ひめポン!ブログ: 2019年8月21日

「ネット動画でポン!」~ ネット動画初心者向けレッスン(3) ~


「ひめポン!」キャスターの中澤 輝です。

 

これまでに2回のレッスンを終えました。

このコーナーを視聴いただいた皆さんから『未経験でもコツがつかめ、早速試してみたくなった』や

『今まで“食わず嫌い”だったが、撮影がこんなに簡単だとは』といった声が届いています。

動画撮影を楽しんでいただけているようで、コーナーを制作するわたしはとてもうれしいです。

 

さぁ、今回も一緒に学んでいきましょう♪

 

「初心者向けレッスン(3)」

テーマは【花や子どもを魅力的に“写す”】。

 

美しく咲く花を目にしたり、楽しく遊び回る子どもと一緒に過ごしたりしていると思わず

カメラで撮影したくなりますよね。

 

被写体をより魅力的に写すテクニックを教えてくれるのは、

県内でもその名が知られるインスタグラマーの“ゆりママん”さん。

himepon_190708.jpg

レッスンポイント1 ・・・ 「主役は“ハッキリ”」

花は動かないので、ピントが合わせやすい主役=被写体です。

その主役にピントを合わせて周りの景色をぼかすと、

主役の存在感がより際立って魅力が増しますよ。

 

主役にピントを合わせるには、とっても簡単。

スマートフォンの画面で、主役が映っている場所を指でタッチするだけです。

 

スマートフォンの多くの機種では、ピントが合うとその場所に四角形が表示されます。

その表示を確認したら、動画の撮影開始です。

 

でも、カメラを動かしたりズームしたりすると、ピントがずれてしまうことがありますよね。

その時は焦らずに、もう一度、画面内の主役をタッチして下さい。

再び、主役にピントが合った状態で撮影が続けられますよ。

 

そして、主役にピントが合うと、その周囲は自然とぼやけます。

画面に1回タッチするだけで、まるでプロのカメラマンになったかのように

撮影できるのがスマートフォンの魅力の一つ。

 

周囲をぼやかすことのメリットは他にもあります。

例えば、見知らぬ他人が映ってしまったとしても、

顔がぼやけているのでプライバシーに配慮できるのです。

 

ただし、その動画をインターネットに投稿するときは、要注意です。

最初から最後まで顔がちゃんとぼやけたままの状態になっているか

念入りに再確認することが大切。

投稿した動画は、半永久的にインターネットの世界に残ると言われています。

その後、自分自身で削除したとしても・・・です。

投稿の前に、今一度、チェックして下さい!

 

レッスンポイント2 ・・・ 「“魔法使い”になろう」

子どもが遊んでいる様子を写すときは、カメラの撮影機能で遊ぶともっと楽しくなります。

SNSのアプリ、Instagram(インスタグラム)には、

逆再生や繰り返し撮影の機能が付いています。

この機能を使ってオモシロ動画を撮ってみましょう。

 

では、Instagramのアプリを開いて下さい。

左上にカメラマークがあります。それを押すと、撮影モードになります。

 

この時、画面内にある白い円を押すと通常モードでの撮影が始まります。

 

その下に、タイプ・ライブ・通常・・・と文字が書かれていますよね。

 

通常の隣にある、BOOMERANG(ブーメラン)を押して下さい。

白い円の中に ∞ のマークが表れます。

このモードで撮影すると、ブーメランの名前の通り、被写体の動きが繰り返されます。

 

滑り台を滑っている子どもを撮影すると・・・

「滑り終えた子どもが滑り台の上に戻ってまた滑り始める」という動画になります。

 

次に、BOOMERANG(ブーメラン)の3つ右にある逆再生動画のボタンを押して下さい。

白い円の中に ◀◀ のマークが表れます。

このモードで撮影すると、時間を巻き戻した動きになります。

 

滑り台を滑っている子どもを撮影すると、

「下から上へ滑り台を滑って登っていく」ような不思議な動画になります。

 

 

皆さんが、今から撮影しようとする被写体をどのように撮りたいかで

撮影機能を使い分けて下さい。

たったこれだけで、動画の中の時間を自由自在に操ることが出来ます。

スマートフォンがあれば、誰でも“魔法使い”になれるのです。

 

この機能を使って撮影するシーンとしては、花火大会がおすすめです。

夜空に咲いた花火が閉じて、また咲いて、再び閉じるというのを何回も繰り返す・・・。

こんな動画を撮影できたら、面白いですよね。

他にも野球やサッカーなどのスポーツを撮影してみるのも楽しいかもしれません。

 

何を被写体に撮影すれば面白くなるか、皆さん、是非探してみて下さい。

 

レッスン(3)の極意
「スマートフォンの撮影機能を使いこなそう」。

スマートフォンのカメラには、撮影することが楽しくなるさまざまな機能が付いています。

それだけではなく、アプリをダウンロードすると、撮影の幅が更に広がります。

たった1台のスマートフォンもいろいろな機能を組み合わせて撮影すれば、

あなた好みの魅力的な撮影ツールに早変わりしますよ。

>>レッスン(1)
>>レッスン(2)

 

投稿時間:2019年08月21日 (水) 17:11 | 固定リンク


ページの一番上へ▲