兼題:栗(くり)秀作・佳作


2021年9月11日(土)放送

兼題:栗(くり)

 

【秀作】
丸み撫(な)で友へ選(よ)るかな山の栗           あいむ李景

曖昧に栗の色なす毬の尻                           あずお玲子

栗の毬触らぬように触れる嘘                       あたなごっち

じゃんけんで拾ふ係を選ぶ栗                       あみま

草田男の墓碑の耶蘇名や栗を煮る                   アロイジオ

長老と言はれて久し虚栗(みなしぐり)             岩宮鯉城

栗落つる音にミシンの針光る                       ヴィッカリー趣乃

青空の望めぬくらい栗たわわ                       ウクレレみっちゃん

碧天を甘く突き刺す栗あまた                       おきいふ

栗剥きて五個に一個の無傷なり                     おぼろ月

栗ぐらい剥いてよどうせ暇でしょう                かつたろー。 

栗焼いて栗爆(は)ぜるまで星を見る                 ギル

かっぽう着こぼるる隣家の毬栗よ                  くま鶉

栗落ちて東京はいま曇りなり                       けーい〇

栗拾ひ獣ゆつくり近づき来(く)                  じゃすみん

毬栗の棘(とげ)まだ若く雨注ぐ                   どいつ薔芭

四万十の栗焼く音や風に乗る                       ねじり花

ほふほふほふ盛るゆで栗よ午後の声                のど飴

相続の境の溝や虚栗(みなしぐり)                 ひでやん

栗食(は)む食(は)むサスペンスは再放送         ペトロア

四万十川の早瀬眼下に栗拾う                       まっことマンデー

柴栗や木鼠(きねずみ)の尾はやはらかく           みやこわすれ

紙袋の栗を鞄へ北京駅                             ゆすらご

茹で栗や刑事シリーズ再放送                       わこ

夜の雨がいたくて栗はめそめそ                     綾竹あんどれ

栗拾ふ線路くの字に緩やかに                      伊予吟会 宵嵐

避難訓練終えてかしまし栗拾い                     一港

幼子のうたはあやふや栗を剥く                     稲畑とりこ

馬券舞ふ傷なき栗へギリと爪                       浦野紗知

世に疫病栗に虫喰見つけたり                       岡山小鞠

両親は戦中育ち栗供ふ                             加田紗智

栗拾う合せ鏡のような子と                         花 小雪      

また毬栗が寺の屋根から落ちてきた                花紋

メイドカフェの嬌声栗虫入りの栗                  海苔ボルケーノ

縄文は熾火(おきび)の栗の爆(は)ぜ合(お)うて 亀山酔田

焼き栗や「パプリカ」の唄ラジオから               亀田かつおぶし

剃刀の刃を取り替へる今朝の栗                     菊池洋勝 

恍惚(こうこつ)と栗食(は)む父の背を曲げて     吉野川

笑栗(えみぐり)の毬てふ口を押し広げ             宮武美香

町の影濃く栗茹でる日曜日                         曲がりしっぽ

栗剥きて昔語りの肥後守                           近江菫花

教室は無言スプンの先に栗                         五月ふみ

栗を剥く意固地な人を説くやうに                   高橋寅次

街角で愛と栗売るIci C'Est Paris (イ・シセ・パリ) 坐花酔月

栗剥くや月なき夜の風の音                         彩汀

茹栗の五・六ケ程のメランコリー                   三泊みなと

母の炒る栗の火花を数う夜                         山羊座の千賀子

いが栗や円空仏の煤(すす)け顔                   紫水晶

栗踏めり未来が少し顔出して                       七瀬ゆきこ

深爪の指食ひ込ませ栗の皮                         紗千子

焼栗の香は押しよせて地蔵院                      渋谷晶 

天晴れな栗は豊かな水薫る                        松井くろ

栗をむく内職の手の水ぶくれ                      松山のとまと

栗を剥く地震速報見遣りつつ                      新濃 健

ほの甘き栗縄文の火は豊か                       深山むらさき

栗の皮剥(む)く指先に黒き香(かざ)            水晶文旦

栗を乗せパフェの高さになる十時                  世良日守

となり合ふ栗の実ゆずり合ふかたち                西原みどり

栗茹でる悲しきことのありし宵                    西村小市

栗を分くアカツチヤマの秘密基地                  斉藤立夏

道聞けば中山栗を持ってけと                      石塚彩楓

甘栗とラジオしのばせ会いにゆく                  青梅爽

怠惰なる兄悶々と栗を剥く                        染井つぐみ

祝辞二度三度と唱ふ栗爆(は)ぜる                大黒とむとむ

公園の武器庫のあとを栗拾ひ                      藤 雪陽

給食袋ぶらぶら栗拾いながら                     藤田ゆきまち

ル・モンドに極右躍進栗熱し                      巴里乃嬬

県境を越えぬ暮らしや栗むきぬ                    板柿せっか

生栗の皮望郷の歯もて剥ぐ                        比々き

栗浸し置く一晩の大嵐                            富山の露玉

栗拾う子のあと追って拾う栗                      風ヒカル

栗落ちて昔話の終りけり                          聞岳

焼栗や父の書棚にバルザック                      平本魚水

焼き栗の袋手作りパリ薄暮                        碧

栗拾ふかちかち山に脚入れて                      椋本望生

栗拾いあとは欠席者の分を                        木染湧水

焼栗を買つてメトロはストライキ                  露草うづら

落栗の小径(こみち)につづく獣臭                宥光

栗拾ふ空の機嫌を見遣りつつ                      柚木みゆき

茹栗は丹波栗なり風強し                          立葵

上顎にほぐるる栗の甘露かな                      すずさん

栗食(は)めば親父の山に足が向く                  河内義高

栗拾うナビに道なき県境                          磯田省吾

栗拾い地蔵前のを残しとけ                        宇野翔月

結願の寺へ道々ひろう栗                          夏草はむ

銀寄てふ栗に黄金めく甘み                       一斤染乃

飯は艶めく栗は燻金(いぶしきん)めく           高尾里甫

 

【佳作】
面倒な食べ物ランク6位「栗」                    井納蒼求

毬栗の端の実太め中細め                          玉井令子

うじうじと悩まず放て毬の栗                      KANNA

店先に「日本一」と書きし栗                      KAZUピー

訪ね来し廃村寂しき栗の青                        あぽろ

毬栗は猿のおこぼれ一握り                        ウチノ太郎

栗おこわ快気祝いの強い文字                      おこそとの

村中に声を広げて毬栗(くり)拾う                門田千世香

列をなすロールケーキの栗ほのか                  かろん

病室に栗ひとつ置き見舞とす                      キートスばんじょうし

あそこにもいが栗集う岩くぼみ                    森正則

栗拾い一足先に足跡が                            キムさん

先に食したかうまそうな栗に穴                    そまり

長靴や火鋏するり逃げる栗                        たま

栗拾ひ遠き日思ふ空は晴                          つばき 

コリックの子を揺さぶりて栗跨(また)ぐ          ツユマメ

栗を剥く祖父母の爪の厚きこと                    でんでん琴女

あつあつの栗飯晴天のテラス                      どーりー3

大栗の拾いどきかないがつよし                    なかむらのりぴ

リボルバーで栗の実落とす夢覚める                ハルノ花柊

笑顔なり薬持つ手に出落栗                        ひかる

中山や栗三昧に歌謡ショー                        ひとひら

定年の朝毬栗の棘(とげ)も茶に                  ぽー

栗ご飯炊きし後にも裾分が                        ポッキー

駅ホーム焼き栗で爪黒くなる                      ぽんかん太郎

栗ひろう子供の声がこだまする                    まさやん

毬栗の顔覗かして粒ひかる                        メイさん

君の待つ焼き栗胸に石畳                          もえたん

店先の栗焼く釜を見つめし子                      もふ美

毬栗の踏み割り競う声高し                        阿波オードリー

ブランデー栗の渋皮艶やかに                      伊丹妙子

栗むきの季節仕事や母の面影(かげ)              岡田春二

栗食べて母の声援一等賞                          気楽老後

独唱の腹式呼吸栗ころがし                        久留里61

辛き日は母お手製の砂糖栗                        魚返みりん

転がった栗に負けじと孫ころん                    宏峰

栗ご飯嫁の茶碗を覗き見て                        康寿

三和土にはボッチャのごとき栗の毬                香依蒼

栗ひろい五こほど磨き仏壇に                      三保鶴

惜しまれつ閉づる栗店駅寂し                      山薔薇

栗拾ひ潰さぬやうに毬を踏む                      山川腎茶

スプーンで栗と格闘小さな手                      四季彩

物言わぬ子や過保護たる栗を剥く                  篠原雨子

毬栗を剥いて食する友の犬                        松山のオジサン

雨降りて栗拾う手に光り有り                      松山冬花

毬栗を宝のように持ちかえる                      松本 だりあ

到来の栗籠庫裏に人待つや                        上原まり

裏山の栗二つ小包の隅                            水蜜桃 

栗たわわギャングエイジと呼ばれし日              裾野くみこ

誰よりも早い朝なり栗拾う                        勢田清

鬼皮を剥いでコトコト栗煮かな                    星月さやか

朝の市数多の栗が勢揃い                          節子。

城山にて殿より栗頂戴す                          泉千尋

焼き栗や白の湯呑みに烏龍茶                      打楽器

栗やものいはぬ父尚いはぬ父                      大和田美信

いがぐりや我関せずと転げをり                    忠孝

コリコリと慣れぬ栗飯や五歳の歯                  津国智之

大福の中には丹波栗一個                          土佐藩俳句百姓豊哲

茹で栗をぺりと剥く手の渋まみれ                  播磨陽子

鶸色(ひわいろ)の毬のひかりの覆ふ栗            迫久鯨

毬栗をつひに耐え抜くエコバッグ                  彼方ひらく

鬱蒼(うっそう)とサウナめく山栗青し            文明

くりひろい記憶障害進む夫                        北川そうあ

笠掛けの峠の地蔵栗青し                          堀アンナ

火ばさみをころりころりと栗ころり                妹のりこ

飯碗に確たる栗の二つ三つ                        満嶋ハト

毬踏んで裂け目に栗の真新し                      木ぼこやしき

青空にわらぶき屋根と枝の栗                      野山ノハナ

清流や甘くて厚い栗作る                          野中泰風

落栗を踏まないように鬼ごっこ                    野々さと

渋皮煮あてにし栗を送る朝                        藍月

焼き栗でチョイと一献縄のれん                    里山まさを

徒競争終えて輪になり栗おこわ                    良馬

焼栗を友とほおばる伊予の町                      和サばあちゃん

縄文の果樹にもあらむ一つ栗                      棗椰子

毬栗を蹴りつつ友と通学路                        翡翠

かちぐりをぽっけにしまい家をでる                謨斉

籠背負いて山入るつま先触れる毬                  さぬきの風     

栗ならばブランデーの香渋皮煮                    しみずこころ

三人の十月生まれ栗ご飯                          じゅん

栗の実がシャカシャカ笑うオフィスチェア      しょるてぃん

靴底で棘(とげ)を落として栗拾う                ツークン☆

くりおこわ静まる校庭ばんこく旗                  ぶさロック

はや栗の季節かひぐらし鳴かぬのに               如月

落ち栗を蹴って一つの季節知る                    鴉

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年09月11日 (土) 07時30分


ページの一番上へ▲