兼題:雑煮 秀作・佳作


2022年1月8日(土)放送
兼題:雑煮

【秀作】

雑煮食ふ生中継のカバ舎前                イサク

雑煮伸ぶほうと湯気立つ朝の椀                    夏雲ブン太

雑煮ひかる鶏の脂のうつすらと                    夏湖乃

雑煮煮るどうせ食べない子のために                海野碧

三日目の雑煮ゆつくり作る朝              夢実

膨らみの罅(ひび)しおしおと雑煮餅              あいむ李景

お澄ましを凹(へこ)むほど吹く雑煮かな          そまり

三日目も飽きず雑煮の餡(あん)啜(すす)る      あずお玲子

具と餅の違ふ雑煮の並びをり                      あみま

潮まちの鞆の港の雑煮餅                          アリマノミコ

雑煮食ふ肚(はら)に余震を感じをり              アロイジオ

国ことば雑煮の餅も具も丸く                      おきいふ

職安の情報見つつ雑煮かな                    かつたろー。

この朝のしづけさが佳(よ)し雑煮食ふ            かねつき走流

母方の奈良の雑煮の勝ち残り                      キートスばんじょうし

千キロ先の句友とつつく雑煮かな                  ギル

駅伝復路三日目の雑煮食(た)ぶ                  くぅ

切り餅の小さくなりたる雑煮かな                  くま鶉

とろみたる椀や雑煮を食べ終へて                  けーい〇

雑煮祝(ほ)ぐ四ヶ月目の病院食                  げばげば

具雑煮や花びらめきて小さき餅                    このみ杏仁

はららごの珊瑚(さんご)のごとき雑煮かな        じゃすみん

焼きもち派と餡(あん)もち派いて雑煮かな        じゅん

花かつを二つかみ盛る雑煮椀                      じょいふるとしちゃん

山険し豆腐あふるる雑煮かな                      すずさん

削り節湯気にへらへら雑煮椀                      どいつ薔芭

自治会の大鍋三つ雑煮の香                        どこにでもいる田中

祝箸行儀よく待ち雑煮かな                        ねじり花

雑煮熱し松山あげのほの甘し                      ひでやん

旅打ちの雀荘振る舞いの雑煮                      みづちみわ

鳥の声のまぶしき空や雑煮食(た)ぶ              やまさきゆみ

九人となり肘をちぢめて雑煮食ふ                  阿波オードリー

きらきらと啜(すす)るはららご雑煮椀            綾竹あんどれ

雑煮二百売り切れし頃日は昇る                    伊予吟会 宵嵐

大谷に住みたる頃の雑煮餅                        岩宮鯉城

菜一枚ひかる本家の雑煮かな                      音羽凜

口論に勝ちたる妻の雑煮喰(く)ふ                加良太知

着弾は領海のそと雑煮食う                        灰頭徨鴉

ふるさとの山海あつぱれなる雑煮                  宮武美香

嫁ぎても慣れてたまるか餡(あん)雑煮            坐花酔月

家風など持たぬ二人や雑煮食(た)ぶ              彩汀

論客に芋茎雑煮は見つめられ                      三泊みなと

かつぶしの踊る雑煮や母きれい                    山羊座の千賀子

長屋売る算段雑煮餠食らふ                        紗千子

雑煮すふいのちのみづをすふやうに                渋谷晶

雑煮椀世界は朝に造られた                        世良日守

お四国と呼んで故郷の雑煮餅                      西原みどり

箱根路の八人抜きや雑煮食う                      竹内一二

お雑煮や金の屏風の銀の鼠(ねず)                藤 雪陽

抱き合うて雑煮の餅と牛蒡(ごぼう)かな          藤田ゆきまち

出汁の二種雑煮も二種の巴里(パリ)の朝          巴里乃嬬

二階にも香る蛯(えび)出汁雑煮膳                迫久鯨

再婚や雑煮の餅の円きとは                        板柿せっか

海鮮の雑煮に引かれ再婚す                        妹のりこ

雑煮より始まる父の母自慢                        比々き

雑煮吹く夫(つま)の胛骨(かいがらぼね)ぎぎぎ  平本魚水

喉と言ふ危ないところ雜煮食(た)ぶ              椋本望生

酒弱くなりて雑煮の具沢山                        木染湧水

鶏しめた双手に椀の鶏雑煮                        宥光

福餅の赤の鈍さよ雑煮膳                          柚木みゆき

金色の出汁はる紅の雑煮椀                        藍月

雑煮なべ並ぶ二口コンロかな                      棗椰子

突然の告白雑煮嫌ひとや                          伊奈川富真乃

雑煮祝う敬語の解けてきた義父と                  高尾里甫

味噌汁の味に慣れずや雑煮をや                    池之端モルト

先送りてふひと仕事雑煮椀                長谷川水素

雑煮かよ社食のランチのお節介                    浪速の蟹造

霊山の朝日もろとも雑煮食(た)ぶ                満嶋ハト       

 

【佳作】
結願寺の雑煮「ビックリ」あんこ入り              一高のヤン

運を呼ぶ杵くず当たる雑煮餅                      気楽老後

雑煮甘し讃岐三白国柄か                          恭子

リクエスト雑煮とぽつり次男坊                    昔まどんな

病む妻のくちびる温くむ雑煮餅                    折口也

携帯をポッケに仕舞って雑煮かな                  早苗

膝の猫雑煮ものびて余生かな                      奉扇

椀一つ増えて5人で雑煮食(た)ぶ                夢汰ゆき

前垂れに雑煮の染みやおとんぼう                  廣田惣太郎

白味噌に餡(あん)はとろりの雑煮かな            翔恵

子が連れしやんごとなき娘雑煮召す                ダック

年々と小ぶりになる雑煮かな                      ぷやにん

堂々と寝坊ブランチたる雑煮                      空豆魚

たまにしか会わぬ親戚雑煮の具                    月岡方円

雑煮嬉し家族になりゆく道よ                      今若あれ

夫婦してあと何回の雑煮かな                      三崎扁舟

「結婚は?」耳を畳んで雑煮かな                  山田蚯蚓

くったりと具のからみ合う雑煮かな                城ヶ崎文椛

手を合わせ明けてめでたや雑煮膳                  新居浜 棒振り仙人

仏前に供ふ雑煮の湯気ますぐ                      青居 舞

これはまた挨拶の元気な雑煮                      登りびと

喪の明けて二人前なる雑煮食う                    登盛満

朝寝坊雑煮の香り郵便屋                          美津うつわ

赤から白へ夫の実家の味噌雑煮                    鈴野蒼爽

もち菜添え雑煮すっきり尾張かな                  清梅

慣わしの男の雑煮ムム不味(まず)い              升屋

子ら起きる時間に合わす雑煮かな                  KANNA

ばあさまの褒めたる妻の雑煮かな                  KAZUピー

酒交わし交わし雑煮の朝かな                      あたなごっち

我が雑煮夫婦の鍋は判れけり                      あぽろ

機内食まさかの雑煮懐かしく                      いの鉄橋

朱の椀に白餅映えて香(こう)かすか              ウクレレみっちゃん

鰹(かつお)節の慌てふためく雑煮椀              おこそとの

雑煮とはわたしを思い出す装置                    オサカナクッション

白みその香る雑煮は娘作                          お萩

赤きべべ雑煮の椀も光る朝                        門田千世香

母雑煮あとさき忘れ子にかへる                    きなこ

讃岐人雑煮に隠す餡の味                          キムさん

顆粒(かりゅう)出汁カット野菜の雑煮の夜        しみずこころ

あん餅に口の開きたる雑煮かな                    たむらせつこ

お雑煮はかあちゃんの味母の言ふ                  ちょぼ鶉

親の味知らぬ彼氏へ雑煮椀                        でんでん琴女

集まりて故郷の我ら雑煮餅                        どーりー3

我が義母の教え給(たま)いし味噌雑煮            ドキドク

食べた数競う声聞く雑煮かな                      なおひとさん

故郷の雑煮自慢の休み明け                        にゃんた

出汁旨(うま)し漆の椀に盛る雑煮                ハナショウブ

白味噌を透かし焦げ目を雑煮餅                    はなぶさあきら

参道をちゃぽんちゃぽんと雑煮腹                  ひとひら

パイルダーオンと雑煮にモチ投入                  へなけん

雑煮煮る父の遺影へ餡(あん)入りは              ぽー

白みそ味我が家の雑煮に慣れし嫁                  ポッキー

脂照る地鶏の雑煮替えにけり                      まがりしっぽ

家庭菜園のあと独りの雑煮                        まるかじり

餡(あん)餅雑煮食わず嫌ひの転勤族              みうら朱音

祖母の顔雑煮の湯気に赤らんで                    むねあかどり

五色の具雑煮の椀は宝船                          もえたん

飲み込めているを確認雑煮餅                      ゆすらご

姑に習ふ雑煮の味薄し                            ゆめの常盤

寿ぎの箸は直ぐなり雑煮椀                        れんげ咲く

あん雑煮食べてくつろぐ親の家                    れんげ畑

早口の嫁とこさえる味噌雑煮                      伊丹妙子

さまざまな手が丸めたる雑煮餅                    伊予素数

鳴り渡る教会の鐘雑煮食ふ                        井納蒼求

二種類の雑煮並べる母と妻                        磯田省吾

地魚のすまき二切れ雑煮椀                        一港

だしの香にみづの翠の雑煮かな                    一寸雄町

早足の義母の雑煮に丸き湯気                      稲畑とりこ

仏壇に供う雑煮の湯気ゆれる                      卯夏野心

朱を添へて青菜を添へて雑煮かな                  浦野紗知

いとこらの揃ひて明くる日の雑煮                  旺上林加

母の留守作る雑煮はカレー味                      岡井稀音

何入れる雑煮談義に花咲けり                      岡山小鞠

箱膳に祖母在りし日の雑煮かな                    岡田まさこ

乗務員社食の雑煮味噌仕立て                      岡田春ニ

紅色を添へてすましの雑煮椀                      加田紗智

あん餅と味噌は譲れぬ雑煮かな                    夏草はむ

夜更かしの家族に主の雑煮かな                    河内義高

三食を雑煮で過ごす三が日                        花の首飾り

雑煮もち今年九つ爺ペロリ                        鎌田真由美

中継の箱根の山や雑煮食(た)ぶ                  岸来夢

こびり付く鍋の雑煮ぞ酒進む                      亀山酔田

丸と角夫婦になりぬ雑煮かな                      菊池洋勝

九十度の正座で雑煮食べる婿                      吉行直人

食道の限度の手前まで雑煮                        吉野川

雑煮餅の形分け目も関ヶ原                        久留里61

雑煮食(た)ぶコロナ終息願ひつつ                玉井令子

異次元の餡(あん)ころ餅の雑煮食(た)ぶ        近江菫花

絶縁のふるさとの味雑煮食う                      五月ふみ

餅昆布根菜賑(にぎわ)う雑煮椀               五十展伝

かまぼこの紅が眩(まぶ)しい一人雑煮            宏峰

先ずは母鶏つぶしての雑煮かな                    広島立葵

頑なに同じ香りの雑煮かな                        香依蒼

雑煮椀母との買い出しを永久に                    高橋寅次

我が雑煮あん入り乗せたカップ麺                  高畑しき

新妻へ軽く教える雑煮汁                          佐川碧

朝取りの春菊香る雑煮食(た)ぶ                  三好ゆづる

雑煮食(た)ぶ年神様の恵みなり                  山川腎茶

マッチングアプリ見ながら雑煮かな                山村楓

父が焼く雑煮のもちが鎮座する                    山内 彰子

雑煮餅今出来上り昼餉時(ひるげどき)            山薔薇

着物衿なおす姿や雑煮椀                          四季彩

雑煮餅さらに小さく母の椀                        紫水晶

糸青海苔そよぐあんもち雑煮かな                  七瀬ゆきこ

病む夫(つま)に賽(さい)の目に切る雑煮餅      柴田花子

子が巣立ち砥部焼二杯の雑煮かな                  十亀

つまみたるたいこ腹めく雑煮餅                    小だいふく

柚子(ゆず)の皮一片ひとり雑煮椀                小川さゆみ

腹の子の分よと餅を足す雑煮                      小池令香

ブリ雑煮土佐で食する波しずか                    松山のオジサン

父の待つしめの餡(あん)雑煮のにほひ            松山のとまと

雑煮鍋母の鼻歌ふたつみつ                        松山冬花

雑煮餅菜っ葉の中に見え隠れ                      松野のマル

お雑煮は小海老小松菜飾り柚子(ゆず)            上原まり

客用の椀に澄ました雑煮かな                      城内幸江

白味噌に餡(あん)混ざりゆく雑煮かな            織部なつめ

宇宙船浮かぶ雑煮を取り合へり                    新濃 健

武勇伝雑煮の数の多き頃                          森正則

馥郁(ふくいく)と醤油の郷の雑煮かな            深山むらさき

お餅煮は夫が作る丸餅で                          真帆

雑煮膳ラフマニノフの強打鍵                      水牛庵乱紛

あんこ餅小豆溢(あふ)るる雑煮椀                水晶文旦

今年から我が家は味噌味のお雑煮                  水蜜桃

鶴亀を椀に侍らせ雑煮餅                          裾野くみこ

ひとり居の音立て啜(すす)る雑煮かな            裾野はな

お供えの雑煮椀ごと転びけり                      勢田清

大鍋に三度炊きたる雑煮餅                        星月さやか

角餅の雑煮や慣れてきた五年                      正念亭若知古

金時の赤や白味噌雑煮餅                          清水 三雲

春菊の香りが馳走雑煮椀                          西りん

誰一人詰まらせることなき雑煮                    西村 棗

丸の日と四角の日ある雑煮かな                    西村小市

また雑煮飢えたこと無き子の不平                  青空幸輪

あら炊きをのせて雑煮は宝船                      青梅爽

婿殿は焼いて欲しいと雑煮餅                      石塚彩楓

雑煮食ふ箸の持ち方叱られて                      染井つぐみ

あごだしが福呼ぶ雑煮皆の顔                      双海の夕日

ブランチに雑煮食べたらひと眠り                  霜月なな

故郷なき母の雑煮は我が家風                      村瀬っち

焼き海老の椀を溢(あふ)るる我が雑煮            多事

鯛の身のほぐれて浮かぶ雑煮かな                  打楽器

丁寧に雑煮盛りたる古女房                        大黒とむとむ

雑煮餅硬くなるよの母の声                        大薮ハナミズキ

花かつを踊る雑煮の甘さかな                      暖井むゆき

白味噌に餡(あん)浮かび出る雑煮椀              中村のりぴ

伊予弁で勧め上手の里雑煮                        中矢長宗

初めての餡(あん)餅雑煮異国かな                忠孝

久々の休み雑煮にゴロ寝して                      津国智之

二日目はふく餅雑煮胃に優し                      定位置

蓋取れば潮の香る雑煮かな                        土佐藩俳句百姓豊哲

あん入り派最後にニコ入りとろ雑煮                桃猫

大勢で囲む囲炉裏の雑煮かな                      瞳子

在りし日の祖母の笑顔やあん雑煮                  南側

お雑煮を作るのは父小さき頃                      如月弥生

祖谷に残る井桁(いげた)に汁なき雑煮かな        白髪

引っ越して雑煮の餅の丸くなり                    畠山悊央

白味噌の雑煮グツグツ餅踊る                      姫川ひすい

雑煮餅昔六個今三個                              浜松ヘイタパパ

孫育ちひしめきあって雑煮喰(く)う              浜松ヘイタママ

かつお出汁まといし雑煮の艶やか                  風ヒカル

新婚の小さ目一つ雑煮餅                          服部芳郎

角餅の雑煮が知らす帰郷かな                      文明

故里の違う二人の初雑煮                          聞岳

雑煮盛る父待つ母の江戸小紋                      堀アンナ

曇りなき出汁は雑煮と附(ふ)に沁(し)みて      万里の森

嫁唖然あん餅雑煮冷めてゆく                      霧晴れ子

黒椀の底ほの白き雑煮餅                          木ぼこやしき

人参(にんじん)に彩りまかせ京雑煮              野口雅也

妻はよく雑煮の味噌を買い忘れ                    野根牛石

名字変え中身も変わる雑煮なり                    野山ノハナ

介護士や雑煮食う暇なく出勤                      野中泰風

子も吾(あ)も爺婆(じじばば)もみな同じ雑煮    余じい詐

雑煮椀お替り絶えぬ大家族                        里山まさを

故郷が近くなりたり餡(あん)雑煮                良馬

何個食べる雑煮の朝の大家族                      一美

餅何個三個にしてと雑煮椀                        もふ美

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

投稿時間:2022年01月08日 (土) 07時30分


ページの一番上へ▲