【おめざ発見伝】幻の豆で作る"田舎おはぎ" ~高知 大豊町~


放送日: 202011日(土)
幻の豆で作る“田舎おはぎ” ~高知 大豊町~

銀不老豆のなべもち

gyutto_omeza201107-2.jpg

<材料>(20個分)
・乾燥させた銀不老豆…90g
・もち米……6合(うるち米を加えてもよい)
・砂糖……50g
・塩………15g
・きな粉…適量

<作り方>
(1)銀不老豆をよく洗う。
(2)270cc(豆の3倍が目安)の水に砂糖50g、塩5gを加え、その中に銀不老豆を一晩浸しておく。
(3)浸け水のまま鍋に移し、強火で沸騰させる。
(4)沸騰したら弱火にして、アクを取り除く。ふっくらとするまでゆでる。
(5)もち米を炊き、よく蒸らす。
(6)(5)に塩10gと(4)を加えて、豆をつぶさないように注意してよく混ぜ合わせる。
(7)お好みの形に握り、きな粉をまぶして、出来上がり。

 

◎紹介した豆「銀不老」について
名称:一般財団法人 大豊町観光開発協会
住所:高知県長岡郡大豊町津家1626
電話番号:0887-79-0108
※古くから高知県大豊町で栽培されているインゲン豆の一種です。
 近年、ロールケーキやアイスクリームなどの加工品も開発されました。
 インターネットでお取り寄せできます。

 



※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。

 

投稿時間:2020年11月07日 (土) 07時55分


ページの一番上へ▲