ひめポン!ブログ: 2020年2月

地元愛あふれるラーメンをぐるめぐり!


こんにちは!リポーターの丹です。

きょうのひめポン!「丹友美のえひめぐるめぐり」は、愛媛のラーメンの特集です。
地域で長年愛される屋台の味やブランド化を目指すご当地ラーメンなど、東予・中予・南予それぞれの地元愛あふれるラーメンを紹介します。

お楽しみに!!

himepon_gurueguri200220.jpg

 

 

投稿時間:2020年02月20日 (木) 10:24 | 固定リンク


さばと大根のみそ煮


■漁師の妻直伝!さばと大根のみそ煮
<材料(2人分)>

さば(片身)… 1枚
塩… 小さじ1/2
サラダ油 … 大さじ1
大根…150g
長ねぎ…1本
濃い口しょうゆ…大さじ1
しょうが … 1かけ
春菊…適量

【みそダレ】
酒…大さじ3
みりん…大さじ2
みそ…大さじ2
砂糖…大さじ1


<作り方>
(1)さば(半身)全体に、塩をふりかけ
   約10分おく。

(2)大根は皮をむき、1~2cm幅の
   輪切りにして、さらに半分に切る。
   耐熱皿に並べ、水(少々)を全体に
   ふりかけて、ラップをふんわりかぶせ
   電子レンジ(600w)に、7分かける。

(3)長ねぎは、約5㎝の長さに切り
   表面に切り目を2~3本入れる。
   しょうがは皮をむき、せん切りにする。

(4)ボウルに酒、みりん、みそ、砂糖を
   入れて、よく混ぜ合わせる。

(5)(1)のさばをサッと水で洗い
   ペーパータオルで水けを取る。
   片身を半分に切る。

(6)フライパンにサラダ油を入れて加熱し
   (4)のさばは皮を下にして入れ、
   強火で軽く焼き色がつくまで焼く。
   裏返して、表面の身が白くなるまで焼く。
   (※焼いている間、サバから出た脂を
    ペーパータオルでふき取りながら焼く)

【うまワザ】表面焼いて 臭み解消
 (表面だけ焼く事で 余分な脂が落ちて
  生臭みが取れ、煮崩れを防ぐ)

(7)さばから出た脂をよく拭き取り
   (2)の大根、(3)の長ねぎを並べ、
   (4)のみそダレを具材にかけながら入れ
   強火でひと煮立ちさせる。

(8)煮汁が沸いてきたら、2~3回さばにかけて
   弱火に落とし、フタをして約10分煮る。

(9)濃い口しょうゆを回し入れる。
   フライパンをゆすってなじませ、
   火を止める。
   (※さらにフタをして3~5分蒸らすと
    しっかり味が染み込む。)

【うまワザ】隠し味は しょうゆ
 (しょうゆを入れる事で、香ばしい風味になり
   みそにうまみとコクが付く。)

(10)器に(9)を盛り付けて、煮汁をかける。
    (3)のしょうがをのせる。
    お好みで塩ゆでした春菊を添えて、出来上がり。
    (※春菊は塩(少々)を入れた湯に入れ、
     2~3分ゆでて取り出し、粗熱を取る。
     水けをしぼり、食べやすい長さに切る。)

 

投稿時間:2020年02月17日 (月) 18:50 | 固定リンク


みそメーカー飛躍の秘けつは


菅美可子です。

今日の“新時代★老舗めぐり”は松前町のみそメーカーです。

愛媛おなじみの“麦みそ”をつくっている創業67年の老舗。

県内にあるみそメーカーとしてはナンバーワンの売り上げだそうです。

どうしてここまで成長し、長続きしたのか?

秘けつを探りました!

そこには“地道に続けてきた活動”がありましたよ…!

 

お話を伺ったみそメーカーの2代目:田中正志社長です。

himepon_200213.jpg

 

投稿時間:2020年02月13日 (木) 13:07 | 固定リンク


ページの一番上へ▲