2016年06月07日 (火)

「伊予のおいしいよ~」第2回大学生リポーター


大学生リポーター山本隆生(りゅうき)です。

「伊予のおいしいよ~」第二回目の放送で柑橘ブリの紹介を担当させていただきました。

 himepon_20160607-1.jpg

やること1つ1つが初めての体験で自分でもできるのかなと最初はとても不安でした。
ですがNHKのカメラマンさん、リポーターさん、編集さん色々な方々に
アドバイスや励ましをいただきながら自分なりに何とかやり抜くことができたのかなと感じています。

放送後の反響もなかなか良く「放送みたよ!緊張していたけど初々しくて良かった!」という声や
「あのお店どこにあるの?」などと柑橘ブリにも興味を持っていただくことができたのかなと思います。

himepon_20160607-2.jpg

 

今回の取材の中で特に苦戦したことはやはり「食レポ」です。
今回お伺いさせていただいた2件のお店ではいずれも初めて食べる料理を提供していただきました。
どの料理も鮮やかで頬が本当に落ちてしまうのではないかというほど美味だったのですが、
なんと自分の表現力の無いことか、、、
寿司職人の木下さんは私の言葉を引き出そうとありとあらゆるヒントを教えてくださっていたのが
とても印象に残っています。

 そして後日、編集された映像を見ると
「あれっ!?巧みな編集でそれっぽい感じに見えるぞ!」と、とにかく編集の技術に驚かされました。
加えて、普段視聴者として見ている1つの番組を作るのに
これほどの沢山の方が動いていることにも驚きました。

himepon_20160607-3.jpg

実はスタジオでの生放送ということもありまして
原稿を何度も何度も読む練習を重ねての本番でした。
しかし決して納得がいくような出来ではないかなと思うところもあります。
スタジオでの生放送とのことで絶対に沈黙はNGですし、
まずは話し続けることだなと思っていたのですがなかなかアドリブというのは難しいものでした。

今回の取材を通して自分の課題が沢山見つかりました。
この経験を今後にどう生かしていくかが非常に重要だと思います。
これから社会に出てプレゼン等をする機会もあると思います。
今回はいわばショートプレゼンのようなものだったと思います。
いかに自分の話に興味を持ってもらえるか共感を得られるか話し方であったり、
表情、アクセントもっと学ぶものは沢山あるなと思いました。

これからTVを見る時は以前の私とは見方が変わってくるのかなと思います。
どんな意図から今この人はこの発言をしたのだろうなど参考に
できるところはどんどん真似ていきたいなと思います。

最後にこの度お世話になりましたNHK松山放送局の皆さん、
木下さん、近藤さん本当にありがとうございました。

山本隆生

top_movie_01.jpg

投稿時間:11時11分


ページの一番上へ▲