夏井いつきの俳句道場

兼題:素麺(そうめん) 添削「はじめの一歩!」


2020年7月11日(土)放送
兼題:素麺(そうめん)

・(1)大汗で湯がくそうめん夏の味   青春親父  

[解説]

「汗」・「そうめん」・「夏」と季語が三つ入っています。

この句で表現したかったのは、「大汗」をかきながら

「そうめん」をゆがいていることですから、

この部分の季重なりを頭から否定する必要はないのです。

が、下五「夏の味」はなくてもよい説明。

同じ場面を巧く表現した投句もありました。

 

・(2)大汗をかいて素麺調える    キートスばんじょうし 

[解説]

(1)の句と(2)の句の違いは

 ・(1)「湯がく」と書かなくても伝わる。

 ・(2)下五を「調える」として人物、動きなどを映像化した。

これらの判断はとても正しいといえます。

季重なりになった時、どの季語が必要で、

どれが不要なのか、自分なりの分析してみることが重要です。

 

・(3)平家谷そうめん流しどこまでも    鈍牛

[解説]

「どこまでも」は、どういう意味でしょう。

平家谷への道が遠いということなら、

(4)の句が参考になります。

 

・(4)流し素麺平家谷への道はこれ    ひでやん

[解説]

いやいや「そうめん流し」の樋が長いのですよ

ということならば、そのように書きましょう。

【添削例】平家谷素麺流しの樋長し

 

・汗まみれ  素麺だけが  喉を越え   言成

・暑い頃  あお竹輝き  夏素麺      なると  

[解説]

五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記です。

一行で縦書きするのが正しい表記ですが、

ネット俳壇の横書きは泣く泣く許容しています。


>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作・写真俳句

 

投稿時間:2020年07月13日 (月) 11:40 | 固定リンク


兼題:素麺(そうめん) 秀作・佳作・写真俳句


2020年7月11日(土)放送
兼題:素麺(そうめん)

【秀作】

鯛煮えて大笊へ素麺ざばり              平本魚水

砂蒸しのバイト千円冷素麺              世良日守

そうめんは光まるごとすすります        松本だりあ

流しそうめん流れにのれぬ無骨もの      おぼろ月

素麺の指すり抜けて排水溝           かさご

次々に桶に足される冷素麺              かつたろー。

素麺をすする地球にまっすぐに       かま猫

大汗をかいて素麺調える                キートスばんじょうし

町内会素麺流しの竹を割り           じゃすみん

水放つ冷素麺を解き放つ         そまり

素麺やびっくり水に降参す              ツユマメ

流しそうめん動かぬ雲は亀のごと        ツユマメ末っ子@8歳

こんぴら歌舞伎はねて素麺すすりけり    はむ

八幡社宮司も啜る冷素麺                ひでやん 

さんざめく緑そうめん流しかな          宮武美香

吹きガラス工房弟子の冷素麺            まっことマンデー

素麺や旅の小店の二人づれ              みやこわすれ

素麺や実家の鍋は10リットル          ヤチ代   

素麺が足らぬ四人に十二束              ゆすらご

冷素麺まだ見ぬ嫁の話して              葵新吾

井戸水に浸かり素麺閑かなる            伊予吟会 宵嵐

航路図へ飛ばした素麺の欠片            高橋寅次 

さうめんを冷やす名水たまはれり        紗千子   

目の前の流し素麺取り逃がす            小鞠

昼も夜もさうめん夏の未亡人            小池令香

講習五時間地下街に冷そうめん          小野睦

実直に素麺の赤帯並ぶ                  松井くろ

六人分茹でる素麺昼土曜                松山のとまと

素麺にカレーをかける避難小屋          上原まり

素麺を囲み家族となりにゆく            城内幸江

素麺や大釜茹での男子寮                川越のしょび

流水に擬態して素麺しづか           抹茶金魚

 

【佳作】

自転車で転んだそうめん塩味            ひろ太郎11才

里山に流る素麺音奏で                  松山冬花

キャンパーのそうめん流す沢清し        KAZUピー

目を瞑り素麺の色当ててみる            あみま   

素麺や聖絵の間に通されて              アリマノミコ

素麺のすだれの向こうショパンの調べ    えびすがお

オリーブ咲く醤油素麺小豆島            こぶこ   

冷素麺大口開けて漁の昼                じょいふるとしちゃん

素麺二杯哀しみを忘れけり              スローライフ     

すだちは到来そうめん立ち上がる        たま

流れてく掬う箸からとりこぼす          ツークン☆

そうめんの水は水でもうちぬきや        はるかん

流し素麺終点で待つ三歳児              ハルノ花柊

潮風も分断はし分けの素麺              ペトロア

素麺や箸を絡めて素早げに              まるかじり

流れ来る素麺つかむ箸の群れ            みーゆ

ガラス器の五色そうめん目も楽し        れんげ畑

冷素麺を音の真っ直ぐ父親似            一斤染乃

華やかに散らす薬味や冷素麺            一港

コロナ禍や半田素麺工場閉づ            一生のふさく

干し素麺箸通す母技光る                快飛     

島の光ごと冷素麺をすすりけり          佳山

オリーブの島素麺のうすみどり          花紋     

素麺の止まる手製の流し台              我省

冷素麺小海老の出汁を掛け回す          亀山酔田

三輪素麺讃岐素麺揖保乃糸              亀田勝則

素麺や江戸切子より取り分ける          菊池洋勝

ぞめき鳴り素麺踊る踊る鍋              宮本象三

井戸水の勢い美味し素麺や              玉井瑞月

素麺や光吸い込む天日干し              玉井令子

太麺や素麺喉に流しこみ                玉繭

退院後家族揃いて素麺や                彩加

中ほどが込む島の流し素麺              三泊みなと

讃岐の島の便りや冷や素麺              山内三郎

素麺の当たりのピンク取り合いこ        真琴

小豆島思ひ出素麺胡麻醤油              水蜜桃

さうめんや旅のお人も列に呼び          裾野くみこ

素麺でマイナス言葉流し込む            打楽器   

たぎる湯気避けて素麺さばき入れ        大槻税悦

畦道にお茶そうでの田植え昼ソーメン    茶畑しきぶ

伸びた素麺父の眉間の皺                島村福太郎

素麺の帯付け箱に畏まる                東京堕天使

流しそうめん赤一本を追いかけて        桃子ママ

母となり十三週の冷索麺                藤色葉菜

そうめんや大いなるめんつゆの海        藤田ゆきまち     

青空に干すや素麺家業継ぐ              南側

敷き藁のごと素麺の散る厨              南方日午

妹にあげる色付きおそうめん            播磨陽子

笊の中ざぶざぶ冷す素麺かな            八重子

冷素麺指に絡ませ乳離れす              比々き   

海風の吹き抜ける家冷素麺              富山の露玉

息つかず素麺すする野球部員            風ヒカル

素麺の取り損ねとる父の箸           堀アンナ

流れ来る素麺にまず三歳児           妹のりこ

素麺の箸の高さに顎上げて           椋本望生

素麺を干す縦縞の冬の空         木染湧水

酒で始まり素麺で締めやおきゃく        野中泰風

素麺も切り子も水も輝けり              藍月

そうめんをスルッとたべる気持ちいい    流歌七歳

素麺のガラスの器色ふたつ              良馬

海帰り素麺もうニ把茹でやうか          蓮花麻耶

卓袱台へ冷そうめんの硝子鉢            棗椰子

雨樋で流しそうめんいと楽し            翡翠

素麺のすだれの先に若緑         宮井直樹

島バスは醤の里へ冷素麺                土佐藩俳句百姓豊哲

素麺のごとき吾の歌のびのびと          子安一也

 

▼写真俳句

gyutto_haiku20200711-1.jpg

素麺に新たな薬味妻と昼             高尾里甫

(自宅で撮影)

 

gyutto_haiku20200711-2.jpg

素麺も乾いて宿酔の昼              めりっさ

(高知県内で撮影)

 
>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

投稿時間:2020年07月13日 (月) 11:40 | 固定リンク


兼題:オリーブ


2020年6月13日(土)放送
兼題:オリーブ

 

▼入選

・オリーブの花敷き詰めて丘しづか     あみま

・分校のオリーブ咲いて閉校日        川越のしょび

・オリーブの花咲く島へ調律師        石塚彩楓

 

▼ギュッと!特選

オリーブの花ハーバーの照り返し 宮武美香

 

<解説>

「オリーブの花」は、その一花ではなく

咲き広がる光景を思わせる季語。

(例えば、「薔薇」ならばその一花を思わせますが、

「菜の花」だと広い光景を思わせるように。)

「オリーブの花」の光景から、「ハーバー」=港・船着き場の

光景に切り替わります。

「ハーバーの照り返し」は初夏のまぶしさ、この太陽が

はぐくんでくれる「オリーブの花」なのです。

「照り返し」という言葉は、南の国の海の明るい太陽を

思わせる効果を発揮します。

どこにも小豆島とは書いていませんが、太陽の豊かな恵みを

受ける小豆島のオリーブの丘と港が浮かんできました。

「オリーブ」「ハーバー」の音もさりげなく調和しています。

 

▼夏井いつきの添削「はじめの一歩!」

【添削前】

白壁とオリーブの木とランチメニュー   藤田ゆきまち

 

【添削例】白壁と花オリーブとランチの椅子

 

<解説>

「オリーブの木」だけでは季語にならない。

「花オリーブ」とした方が素敵なランチになりそう。

下五を「ランチメニュー」としても良いのですが、

同じ字余りならば「メニュー」の手元に焦点を

もってくるよりは、「ランチの椅子」としたほうが、

主役たるべき「花オリーブ」が映像として生きてきます。

>その他の添削はこちら
>秀作・佳作はこちら


投稿時間:2020年06月13日 (土) 08:00 | 固定リンク


兼題:オリーブ 添削「はじめの一歩!」


 ・ひとり旅   オリーブの花   影笑う    快飛

燦々と 腕のびやかに  オリーブの花  ヤ~キン

<解説>

五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記です。

テレビの俳句番組で三行書き(あるいは二行書き)に

しているのは、テレビの画面が四角という事情から。

まずは正しい表記を覚えましょう。

 

球体にかつての地球の姿見る     ツチヤタカユキ             

葉の先が黄色は追肥のゴーサイン  幕末アンパンマン

<解説>

この二句は、オリーブを念頭において作られたものだと

想像はつきますが、兼題「オリーブ」とあれば、

「オリーブ」という言葉を入れる必要があります。

次回の兼題は「素麺(そうめん)」です。

ご投句お待ちしてますよ。

 

・青空にオリーブの葉ざわめいて   山きょん             

オリーブで平和を願う私たち     翡翠       

<解説>

この二句には「オリーブ」という言葉は入っていますが、

「オリーブ」のような樹木の場合は、

「オリーブ」だけでは、季語になりません。

「オリーブの花」「花オリーブ」が夏の季語

「オリーブの実」が秋の季語となります。

 

降り掛かるオリーブオイル断れぬ  はらは

オリーブの小瓶をカゴに春ぱすた  まろん             

ビン詰めのオリーブ届き朝サラダ  佳作平     

オリーブ珈琲白磁へ緑さす     河野なお

<解説>                             

河野さんからの補足で、数年前

友人が「オリーブの珈琲っていうのがあるのよ。」と、

マイセンの真っ白なカップに淹れて出してくれました。

深いのに、透明感のある緑色の珈琲で、目でも

楽しめる美味しい珈琲でした。と記載されていました。

オリーブ珈琲というものがあるとは知りませんでした。

情報ありがとう! とはいえ、オリーブオイル、

オリーブの実の瓶詰め、オリーブ珈琲などを

季語とするのは、無理があるでしょうねえ。

 

・夕凪や姉嫁ぐオリーブの島         我省           

オリーブ園踏破して飲むサイダー    キートスばんじょうし           

炎昼やオリーブに来る郵便         まるかじり             

オリーブの木にハンモックハートの葉  すずらん       

<解説>

「オリーブ」だけでは季語にならないことを逆手にとって、

別の季語と取り合わせる方法を考えた人たちもいました。

それぞれ「夕凪」「サイダー」「炎昼」「ハンモック」が季語です。

 

春オリーブ若葉ゆらめく風便り   ツークン☆

<解説>

こちらは、うっかりの季重なり。

「若葉」が季語ですから、「春」を外せばなんとかなります。

【添削例】オリーブの若葉ゆらめく風便り

ただ、こうなると季語「若葉」の句になります。

 

オリーブや異国語とぎれ夕ぐれて  たま

<解説>

このタイプの句は、「オリーブ」を季語だと思って作ったのか、

あるいは無季の句として作ったのか。

そこは作者に聞くしかないのですが、

季語「オリーブの花」を入れて17音にすることは可能です。

【添削例】異国語のとぎれ花オリーブの夕

 

オリーブの島に遠隔診療来       菊池洋勝

<解説>

季語を入れるとすれば・・・

ただ、原句の内容を全て入れるとなると、

多少の字余りを許容するしかありません。

【添削例】遠隔診療来オリーブの花の島

 

島ぢゆうが震へオリーブ落ちにけり     南方日午               

カクテルに沈むオリーブ君を待つ       たかし 

 

<解説>       

この二句は、「オリーブ」としか書いてないのですが、

全体を読めば「オリーブの実」であることが分かります。

ただ、これらも「オリーブの実」と、書けなくもないかな。

どちらも字余りになるのは致し方ないけど。

【添削例】島ぢゆうが震へオリーブの実の落つ

【添削例】オリーブの実を沈ませ君を待つカクテル

 

・反抗期のくるぶしはオリーブに似て     風ヒカル

<解説>

「くるぶし」の比喩ですから、「オリーブの実」なのでしょう。

比喩になると、季語としての力はやや弱くなりますが、

季感は残ります。

【添削例】オリーブの実に似て反抗期のくるぶし

先に「オリーブの実」を映像として出し、

季語の力を確保します。

原句も字余りなので、このぐらいの字余りは

許容されるかな、と。

 

オリーブやごつごつとした木のスプーン 城内幸江

<解説>

「オリーブ」と「木のスプーン」取り合わせがよいです。

「オリーブの実」と季語をしっかり入れて、

音数を調整してみましょう。

【添削例】オリーブの実やごつごつと木のスプン

 

>>放送で紹介された句はこちら
>>秀作・佳作はこちら

投稿時間:2020年06月13日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:オリーブ 秀作・佳作


2020年6月13日(土)放送
兼題:オリーブ

 

【秀作】

海風来オリーブの花ほろほろと                  じょいふるとしちゃん

オリーブは小さき花なり猫の島                   小鞠

オリーブの花の香りへ着岸す                    ひでやん

オリーブの花に大きく手を振つて                 椋本望生

オリーブの花揺れ向かう二等室                   宮本象三

祝婚や花オリーブの噎せかへる                   じゃすみん

オリーブの実よ白日の調書あり                  ぐ

オリーブの花や切り立つ石丁場                   スローライフ

オリーブの花漣を蹴る蹠                         葵新吾

オリーブの花BGMのビートルズ                   紗智

オリーブの花テラスは海へ展く                   樹朋

またひとり対岸に去り花オリーブ                 小池令香

オリーブの花や往診車の粗末                     小野 睦

オリーブ咲く二百年間沈む舟                     伊予吟会 宵嵐

オリーブの花や魔女めくリボンの子               一港

オリーブの花屑を掃く魔女のごと                樫の木

オリーブの花地球を半周する手紙                 妹のりこ

オリーブの咲く坂道を抜けフェリー               高橋寅次

登校の声やオリーブ咲く門に                     松山のとまと

海親しオリーブの花稚し                         富山の露玉

オリーブの花胸に抱き初日開く                   上原まり

オリーブの花論文査読終える朝                  世良日守

オリーブの花や水汲む錫バケツ                   戌亥

磨き上げた銀器オリーブの花揺る                抹茶金魚

オリーブの花よ泡立つスプマンテ                 平本魚水

重力いかほどオリーブの実の未来                 七瀬ゆきこ

オリーブの青い実ガリリ反抗期                   南側

オリーブの実や船底の赤褐色                     佳山

 

【佳作】

オリーブの花屑さらう瀬戸の風                   KAZUピー

オリーブの花や眼下にボスポラス                 アリマノミコ

オリーブの花うわさ好きくすんくすん             おぼろ月

オリーブの花夕暮れに紅をさし                   かつたろー。

オリーブや可愛い花が無限大                     くまのぷーさん

オリーブの花や少女のいちずな目                 のど飴

オリーブ咲く丘に魔女から宅急便                 はむ

小豆島オリーブ咲かせ百余年                     はるかん

オリーブの実は斜面軸足は右                     ペトロア

オリーブの花の光よ島風よ                       みやこわすれ

オリーブの花は白カクテルは赤                   ヤチ代

校庭のオリーブの花咲きにおう                   れんげ畑

オリーブの実の密やかに触れる音                 そまり

オリーブの開花野球応援の朝                     ゆすらご

オリーブの花夫と仲直りした数                   安宅麻由子

一面にオリーブ畑バス走る                       伊丹妙子

オリーブの実や空のお口はどこですか             花紋

オリーブの花挿す島の娘達                       亀山酔田

入選の知らせオリーブの花ひらく                 亀田勝則

オリーブの花のごと君花匂ひ                     玉井瑞月

オリーブや瀬戸内海の宝かな                     玉井令子

オリーブや寄添ふ花の愛らしく                   玉繭

オリーブの黒き実の夜は早くきて                 孝子

オリーブのたわわ子の頬には生毛                 高尾里甫

オリーブの構えるつぼみ君に似て                 三泊みなと

オリーブを愛でし亡夫の碑花こぼる               柴田禮美

オリーブの花のにほひや島に嫁す                 紗千子

対岸のオリーブの歌船出かな                     芳重孝子

オリーブの実瓶のキリリと緑濃し                 堀アンナ

幾万の鈴の音かろしオリーブ花(か)             藍月

オリーブが分教場に招き咲く                     良馬

オリーブ咲く父母が浜(ちちぶがはま)に夕日差す   六手

汐風とオリーブの実の漆黒と                     棗椰子

オリーブの実やダイヤたる瀬戸の島               野中泰風

オリーブの花が消えゆく村に咲く                 石井一草

オリーブ咲く島影は波のゆりかご                 蒼奏

オリーブの花やペペロンチーノの香               打楽器

オリーブの花大石小石聴こえたり                 土佐藩俳句百姓豊哲

ガンツウの喜寿オリーブの花                     島村福太郎

揺すられて揺すられてオリーブの実よ             東京堕天使

食べる塗る多様オリーブ花盛り                   一生のふさく

オリーブの花や法衣に運ばれて                   桃子ママ

ふる里を日記にはさみオリーブの花               湯之町冬花

オリーブの花の謡を抜けて海                     藤色葉菜

オリーブの花島にベールをかけるごと             奈良香里

普請の槌音よ戦ぐオリーブの花よ                 播磨陽子

オリーブのマリネ園児のようにそのままに         迫 久鯨

オリーブの花ある島の厠かな                     比々き

島ぢゆうが震へオリーブ落ちにけり               南方日午

反抗期のくるぶしはオリーブに似て               風ヒカル

オリーブやごつごつとした木のスプーン           城内幸江

白壁とオリーブの木とランチメニュー             藤田ゆきまち

オリーブや異国語とぎれ夕ぐれて                 たま

オリーブの島に遠隔診療来                       菊池洋勝

夕凪や姉嫁ぐオリーブの島                       我省

オリーブ園踏破して飲むサイダー                 キートスばんじょうし

炎昼やオリーブに来る郵便                       まるかじり

オリーブの木にハンモックハートの葉             すずらん

カクテルに沈むオリーブ君を待つ                 たかし

オリーブの古木の幹に芽吹きあり                 花の首飾り

 

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

投稿時間:2020年06月13日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:鰹(かつお)


2020年5月16日(土)放送
兼題:鰹(かつお)

▼入選
・粗塩の舌ざわりよき鰹かな   かつたろー。
・土佐弁は喧嘩(けんか)の如(ごと)し鰹食(は)む   一港
・室戸沖群なす鰹鳥の群 亀田勝則

【ポイント】
・ご当地感
・味覚につながる触感・質感


▼ギュッと!特選
・柳刃の吸ひつくやうに鰹引く 平本魚水

【解説】
柳刃包丁に「吸ひつくやうに」?それは一体なに?
と思った瞬間に「鰹」がでてくるのです。
この句は本当に新鮮な鰹を知っている人の句です。
高知や愛媛南西部で水揚げされる鰹は、まさに
刃に吸い付くようにモチモチしています。
(そして美しいピンク色です。)
その新鮮さを「柳刃の吸ひつくやうに」とは、
よく書いてくださった。
まさに、ご当地ならではのリアリティではないかと。
そんな鰹知らない!という人は、是非、季語の現場に
食べに来て下さい♪と強くオススメしたいね。

 

▼夏井いつきの添削「はじめの一歩!」
【添削前】初鰹一人こっそりつまみ食い 基人

 
【解説】
 俳句は短いので、情報が重複することを嫌います。
 この句の場合は、「一人」と「こっそり」が重なりますね。
 さらに、「つまみ食い」の段階で「一人」であろう、 
 「こっそり」であろうは想像できます。
 となれば、中七全部を使って、新しい情報を入れることも
 できますよ。
 例えば、こんな具合。

【添削例】 初鰹にんにく匂うつまみ食い

>その他の添削はこちら
>写真俳句・秀作・佳作はこちら

 

投稿時間:2020年05月16日 (土) 07:58 | 固定リンク


兼題:鰹(かつお) 添削「はじめの一歩!」


◇俳句の正しい表記とは?
●初鰹 浜店同時 土佐だもん   でえくのぼお
●一本刷り 鰹の乱舞 船舞台   無名
●彼頼む 藁焼かつお 食む笑顔   桜 小雪
●鰹買う 売り場行くたびに 言う夫よ 猫宮瓜
●山彦も あしらひ添えて 初鰹   凡夫
●カビが付き 旨みをつくる かつお節 翡翠

<解説>
 五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記です。
 テレビの俳句番組で三行書き(あるいは二行書き)に
 しているのは、テレビの画面が四角という事情から。
 まずは正しい表記を覚えましょう。

 

●ピンク色した鰹の刺身の食べ方変えなくちゃ ひよとり
<解説>
「四国高知へ遊びに行き、魚料理屋ででた
 かつをの刺身の色にはビックリ。」とのコメント。
 この「ピンク色」は、季語「鰹」の現場でこそ
 味わえるリアリティ。
 が、俳句として読むと少々長いですね。
 それは不要な言葉が入っているから。
 後半「食べ方変えなくちゃ」は作者の感想ですので、
 目の前にある「鰹」をそのまま描写しましょう。

【添削例】 ももいろに透ける鰹の身の美味し

 

●初鰹コロナウイルス飲まないで 掛橋初子
<解説>
「初鰹」と「コロナウイルス」を取り合わせるという
 果敢な挑戦ですが、下五「飲まないで」の
 意味が伝わりにくいのが問題点。
 初鰹を食べて、元気に!というメッセージならば、
 以下のようなやり方もあります。

【添削例】 初鰹食うコロナウイルスに負けぬよう

 

●土佐湾の鰹や満たす高知の胃 野中泰風
<解説>
「高知の胃」と言い放つところに俳諧味があります。
 が、「土佐湾の鰹」と書くと、湾内で獲れたかのような
 ニュアンスがします。
 そしてこの句の場合は、肝となるフレーズから
 展開したほうが得ですよ。

【添削例】 高知の胃満たすや土佐の初鰹

 

>>放送で紹介された句はこちら
>>入選・秀作・佳作はこちら

 

投稿時間:2020年05月16日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:鰹(かつお) 写真俳句・秀作・佳作


【写真俳句 特選】

gyutto_haiku200516.jpg

火柱の中一塊(いっかい)の鰹かな    佳山

 

【秀作】

顎上げて厚切り鰹十二ミリ            おぼろ月

竿しなり空へ嘶く鰹の弧                ぐ  

海境を沈むかつおの青光り            じゃすみん

初鰹薄く反りたる白髪葱              ドイツばば

こだわりの塩を買ひけり初鰹          はるかん

鰹釣る皆肉付きの良き臀部            ひでやん

鰹競る商売がたき恋敵                   まっことマンデー

鰹ぴかぴか群青にうねる海            みやこわすれ

鰹美味くて聞きたい事は聞けず        ゆすらご

鰹船波の被さる男岩                  葵新吾

砲弾のごとき鰹や鱗削ぐ              伊予吟会 宵嵐

画面より飛び出しそうな初鰹          河合郁

大皿を引っ張り出して初鰹            花紋

半球のまつたき青や鰹漁                宮武美香

鰹糶他人任せになぞ出来ぬ            彩楓  

鰹船港に戻り一番湯                       川越のしょび

鎌型の尾のはみ出たる鰹かな          南亭 骨太

鰹切る土電の赤き方向板              南方日午

 

【佳作】

店先に光る鰹や久礼漁港          KAZUピー

愛南の海びやびやの鰹かな            アリマノミコ

二本縞跳ねて空切る鰹かな            キートスばんじょうし

藁焼きの炎まるごと鰹食む            きさら

初鰹地球がいけす一本釣り            くまのプーさん

鰹時汝の褒め言葉一生モン            サイコロピエロ

リムジンのごとき鰹をたいらげる      すりいぴい

漁師町チチコは笊へ初鰹              スローライフ

目力に刃先迷いて鰹切る              そまり

初鰹知る夕暮れやオーロラビジョン    たま

きっぱりと包丁入りし初鰹                  はまゆう

愛南の鰹「びやびや」しておりぬ      はむ

一本釣り鰹空舞う躍ね落ちる               はらは

スーパーでうつむく古里の初鰹           ふるさと小包

燃ゆる藁かつお包みて皮はじく           ペロリ

初鰹を夜の港に捌く音                まるかじり

子等は遠き国二人の初鰹                ヤチ代

深浦港へ大漁船や初鰹                れんげ畑

切り口のニュートン環や初鰹               一生のふさく

跳ね群れの鰹や白波の爆ぜる               我省

一切れを二切れに切る鰹かな               菊池洋勝

宇佐の海祖母は削りし鰹節                  玉井瑞月

こだわりの厚切り鰹祖母仕立               玉繭

カツオピチピチ釣られてまたビチビチ  金子ヒデキ

土佐弁や燃え盛る藁より鰹                  高橋寅次

ご褒美に鰹もう三ミリ厚く                  高尾里甫

新鰹船豊漁祈願の餅飛べり                  三泊みなと

藁かおる炎のぐれん初鰹                時のアオ

藁の火の哮りて見えぬ鰹かな          七瀬ゆきこ

武骨なる皿鉢料理の鰹かな                  紗千子

旧友に土産一本初鰹                       紗智

ばちばちと藁火の中の初鰹                  樹朋

初鰹まとわりつきし風やさし               小鞠

鰹切る銀の光のそりむくり                  小池令香

群青の海や愛南初鰹                       松山のとまと

初鰹朝つぱらから艶然と                松田夜市

初鰹「お馬トンネル」抜けて海           松本 だりあ

砕かれた氷は跳ねる初鰹                城内幸江

初鰹黒潮に乗りぞくぞくと            水晶文旦

民泊の壁を絵葉書鰹喰ふ                世良日守

高知県カツオの旨さ自慢かな               赤子沢

室戸路の鰹囲みし国民宿舎                  走る万葉人

鰹船入る港の輪袈裟かな                走吟

初鰹のハランボに塩沁み沈む               土佐藩俳句百姓豊哲

初鰹つついて笑ふ箸と箸                藤田ゆきまち

青海や引っこ抜いたり初鰹            南側

朝焼けに鳥山探す鰹船                   播磨翁

電磁誘導実験コイル鰹に縞                  播磨陽子

虹を切るごとく鰹の冊を切る               比々き

釣り糸の極限鰹甲板へ                     富山の露玉

初鰹夫は芥子で吾子は塩                   堀アンナ

あかときの波鎮ませて鰹漁                  椋本望生

艶やかな皿鉢に盛らる松魚かな           戌亥

「ありよりのあり」アラ汁は初鰹        棗椰子

鰹焼く煙は海に帰りけり                洒落神戸

群青の海に染まりし鰹の目            藍月

グラインダー荒節の香を纏う祖父        たけちゃん

一斉に竿の撓りし鰹船                   櫻井妙子

伯方の塩ふりて澄みたる鰹かな           中矢おさむね

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2020年05月16日 (土) 07:54 | 固定リンク


兼題:桜


2020年411日(土)放送
兼題:桜

▼ギュッと!特選
満開の桜の芯は冷たかろ 富山の露玉

 

▼今回の写真俳句
gyuttohaiku200411-1.jpg
海賊の帰りはまだか桜咲く  あみま(愛媛県今治市 能島で撮影)

gyuttohaiku200411-2.jpg
桜狩旧街道は馬の幅  
樹朋(愛媛県東温市 桜三里で撮影)

 

▼夏井いつきの添削「はじめの一歩!」
【添削前】瀬戸内の桜にけむる岩城島  喜多輝女

【解説】
一句に「瀬戸内」「岩城島」と固有名詞を二つ入れるのは、なかなかの冒険です。
ここは「桜にけむる岩城島」を生かして、上五は瀬戸内海が凪いでいるのか、
潮が動き出しているのか。それを映像として描くほうが、得策です。

【添削例】 平らかや桜にけむる岩城島
【添削例】 潮動く桜にけむる岩城島

>>その他の添削「はじめの一歩!」はこちら
>>入選・秀作・佳作一覧はこちら

 

投稿時間:2020年04月11日 (土) 08:00 | 固定リンク


兼題:桜 添削「はじめの一歩!」


●三津で釣りアジいわしアジさくら鯛  一丘
[解説]
大漁でよーござんした!と言いたいところだが、兼題「桜」は春の植物の季語。
「さくら鯛」は「さくら」の文字は入ってるが、春の動物の季語。
季語は、時候・天文・地理・人事・動物・植物の六つのジャンルに分類されることを覚えましょう。


●嫁ぎ来た町の桜を涙目で  宇都宮千瑞子
[解説]
「~を~で」という文脈が、散文的です。つまり、普通の文章になっているのです。
 俳句は韻文。調べを作りましょう。
【添削例】 嫁ぎ来し町の桜よ○○○○よ
「来た」を「来し」と文語に替えると、ちょっと格調高くなります。
下五「涙目で」と自分の感情を述べるのではなく、映像を描写してみましょう。
例えば・・・
【添削例】 嫁ぎ来し町の桜よ潮風よ
【添削例】 嫁ぎ来し町の桜よ山彦よ
【添削例】 嫁ぎ来し町の桜よ川音よ
【添削例】 嫁ぎ来し町の桜よビル群よ
下五をどう描くかによって、「嫁ぎ来し町」がどんな場所であるかも表現できます。


●天からの文で雪割桜や白  野中泰風
[解説]
この句の「で」も散文的です。助詞を替えると、作者の意図が伝わりやすくなります。
【添削例】 天からの文か雪割桜の白

 

●渦潮のむ桜花見山より来  ペトロア
[解説]
季重なりの一句。「鳴門大橋から花見山の桜の花びらであろう花弁が舞っていた」というのが作者の意図。
となれば、「のむ」はやや言い過ぎでしょうか。
【添削例】 花見山よりの花弁よ渦潮よ
こうすると、季重なりも成立しますし、調べも整います。


●四万十に清き流れし花筏  翡翠
[解説]
「花筏」は桜の花びらが水に集まって浮かんでいる様子を、筏に喩えた季語です。
上五の「に」がやや散文的。「し」は過去の意味になるので、これは直しましょう。
【添削例】 四万十の流れや清き花筏


●盛りなる桜病む如水銀灯    ドイツばば
[解説]
 感覚はとても鋭くてよいです。ただ、「病む」が「盛りなる桜」なのか、
「水銀灯」なのか、そこが分かりにくいのです。
「桜」を比喩にすると、季語としての力が落ちますので、
 たぶん「病む」は水銀灯にかかるのではないかと推測。
【添削例】 水銀灯病むごと盛りなる桜

 


>>放送で紹介された句はこちら
>>入選・秀作・佳作はこちら

 

投稿時間:2020年04月11日 (土) 07:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲