兼題:鹿(しか)秀作・佳作


2021年10月9日(土)放送

兼題:鹿(しか)

 

【秀作】

倒木や薄き光を浴ぶる鹿                          いたまきし

あれがボスせせらぎ嗅いでゐる雄鹿            あずお玲子

雄鹿立つ暫し旅愁の薄暮あり                      岩宮鯉城

最終便去りて神なる鹿の島                        おきいふ

ふてぶてし列車見送る蝦夷の鹿                    ねじり花

寺の影もあり鹿の影もあり                        まるかじり

小牡鹿(さおしか)や端出場に翳(かげ)る社宅跡  みうら朱音

斜面には鹿しほ舐めて爪舐めて                    伊予吟会 宵嵐

ダム湖面妻恋ふ鹿の木霊せり                      一港

鹿遊ぶ島の鳥居は潮に濡れ                        加田紗智

微熱めく鼻突き出して鹿の声                      花紋

一頭の佇む鹿の目の昏さ                          宮武美香

ひゆんひゆんと聲(こえ)こだまして鹿の恋        坐花酔月

山里の石垣高し鹿の声                            小池令香

海風の早き鹿島の鹿小さき                        松山のとまと

尻つつく牡鹿(おじか)の吐息生ぬるく            松山冬花

潮風へ鹿の吐息のあたたかく                      松本 だりあ

鹿一声一両列車見送れば                          西原みどり

後ろ手を宮島の鹿舐めにけり                      戦後生まれZ

鹿鳴くや闇夜に光るビルの森                      南側

珈琲の雫待つ間や鹿の声                          堀アンナ

島々に神の依り代鹿の鳴く                        妹のりこ

火を焚き一人遠鹿の聲(こえ)を見る              あたなごっち

たたたんと夜道横切る夜の鹿                      あみま

ハイビームに浮かぶ鹿等の白き尻                  アロイジオ

鹿の狙う生徒会長の弁当                          かつたろー。

神の島風のまにまに鹿の声                        キートスばんじょうし

奈良に迷うて鹿に取り囲まれている                けーい〇

鹿鳴くやきんと夜更けの山崩れ                    じゃすみん

夕さりや神社の杜に鹿の鳴く                      じょいふるとしちゃん

鹿眠り大仏の手のやはらかさう                    綾竹あんどれ

鹿鳴けば林の星の震へをり                        伊丹妙子

かはたれの湿りや飢ゑてゐる牡鹿(おじか)        伊奈川富真乃 

鹿すぐに消えて歩荷(ぼっか)の荷の重し          稲畑とりこ

奥飛騨のみづきよらなり鹿の声                    浦野紗知

夜の鹿雨しろがねに過ぎ行けり                    岡山小鞠

警官出動国道に鹿悠々と                          花の首飾り

鳴き鹿の水飲む音や朝まだき                      亀山酔田

ぴいぴいと鹿鳴く朝の小雨かな                    亀田かつおぶし

鹿に煎餅人に大仏プリン                          菊池洋勝

縄文より人は何代鹿の声                          久留里61

禰宜道(ねぎみち)に列なす鹿のうしろ行く        近江菫花

奈良町の夜雨しづけし鹿の声                      彩汀

仰ぎ見るクレーン車の鹿の尻                      三泊みなと

ハイビーム市道の鹿の目の赤し                    山羊座の千賀子

鹿の目に吾(われ)なきごとくすれ違ひ            七瀬ゆきこ

後ろより近づいてくる鹿の息                      紗千子

宮島や雨戸ひらけば大き鹿                        渋谷晶

斜里岳をのぞむ小径や鹿の聲(こえ)              水牛庵乱紛

鹿啼(な)きて空へ純度の足されけり              染井つぐみ

鹿ばつと立てりおほなゐ五秒前                    大黒とむとむ

三頭の鹿白樺に消えゆけり                        池之端モルト

荒城を鹿のにほひがするといふ                    藤 雪陽

ベサベサの鹿と分けたるお煎餅                    藤田ゆきまち

ナツ吠えて富士の麓(ふもと)に親子鹿            巴里乃嬬

ふりかえる鹿よ永久が呼んでいるか                播磨陽子

その眼よりまろき声して恋の鹿                    板柿せっか

はろばろと木下(こした)あかるき鹿の森          比々き

山門を抜けてぬぬつと鹿二頭                      平本魚水

とは言へど鹿を撫でる子泣き出す子                椋本望生

声もなく群れ来る鹿や古都しづか                  木ぼこやしき

家を出て二分で鹿の来る畑                        木染湧水

溪谷の野営の窓に暁の鹿                          柚木みゆき

稜線にビバーク鹿の声かすか                      里山まさを

 

【佳作】
◆佳作
「鹿注意!」横を堂々鹿の群れ                    くぅ

急停車鹿の瞳は我を射る                          村瀬っち

雨そそぐ鹿の毛光り目は濁り                      竹内一二

鹿跳ねる我二月堂走り抜け                        もぎりん

鹿のふん丸くて臭い野生の糞(ふん)              伊藤建樹

参道を我が物顔に鹿うらら                        小だいふく

学舎に鹿来て憩う古都の朝                        清風

深山や蔭より生ゆる鹿五、六                      畠山悊央

黄昏に寄りそふ鹿や興福寺                        姫川ひすい

鹿しかと我を黒目に捕らへけり                    麦

神鹿や前肢折りて奥宮                            どこにでもいる田中

玄関に鹿のっそりと居る夕べ                      みづちみわ

振り向けば煎餅買えと突く鹿                      岡田春二

背突かれて鹿煎放つ厳島                          五十展伝

新月の夜に鳴く泣く鹿の角                        七折梅王子

振り向ける鹿の眼差しや憮然                      くま鶉

呦呦(ゆうゆう)と数千年を鹿歩く                宇野翔月

ぶつけあふ角の雄々しき雄鹿かな                  玉井令子

あなごめし弁当開けられず鹿鹿                    高橋寅次

さだまさし聴いて飛火野の鹿は                    香依蒼

ギイと呼ぶ繰り返し呼ぶ鹿の昼                    棗椰子

厳島あかり落とせば鹿の泣く                      アリマノミコ

午後三時いつもの鹿が店先に                      KAZUピー

漆黒にキュンと鹿鳴く物悲し                      あぽろ

背後から鹿すり寄るや鹿島かな                    おぼろ月

静寂をさきて鳴く鹿哀れなり                      さと、きのこ園

切り岸を駆け降りる鹿風連れて                    しばたはなこ

釣人に島鹿の近よりもせで                        たま

鹿の親子横断歩道渡る釜石の夜                    ハマっ子次郎

兀山(こつざん)や鹿追ふ聲(こえ)は聴こえしか  ぽー

宮島の景色となりぬ鹿は座す                      ゆすらご

北条の沖の鹿島の鹿の声                          れんげ畑

鹿の糞(ふん)ガイドは杖で教えたり              阿波オードリー

負け鹿の哀れな点の目は黒し                      花 恋雪

ペダルこぐ土手月の鹿目をそらす                  亀ちゃん

信号を守り横断奈良の鹿                          金時豆

親子鹿農家を思いトリガー引く                    高畑しき

この庭じゃ鹿の糞(くそ)まで螺髪(らほつ)めく 高尾里甫

鹿哭くや己が野生の在りか知る                    紫水晶

まあるい目の鹿あなたは迷子なの                  織部なつめ

鹿煎餅ボリボリと朝親子鹿                        水晶文旦

山小屋の睡りに交じる鹿の声                      裾野 くみこ

母と旅朱に映える鹿まぼろしか                    青梅爽

鹿の息指先温む古都ぶらり                        石川西道

全力で逃げる鹿たち散らばりて                    双海の夕陽

知り尽くす鹿の足跡道拓き                        津国智之

足跡の凹み様々鹿の声                            土佐藩俳句百姓豊哲

鹿遊ぶ宮島の旅懐かしき                          如月弥生

夕闇や伴侶はまだだと鹿が啼(な)く              文明

丸い眼に負けたとばかり煎餅を                    芳郎

鹿や増え喰い放題の土佐の山                      野中泰風

晴れて夜の鹿の足音近づきぬ                      宥光

鹿と吾(あ)と見つめ合いけり藪の端              藍月

公園の夜のとばりに鹿の声                        良馬

鹿も鳴く生の賛歌を唱へつつ                      六甲颪

鹿の糞(ふん)踏まぬようにと正倉院              六手

バス待ちて横断歩道渡る鹿                        そまり

里山に無機質な音罠に鹿                          おこそとの

啼(な)く鹿や夫の寝具はあたたかく              すずさん

鹿二頭湿る鳥居の元に添う                        ツユマメ

逃げること知らぬ小鹿の目の清ら                  でんでん琴女

齢ふる牡鹿(おじか)に角の重さかな              どいつ薔芭

四国路のヘッドライトに鹿よぎる                  ペトロア

鹿の声会えない人に書く手紙                      みやこわすれ

神鹿の澄んだ目に浮かぶ宮島                      もえたん

山道やヘッドライトに夜の鹿                      もふ美

父と見たあの鹿のあの白き斑(はん)              井納蒼求

畏(かしこ)みて神域に入る鹿の歩度              磯田省吾

がさごそと背後にここは鹿の山                    夏草はむ

東屋の雨に動くは鹿の影                          曲がりしっぽ

鳴く鹿に千年前の耳を借る                        五月ふみ

天敵もおらず食害鹿の害                          佐藤壱伍

顔にくるせんべい食べる鹿の角                    三保鶴

鹿の眼の車窓に光るスカイライン                  山川腎茶

哀愁の鹿の声きく奈良の宿                        山薔薇

「来いよう」に立ち上がる鹿跳ねる鹿              松井くろ

小鹿の瞳頭ふりふり鹿せんべい                    上原まり

眼前を雌追ふ鹿の直向きさ                        新濃 健

生贄の記憶や鹿は蒼く鳴く                        水蜜桃

泳ぐ鹿お前も島を捨てたのか                      世良日守

夕暮れの鴬塚や鹿に遇う                          勢田清

全身に泥塗りつける牡鹿(おじか)かな            星月さやか

はぐれ鹿君に恨みはないのだが                    正念亭若知古

俺は嫌な奴だよな鹿はけなげ                      西村小市

木の間に鹿視線で縫い付けておく                  泉千尋

しもた屋の軒下鹿の雨やどり                      東京堕天使

静寂なる峡の闇裂く鹿の声                        聞岳

救急車取り残されし闇に鹿                        満嶋ハト

角迫る逃げ腰のえさ奈良の鹿                      野山ノハナ

しんがりの蹄音(つまおと)軽し鹿の群            露草うづら

鹿たちが出入り自由な我が母校                    翡翠

雌鹿を先導毅然と雄鹿の目                        友健

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年10月09日 (土) 07時30分


ページの一番上へ▲