アナウンサー・キャスターブログ

四国で働くシン時代


明日の「四国らしんばん」は

shinjidai.JPG

四国で働くシン時代!

 

四国はいま、これまでにない強敵に直面しています。

それは…

hitodebusoku2.jpg

人手不足!

 

人口減少、大都市に働き手が流出、

一体、どうすればよいのか…

kigyouman2.jpg

 

人手不足を乗り越えるカギは何かを考えます!

明日13日(金)夜7時30分、ぜひご覧ください!!

https://nhk.jp/s-rashinban

hataraku.JPG

番組冒頭に人形たちが登場予定です

投稿時間:2023年10月12日 (木) 15:23 | 固定リンク


「"完全復活!"祭りのチカラ」15日まで視聴可能!


先週金曜日放送の「四国らしんばん」、

みなさん、“祭りのチカラ”感じましたか???

nagai-matsuri230904-1.jpg

スタジオも、みなさん浴衣姿で祭り一色!

アンジュルムの川村文乃さん

愛媛県歴史文化博物館 専門学芸員の大本敬久さん

ありがとうございました!

 

祭りのチカラ、見逃した!という方、15日の午後7時56分まで

NHKプラスで配信しております、ぜひご覧ください!

https://nhk.jp/s-rashinban

 nagai-matsuri230904.jpg

投稿時間:2023年09月04日 (月) 14:21 | 固定リンク


四国らしんばん「完全復活!祭りのチカラ」


明日の「四国らしんばん」は、“祭り”です!

新型コロナの影響で中止や縮小を余儀なくされていましたが、

今年は相次いで通常開催に戻っています!!

 

みなさんは、この夏、どんな祭りを楽しみましたか?

 

ワタクシも、4年ぶりに復活した祭りを楽しもうと

230831_motoyama2.jpg

高知県本山町上関地区を訪ねました。

ユニークな祭りだとのことで…

230831_crew.jpg

ロケクルーもなんだかワクワク

 

その祭りの名前は「上関阿弥陀堂奉納相撲」

230831_amidado.jpg

疫病退散と豊作を願い160年続いているとのこと。

驚いたのは

230831_prize.jpg

土俵のそばに、お札が吊り下げられていました。

これは、地域の人の寄付で集まった勝者のための賞金。

 

さらに驚いたのは、飛び入りで参加可能だということ。

ということで…

230831_mawashi.jpg

参加することになってしまいました…

 

猛者たちに、何度も土俵にたたきつけられましたが、

4年ぶりの皆さんの真剣勝負を、ワタクシも存分に楽しみました。

 

こうした四国の祭りには、どんなチカラがあるのか。

明日の「四国らしんばん」、ぜひお楽しみに!

https://nhk.jp/s-rashinban

230831_shiozaki.jpg

「ナレーションは、高松局・塩﨑アナウンサーが担当してます」

 

投稿時間:2023年08月31日 (木) 09:35 | 固定リンク


「四国アップデート委員会」18日まで視聴可能!


先週金曜日の「四国らしんばん」

「四国アップデート委員会 夏休みだよ若者集合!」と題して

マイクロアグレッションについてお届けしました。

 

マイクロアグレッションとは

悪意はなくても偏見や固定概念で相手を傷つける行為として、

いま注目され始めています。

 

スタジオには

thankyou.JPG

左から

お笑い芸人 ガリベンズ矢野さん

この番組を企画したエイブルみちるディレクター(父がアメリカ人 母が日本人)

ジョーンズ菜希亜さん(父がアメリカ人 母が日本人)

福井瑞穂さん(トランスジェンダーで5年前に戸籍上も男性に変更)

星野ルネさん(カメルーン生まれ日本育ちの漫画家)

 

さらに

allmember-nagai.jpg

松山の大学生20人に集まってもらい

スタジオ全体でマイクロアグレッションを減らすにはどうすればよいのか考えました。

 

いま、私たちが向き合わなければならない大事なテーマです。

見逃した!という方、18日(金)午後7時56分まで

NHKプラスで配信しております、ぜひご覧ください!

https://nhk.jp/s-rashinban

allmembertry2.jpg

みなさん、ありがとうございました!

投稿時間:2023年08月08日 (火) 14:05 | 固定リンク


今回は「マイクロアグレッション」


明日放送の「四国らしんばん」のスタジオセットが組みあがりました!

230803_msstudio.jpg

230803_zaseki.jpg

この席には、松山の大学生19人が座ります!

今回は皆さんと一緒に考えるテーマが…

230803_micro.jpg

マイクロアグレッション

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、

いま私たちが向き合わなければならない重要なテーマなんです!

 

明日4日(金)午後7時30分~

ぜひ、ご覧ください!

https://nhk.jp/s-rashinban

230803_mskangaeru.jpg

 

投稿時間:2023年08月03日 (木) 15:27 | 固定リンク


「出張ひめDON!」は21(金)までNHKプラスで!


宮本真智です。
5年目の「出張ひめDON!」
ありがとうございました!

himedon-miyamoto01.jpg
木村拓哉さん、大石昌良さん、ティモンディのおふたり、出演していただいた地元のみなさん

◎西日本豪雨の被災地を見つめてきた「出張ひめDON!」
「ひめDON!」では、
毎年7月、スタジオを飛び出して
西日本豪雨の被災地に“出張”し、地元のみなさんを応援してきました。

今回の「出張ひめDON!」は、
大洲市の「道の駅 清流の里ひじかわ」から。

「5年間あっての、いま」という、
“点”ではなく“線”で見つめる番組にしたいという思いで制作してきました。 

テレビでは愛媛県のみでの放送でしたが、
NHKプラスでは全国でご覧いただけます!
配信は7月21日(金)午後8時42分まで。
ぜひご覧ください!
>>NHKプラスはこちら

himedon_machi.png

◎いろいろあって、いまがある
himedon-miyamoto02.jpg
復興への思いを素敵な歌声にのせて披露してくれた野村中学校のみなさん

今回の番組を通して、
「豪雨の影響は、5年経った今も続いているんだ…」
と、あらためて思いました。
「当然では?」というご指摘もあるかもしれませんが…。

5年前、豪雨のあった当時は大学生だった私。
必死になって就職活動をしていた学生が、
現在、社会人5年目。転勤も経験しました。
それくらい、長く、いろんなことがあった5年という年月。

「もう復旧できているのでは?」
「災害のことを忘れてきている人もいるのでは?」
そんな風に感じている部分が私にもありました。

ですが、そうではない。
豪雨を経験したみなさんの5年間は、
常に豪雨の影響とともにあったということがよくわかりました。

悲しさ、悔しさ、もどかしさ…
さまざまな感情がありながらも
それぞれが前を向いて、いまを生きている。
番組の伝え手でありながら、
みなさんの姿に心打たれる時間でした。

◎ゲストのみなさんの「思い」
himedon-miyamoto03.jpg
それぞれの「思い」で愛媛を応援してくれたゲストのみなさん

ゲストのみなさんそれぞれが
「愛媛」や「西日本豪雨」に
強い「思い」を持って5年間を過ごしてこられていました。

シンガーソングライターの大石昌良さん。
豪雨以来、ふるさと・宇和島でのコンサートを大切にしてきたそうです。
地元への「大きな愛」が、
大石さんの言葉・表情すべてからひしひしと伝わってきました。
そして…宇和島弁、すてきでした!!

済美高校出身のティモンディのおふたり。
「愛媛にお世話になったから、応援したい」といつもおっしゃいます。
今回も、おふたりと出会った全員が笑顔になっていて、
心からのエールには「人を元気にする力がある!」と
改めて感じました。

そして、木村拓哉さん。
5年前、宇和島市吉田町で炊き出しなど支援活動を行いました。
この炊き出し、実は「木村さんの呼びかけで実現した」ということ、
私は今回初めて知りました。

東日本大震災以来、
「自分たちになにかできることはないか」と
支援活動などについて勉強を重ねてこられたのだそうです。

炊き出しで提供したカレーは
「お年寄りから子どもまで、みんなが満足できるものを」と、味を追求。
粉じんが舞う中では難しいと言われていたかき氷の提供もなんとか実現し、
「自由の少ない避難所生活で、選べる楽しみを」と、複数の味を準備しました。

今回、一緒に吉田町をまわる中で、
木村さんが5年間、愛媛の被災地を思い続けていた事実に、
ただただ感動するばかりでした。

 

西日本豪雨からの5年間を見つめてきた
「出張ひめDON!」。
それぞれが歩むこれからを、今後も応援し続けます!

 

投稿時間:2023年07月18日 (火) 15:00 | 固定リンク


「西日本豪雨から5年」21日(金)まで視聴可能!


先週金曜日放送「四国らしんばん」は時間を拡大しスペシャル版、

「教訓は生かされるのか~西日本豪雨から5年~」

をテーマにお届けしました。

mikanmoriwaki-nagai230710.jpg

生放送後の1枚。ワタクシの隣から…

野口琢矢気象予報士・後藤駿介記者

ものまねタレントのみかんさん

愛媛大学防災情報研究センター教授の森脇亮さん

 

番組では、避難につなげるための

今すぐ使えるお役立ちサイトも紹介しています。

21日(金)午後8時14分まで

NHKプラスで配信、ぜひご覧ください!

https://nhk.jp/s-rashinban

投稿時間:2023年07月10日 (月) 17:16 | 固定リンク


西日本豪雨から5年です


西日本豪雨から5年、

明日の「四国らしんばん」は時間を拡大してお届けします。

https://nhk.jp/s-rashinban

 

2年前のこの時期、宇和島市吉田町を訪ねた1枚。

then-nagai230706.jpg

豪雨で崩れた斜面の補強工事が完了したばかりで、

新しい草が生え、周りの草との色の違いが分かると思います。

 

先日、同じ場所を訪ねてみました。

now-nagai230706.jpg

緑の色も濃くなり、2年という時間の経過を感じましたが…

豪雨による影響は、いまだ続いています。

 

今年になってようやく避難指示が解除された場所があるのをご存じですか?

awayama-nagai230706.jpg

徳島県三好市山城町の粟山地区です。

現状はどうなっているのか訪ねました、番組の中で紹介します。

kitasan-nagai230706.jpg

案内してくれた喜多二三男さん、ありがとうございました。

 

「四国らしんばん」では

土砂災害のリスクを、どう予測するのか、

避難につながる情報を、どう届けるのか、

西日本豪雨が突きつけた教訓について考えます!

投稿時間:2023年07月06日 (木) 16:23 | 固定リンク


愛光中学で、NHK番組を活用した特別授業に参加してきました!


アナウンサーの宮本真智です。

6月16日、松山市内の愛光中学校で、NHKのドキュメンタリー番組を見て考える特別授業が行われ、高知放送局の西森プロデューサーと参加してきました。

blog230704-1.jpg
左から、授業を担当した和田誠先生、私、西森大プロデューサー。

学内のホールに集まったのは、中学3年生およそ200人。

1週間前の社会科の授業で、総合テレビで3月に放送した番組「ドキュメント4『にゅーいんさんが遺(のこ)したもの』」を視聴してくれていました。

【番組視聴後のアンケートから】
・「闘病しながらも周囲に元気を与える、という姿勢に感動した。」
・「白血病を“やっかいな隣人”と呼んでいたが、病気を完全に敵とみなすのではなく受け入れながら闘病していたんだな、と思った」
・「つらいときには、心の中にヒーローを持て、という言葉が心に残った」
・「実際に大病を患っている方の声を聞く機会は貴重で、重いテーマだが考えさせられた」

医療系を目指す生徒も多い、とのことで、心に響くものもあったのかも。

皆さん真剣に番組と向き合い、感想をくれて、うれしく思いました。

 

当日の授業では、ディレクターがどのような思いで取材したかや、アナウンサーの仕事やNHKの仕事の楽しさ(つらさも・・・?)などを、お話しさせていただきました。

blog230704-2.jpg

番組を活用した授業におじゃましたのは、今回で2回目です。

見てもらう番組や、授業の進め方などによって、生徒の反応も様々。

中高生の素直な意見が、非常に刺激になりました。

今後も色々な形で、生徒のみなさんに番組を見てもらえる機会が増えればうれしいです。

 

<おまけ>
学内のミュージアムも見させていただきました。貴重な展示物の数々に、ただただ驚き。こんな環境で日々学べるって素敵です!

blog230704-3.jpg

 

※著作権法では、教師や生徒が授業で利用する目的で番組を録画し、授業で上映することは、権利者の許諾や権利処理の手続きは必要がないとされています(第35条。38条)


◆授業で視聴していただいた番組
ドキュメント4「にゅーいんさんが遺(のこ)したもの」
(2023年3月26日初回放送、総合)

「死んだあとってどうなると思います?」白血病のユーチューバー「にゅーいん」として活動していた高知市出身の竹内蔵之介さんが、去年9月、24歳で亡くなった。4年前から自身の闘病生活を発信。明るくユーモアあふれる動画は、白血病の当事者や家族から反響を集め、再生回数は37万回を超えている。亡くなる直前まで動画発信にこだわり続けた「にゅーいんさん」。彼が残したものを、家族や影響を受けた人のことばからたどる。


 

投稿時間:2023年07月04日 (火) 17:53 | 固定リンク


らしんばん&防災シンポ NHKプラスで!


9日(金)放送した「四国らしんばん」、

今年3月に亡くなった愛媛県出身のノーベル賞作家

大江健三郎さんについてお伝えしました。

book-nagai230614.png

大江さんが残したメッセージとは…

見逃した!という方、23日(金)午後7時56分まで

NHKプラスで配信、ぜひご覧ください!

>>四国らしんばん「大江健三郎が生きた“谷間の村”」

 

roudoku-nagai.png

(ワタクシ、番組では朗読を担当、その時の収録スタジオです)

 

そして、11日(日)放送したのが「愛媛防災シンポジウム」

kaijo-nagai.png

会場は5年前の西日本豪雨で被災した、西予市野村町の乙亥会館、

この場所で、水害から命を守るためには何が必要か、話し合いました。

見逃した!という方、25日(日)午後1時48分まで

NHKプラスで配信、ぜひご覧ください!

>>NHKプラス「第7回愛媛防災シンポジウム「西日本豪雨5年 水害から命を守る」」

kaishimae-nagai.png

(シンポジウム始まる前の様子です)

投稿時間:2023年06月14日 (水) 15:11 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

リンク

ブログリンク

アナウンサー・キャスター・スタッフ


RSS