ぶりの照り焼き


■ぶりの照り焼き

<材料(2人分)>

ぶり(切り身) …  2切れ
…  大さじ1
うす口しょうゆ …  小さじ1
小麦粉(またはかたくり粉) …  適量
サラダ油 …  小さじ1
ししとうがらし …  3枚
りんご …  1/2コ

<タレ>

…  大さじ2
みりん …  大さじ2
濃い口しょうゆ …  大さじ2
砂糖 …  大さじ1

<作り方>
(1)酒と、うす口しょうゆを混ぜて、
   ぶりの切り身にかけて、両面につけてなじませる。
   切り身にペーパータオル(またはラップ)を
   ピタッと密着させ、約10分置く。

【楽ワザ】ペーパータオルで 味染みUP!

(2)ししとうがらしは、ヘタを取り
   先端に小さめの切り目を入れる。

(3)ボウルに酒、みりん、濃い口しょうゆ、砂糖を
   入れて混ぜ、タレを作る。

【うまワザ】黄金比ダレで ワンランクUP!
 (酒:みりん:しょうゆ:砂糖=2:2:2:1の割合の
  タレは日本料理の基本。いろんな料理にも使える)

(4)10分後、(1)の切り身の水けを
   ペーパータオルでしっかり取る。
   小麦粉(またはかたくり粉)を
   身には薄め、皮には厚めにつける。
   ※はけを使うと薄めにぬりやすい。

(5)フライパンにサラダ油を入れて熱し、
   皮が付いている面を下にして入れ、
   中火で1~2分焼く。
   ※切り身から出た脂はふき取る。

【うまワザ】中まで焼かず 身ふっくら
 (タレにからめるまでは、中まで火を
  通さず焼きすぎない方がふっくら仕上がる。)

(6)(5)の切り身から、脂がたくさん出て
   こんがり焼き色がついたら裏返す。
   さらに1分ほど焼き、取り出す。

(7)フライパンに残った脂をペーパータオルで
   拭き取り、(3)のタレと(2)のししとうを入れて
   中火で加熱する。

(8)タレから大きめの泡がたくさん出て、
   とろみがついてきたら、(6)のぶりを入れて、
   タレを数回かけて、からめる。

【うまワザ】大きな泡が ベストタイミング
 (よく煮詰めたタレにぶりを入れる事で
  手早く中まで味が染み、ふっくら仕上がる。)

(9)全体にタレがからんだら、火を止める。
   器に盛り付け、仕上げに再びタレをかけて
   出来上がり。
   ※「黄金比ダレ」を使って脂の多い青魚や旬のサワラ、
    サケ、肉類で照り焼きや、しょうがを加えしょうが焼きに
    してもおいしい。

投稿時間:2019年11月25日 (月) 18時54分


ページの一番上へ▲