るように焼く。

(3) 最後に、上からタレをかけて完成です!!

himepon_20180420-3.jpg

簡単です!ぜひお試しください。

 

取材に伺ったお店では、注文から完成するまでにかかった時間はたったの51秒!!

普通サイズで500グラムもある今治焼豚玉子飯。

食いしん坊の私は5分ほどで1杯を完食してしまいました。(しかも数杯食べました。)

「そうとう、おいしかったわい!」

 

今度はどんなメニューにめぐりあえるのか、ワクワクしています♪

次回の「丹友美のえひめ ぐるめぐり」。

5月17日(木)のひめポン!で放送する予定です。

お楽しみに!

 

投稿時間:11:56 | 固定リンク


2018年04月05日 (木)

「丹友美のえひめ ぐるめぐり」スタート


リポーターの丹です。

4月から新コーナー「丹友美のえひめ ぐるめぐり」がスタートします!!

記念すべき1回目のテーマは「今治 焼豚玉子飯」!

himepon_20180405-1.jpg

4月5日(木)夕方6時10分〜の「ひめポン!」で放送予定です。

ぜひご覧ください!!

himepon_20180405-2.jpg

案内人は、今治地方観光協会の関清剛(せき・きよたけ)さん。

 

投稿時間:12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲