兼題:素麺(そうめん) 秀作・佳作・写真俳句


2020年7月11日(土)放送
兼題:素麺(そうめん)

【秀作】

鯛煮えて大笊へ素麺ざばり              平本魚水

砂蒸しのバイト千円冷素麺              世良日守

そうめんは光まるごとすすります        松本だりあ

流しそうめん流れにのれぬ無骨もの      おぼろ月

素麺の指すり抜けて排水溝           かさご

次々に桶に足される冷素麺              かつたろー。

素麺をすする地球にまっすぐに       かま猫

大汗をかいて素麺調える                キートスばんじょうし

町内会素麺流しの竹を割り           じゃすみん

水放つ冷素麺を解き放つ         そまり

素麺やびっくり水に降参す              ツユマメ

流しそうめん動かぬ雲は亀のごと        ツユマメ末っ子@8歳

こんぴら歌舞伎はねて素麺すすりけり    はむ

八幡社宮司も啜る冷素麺                ひでやん 

さんざめく緑そうめん流しかな          宮武美香

吹きガラス工房弟子の冷素麺            まっことマンデー

素麺や旅の小店の二人づれ              みやこわすれ

素麺や実家の鍋は10リットル          ヤチ代   

素麺が足らぬ四人に十二束              ゆすらご

冷素麺まだ見ぬ嫁の話して              葵新吾

井戸水に浸かり素麺閑かなる            伊予吟会 宵嵐

航路図へ飛ばした素麺の欠片            高橋寅次 

さうめんを冷やす名水たまはれり        紗千子   

目の前の流し素麺取り逃がす            小鞠

昼も夜もさうめん夏の未亡人            小池令香

講習五時間地下街に冷そうめん          小野睦

実直に素麺の赤帯並ぶ                  松井くろ

六人分茹でる素麺昼土曜                松山のとまと

素麺にカレーをかける避難小屋          上原まり

素麺を囲み家族となりにゆく            城内幸江

素麺や大釜茹での男子寮                川越のしょび

流水に擬態して素麺しづか           抹茶金魚

 

【佳作】

自転車で転んだそうめん塩味            ひろ太郎11才

里山に流る素麺音奏で                  松山冬花

キャンパーのそうめん流す沢清し        KAZUピー

目を瞑り素麺の色当ててみる            あみま   

素麺や聖絵の間に通されて              アリマノミコ

素麺のすだれの向こうショパンの調べ    えびすがお

オリーブ咲く醤油素麺小豆島            こぶこ   

冷素麺大口開けて漁の昼                じょいふるとしちゃん

素麺二杯哀しみを忘れけり              スローライフ     

すだちは到来そうめん立ち上がる        たま

流れてく掬う箸からとりこぼす          ツークン☆

そうめんの水は水でもうちぬきや        はるかん

流し素麺終点で待つ三歳児              ハルノ花柊

潮風も分断はし分けの素麺              ペトロア

素麺や箸を絡めて素早げに              まるかじり

流れ来る素麺つかむ箸の群れ            みーゆ

ガラス器の五色そうめん目も楽し        れんげ畑

冷素麺を音の真っ直ぐ父親似            一斤染乃

華やかに散らす薬味や冷素麺            一港

コロナ禍や半田素麺工場閉づ            一生のふさく

干し素麺箸通す母技光る                快飛     

島の光ごと冷素麺をすすりけり          佳山

オリーブの島素麺のうすみどり          花紋     

素麺の止まる手製の流し台              我省

冷素麺小海老の出汁を掛け回す          亀山酔田

三輪素麺讃岐素麺揖保乃糸              亀田勝則

素麺や江戸切子より取り分ける          菊池洋勝

ぞめき鳴り素麺踊る踊る鍋              宮本象三

井戸水の勢い美味し素麺や              玉井瑞月

素麺や光吸い込む天日干し              玉井令子

太麺や素麺喉に流しこみ                玉繭

退院後家族揃いて素麺や                彩加

中ほどが込む島の流し素麺              三泊みなと

讃岐の島の便りや冷や素麺              山内三郎

素麺の当たりのピンク取り合いこ        真琴

小豆島思ひ出素麺胡麻醤油              水蜜桃

さうめんや旅のお人も列に呼び          裾野くみこ

素麺でマイナス言葉流し込む            打楽器   

たぎる湯気避けて素麺さばき入れ        大槻税悦

畦道にお茶そうでの田植え昼ソーメン    茶畑しきぶ

伸びた素麺父の眉間の皺                島村福太郎

素麺の帯付け箱に畏まる                東京堕天使

流しそうめん赤一本を追いかけて        桃子ママ

母となり十三週の冷索麺                藤色葉菜

そうめんや大いなるめんつゆの海        藤田ゆきまち     

青空に干すや素麺家業継ぐ              南側

敷き藁のごと素麺の散る厨              南方日午

妹にあげる色付きおそうめん            播磨陽子

笊の中ざぶざぶ冷す素麺かな            八重子

冷素麺指に絡ませ乳離れす              比々き   

海風の吹き抜ける家冷素麺              富山の露玉

息つかず素麺すする野球部員            風ヒカル

素麺の取り損ねとる父の箸           堀アンナ

流れ来る素麺にまず三歳児           妹のりこ

素麺の箸の高さに顎上げて           椋本望生

素麺を干す縦縞の冬の空         木染湧水

酒で始まり素麺で締めやおきゃく        野中泰風

素麺も切り子も水も輝けり              藍月

そうめんをスルッとたべる気持ちいい    流歌七歳

素麺のガラスの器色ふたつ              良馬

海帰り素麺もうニ把茹でやうか          蓮花麻耶

卓袱台へ冷そうめんの硝子鉢            棗椰子

雨樋で流しそうめんいと楽し            翡翠

素麺のすだれの先に若緑         宮井直樹

島バスは醤の里へ冷素麺                土佐藩俳句百姓豊哲

素麺のごとき吾の歌のびのびと          子安一也

 

▼写真俳句

gyutto_haiku20200711-1.jpg

素麺に新たな薬味妻と昼             高尾里甫

(自宅で撮影)

 

gyutto_haiku20200711-2.jpg

素麺も乾いて宿酔の昼              めりっさ

(高知県内で撮影)

 
>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

投稿時間:2020年07月13日 (月) 11時40分


ページの一番上へ▲