「ネット動画でポン!」~ ネット動画初心者向けレッスン(5) ~


「ひめポン!」キャスターの中澤 輝です。

 

“動画撮影は奥が深い!!”

「ネット動画でポン!」のコーナーを制作する度に、その思いが強くなっています。

 

今回の放送後にも、視聴者の皆さんから声が寄せられました。

『初めて知ったテクニック。興味を持ちました』など撮影への興味が更に増したことの証や

『もっと詳しく教えて欲しかった』などより上達したいという情熱・・・etc。

皆さんの想いが私の元に届くと、私はもっと頑張るぞと奮い立ちます。

 

さぁ、レッスンも今回で5回目です。皆さんのスキルUPにつながりますように♪

himepon_netlesson5.jpg

「初心者向けレッスン5」。

テーマは、【日常を“非日常”にする】。

 

いつも見ている光景も‘あること’をすると、いつもとはちょっと違う光景に早変わりします。

 

‘あること’とは・・・撮影モードを【スロー】にする。たったコレだけ。簡単ですね。

 

レッスンポイント1 ・・・ 「時間の流れを意識的に変えてみよう」

 

スマートフォンのカメラにはさまざな機能が備わっています

(※ 機種によって異なります)。

 

代表的なモノは、「パノラマ」(横長に撮影)、

「スクエア」(正方形で撮影)、

「タイムラプス」(一定間隔を空けて撮影した静止画をつなぎ合わせて動画のようにする)など。

 

せっかく機能があるのに、使わないのはもったいない!

 

【スロー】も最初から備わっている機能うちの1つです。

・・・ということで、皆さん、勇気を出して【スロー】を選んでみて下さい(笑)。

 

撮影対象としておすすめなのは、動きのある被写体です。

草原で風に揺れる花、舞い落ちる木々の葉、

公園を走り回る子ども、スポーツに励む選手たち。

蛇口から流れる水、本のページをめくる場面、

雨が降る様子などは印象的なシーンになります。

(ブログでは、これらの魅力が存分に伝わらないのが本当に残念です)

 

まるで映画のワンシーンのような映像になります。

“一流の映画監督”になったかのように錯覚できる撮影テクニックです。

 

 

そして、今回は、視聴者の方から質問が届きました。

 

「最近、料理の作り方などネット動画を見るのですが、室内撮影のライト、三脚などの道具は

どんな物が良いでしょうか?」

 

日当たりの良い窓際などの自然光の中で撮影するのがベターです!!

でも、質問者は「室内の・・・」と書いて下さっているので、

どうしても暗い室内や夜に撮影しなくてはいけないこともありますよね。

 

では、お答えします!!

 

レッスンポイント2 ・・・ 「三角形で撮影し、三脚を使う」

 

料理を真ん中に置いたら、次に考えるのは“三角形”の配置です。

 

主役となる料理の斜め後ろからライトを当てましょう。

そして、撮影する自分の近くには白い板(レフ板)。

 

-図-

himepon_netlesson5-2.jpg

 

↑ このような▽(三角形)の配置で撮ると、今までよりも美味しそうに映せますよ。

 

その際、自分でカメラを構えても良いのですが、“三脚”を使うと安定して撮影出来ます。

(さらに、レフ板を持つのも簡単になります)

 

三脚は、スマートフォン専用のモノだとなお良しです。

 

これらの道具すべて、100円均一ショップで揃えられます。

LEDライトも、白い板も、三脚も。良い時代になりましたね。

 

 

最後に、レッスン5の極意を伝授。

「ゆっくりを楽しみましょう」。

 

今は、色んな場面でスピード感が求められる時代です。

だからこそ、あえてゆっくりしてみませんか?

そこには見落としてしまっていた魅力があります。

映像も、時にはスローで撮影するのが良いことが分かって頂けたと思います。

ネット動画もすぐに上達する必要はありません。

皆さん、ゆっくり上達しましょう。

 

>>レッスン(1)
>>レッスン(2)
>>レッスン(3)
>>レッスン(4)

 

 

投稿時間:2020年03月23日 (月) 11時08分


ページの一番上へ▲