兼題:鰹(かつお) 写真俳句・秀作・佳作


【写真俳句 特選】

gyutto_haiku200516.jpg

火柱の中一塊(いっかい)の鰹かな    佳山

 

【秀作】

顎上げて厚切り鰹十二ミリ            おぼろ月

竿しなり空へ嘶く鰹の弧                ぐ  

海境を沈むかつおの青光り            じゃすみん

初鰹薄く反りたる白髪葱              ドイツばば

こだわりの塩を買ひけり初鰹          はるかん

鰹釣る皆肉付きの良き臀部            ひでやん

鰹競る商売がたき恋敵                   まっことマンデー

鰹ぴかぴか群青にうねる海            みやこわすれ

鰹美味くて聞きたい事は聞けず        ゆすらご

鰹船波の被さる男岩                  葵新吾

砲弾のごとき鰹や鱗削ぐ              伊予吟会 宵嵐

画面より飛び出しそうな初鰹          河合郁

大皿を引っ張り出して初鰹            花紋

半球のまつたき青や鰹漁                宮武美香

鰹糶他人任せになぞ出来ぬ            彩楓  

鰹船港に戻り一番湯                       川越のしょび

鎌型の尾のはみ出たる鰹かな          南亭 骨太

鰹切る土電の赤き方向板              南方日午

 

【佳作】

店先に光る鰹や久礼漁港          KAZUピー

愛南の海びやびやの鰹かな            アリマノミコ

二本縞跳ねて空切る鰹かな            キートスばんじょうし

藁焼きの炎まるごと鰹食む            きさら

初鰹地球がいけす一本釣り            くまのプーさん

鰹時汝の褒め言葉一生モン            サイコロピエロ

リムジンのごとき鰹をたいらげる      すりいぴい

漁師町チチコは笊へ初鰹              スローライフ

目力に刃先迷いて鰹切る              そまり

初鰹知る夕暮れやオーロラビジョン    たま

きっぱりと包丁入りし初鰹                  はまゆう

愛南の鰹「びやびや」しておりぬ      はむ

一本釣り鰹空舞う躍ね落ちる               はらは

スーパーでうつむく古里の初鰹           ふるさと小包

燃ゆる藁かつお包みて皮はじく           ペロリ

初鰹を夜の港に捌く音                まるかじり

子等は遠き国二人の初鰹                ヤチ代

深浦港へ大漁船や初鰹                れんげ畑

切り口のニュートン環や初鰹               一生のふさく

跳ね群れの鰹や白波の爆ぜる               我省

一切れを二切れに切る鰹かな               菊池洋勝

宇佐の海祖母は削りし鰹節                  玉井瑞月

こだわりの厚切り鰹祖母仕立               玉繭

カツオピチピチ釣られてまたビチビチ  金子ヒデキ

土佐弁や燃え盛る藁より鰹                  高橋寅次

ご褒美に鰹もう三ミリ厚く                  高尾里甫

新鰹船豊漁祈願の餅飛べり                  三泊みなと

藁かおる炎のぐれん初鰹                時のアオ

藁の火の哮りて見えぬ鰹かな          七瀬ゆきこ

武骨なる皿鉢料理の鰹かな                  紗千子

旧友に土産一本初鰹                       紗智

ばちばちと藁火の中の初鰹                  樹朋

初鰹まとわりつきし風やさし               小鞠

鰹切る銀の光のそりむくり                  小池令香

群青の海や愛南初鰹                       松山のとまと

初鰹朝つぱらから艶然と                松田夜市

初鰹「お馬トンネル」抜けて海           松本 だりあ

砕かれた氷は跳ねる初鰹                城内幸江

初鰹黒潮に乗りぞくぞくと            水晶文旦

民泊の壁を絵葉書鰹喰ふ                世良日守

高知県カツオの旨さ自慢かな               赤子沢

室戸路の鰹囲みし国民宿舎                  走る万葉人

鰹船入る港の輪袈裟かな                走吟

初鰹のハランボに塩沁み沈む               土佐藩俳句百姓豊哲

初鰹つついて笑ふ箸と箸                藤田ゆきまち

青海や引っこ抜いたり初鰹            南側

朝焼けに鳥山探す鰹船                   播磨翁

電磁誘導実験コイル鰹に縞                  播磨陽子

虹を切るごとく鰹の冊を切る               比々き

釣り糸の極限鰹甲板へ                     富山の露玉

初鰹夫は芥子で吾子は塩                   堀アンナ

あかときの波鎮ませて鰹漁                  椋本望生

艶やかな皿鉢に盛らる松魚かな           戌亥

「ありよりのあり」アラ汁は初鰹        棗椰子

鰹焼く煙は海に帰りけり                洒落神戸

群青の海に染まりし鰹の目            藍月

グラインダー荒節の香を纏う祖父        たけちゃん

一斉に竿の撓りし鰹船                   櫻井妙子

伯方の塩ふりて澄みたる鰹かな           中矢おさむね

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2020年05月16日 (土) 07時54分


ページの一番上へ▲