岡田留美

10月3日(水)放送後


今回のゲストはフードトレンドクリエーターのやのくにこさん、愛媛県生涯学習センター学芸員の冨吉将平さんでした。

madonna_181003-1.jpg

やのさんが紹介してくれたレシピは「しその実のつくだ煮」でした。
ご飯のおともにぜひ覚えておきたい一品ですね。レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

madonna_181003-2.jpg

そして注目の食材として紹介したのが「スプラウト」。
発芽したばかりの新芽のことで、こうした栽培キットもあるんだそうです。
この状態が発芽して3日目。サラダにしたり炒めたりして食べるといいそうですよ。

冨吉さんのお話は、幕末から明治にかけて活躍した、天衣無縫な書で知られる三輪田米山(みわだ・べいざん)について。
米山の故郷、松山周辺には各地に米山の書や、米山の書が刻まれた注連石(しめいし)や神名石(しんめいせき)が残っています。
そういた場所を巡りながら、米山の作品を鑑賞するのもいいかもしれませんね。

投稿時間:2018年10月04日 (木) 14:17 | 固定リンク


10月2日(火)放送後


デザイナーの市毛友一郎さんと、愛媛県クリーニング業生活衛生同業組合の清本有策さんをゲストに迎えてお送りしました。

madonna_181002-1.jpg

東京都出身の市毛さんは、世界中を旅したことをきっかけに地方への移住に興味を持ち、ことし5月からは内子町で暮らしています。
そしてデザイナーとして仕事をする一方で、奥様と3歳の息子さんと3人で、フリーマガジン「とんとん」を作っています。

madonna_181002-2.jpg

写真は「とんとん」と、市毛さんが手掛けた松野町や内子町の観光パンフレット。
温かみのあるデザインのとんとんも、洗練されたデザインのパンフレットもどちらも素敵で、持ち帰って手元に置いておきたくなります。

「とんとん」制作秘話や、移住してからの暮らしについてなど、市毛さんのインタビューは10月15日(月)放送の「ひめポン!」でも紹介する予定です。
こちらもぜひご覧くださいませ。

そして、清本さんには夏服をしまう際のポイントを教えて頂きました。
首元や脇など汚れが付きやすい部分は、洗剤を付けてしばらく置いておき、
それからいつも通り洗濯するだけで黄ばみの防止につながるそうです。
ぜひ衣替えの際の参考になさって下さい♪

投稿時間:2018年10月03日 (水) 10:11 | 固定リンク


10月1日(月)放送後


俳人の神野紗希さん、イタリア料理の宮川圭輔さんを迎えてお送りしました。

madonna_181001-1.jpg

神野さんとお送りしている「ラジオ句会」のコーナー、今回のテーマは「秋祭」でした。
神野さんが選んだ最も良かった俳句は、毎回、板倉アナウンサーがスタジオで生で読んで発表しています。

madonna_181001-2.jpg

宮川さんには、秋の味覚「栗」を使った野菜たっぷりの「食べるスープ」と「栗のポタージュ」を教えて頂きました。栗はじゃがいもやさつまいものように使うといいそうです。

宮川さんは宇和島出身で、宇和島の秋祭といえば鹿の面を付けて踊る「鹿踊り」が有名ですが、鹿踊りに参加できるのは長男だけで、次男の宮川さんは踊れなかったとか。その話を聞いていた神野さんが一句。

踊れない次男と栗のポタージュと  神野紗希

鹿踊りは出来なかったけど、美味しい栗のポタージュを作っている宮川さんの秋です。
神野さんに俳句をメモしてもらって大事に持ち帰っていました!宮川さん嬉しそうです。

madonna_181001-3.jpg

さて、皆さん今回もたくさんの俳句の投稿ありがとうございました。
今回の特選句と最も良かった一句を紹介します。
■特選句

新婚も金婚もゐて秋祭      国代鶏侍(兵庫県川西市)
緑青の十円玉や秋祭       城(愛媛県宇和島市)
朝獲れの白子をこぼし浦祭    幾山路
ねぎらひのやうな日差しや秋祭  平林檸檬(山口県宇部市)
沢筋を声より来る秋神輿     抹茶金魚

■最も良かった一句

老木にさらり夕風秋祭    みやこわすれ(愛知県名古屋市)

次回の「ラジオ句会」は11月5日(月)、テーマは「胡桃(くるみ)」です。
皆さんからの投稿お待ちしています!

投稿時間:2018年10月02日 (火) 16:21 | 固定リンク


9月27日(木)放送後


音楽プロモーターの門屋奈緒さんを迎えて、「まどんなSONGS」のコーナーをお送りしました。

madonna_180927-1.jpg

今回のテーマは「月」ということで、オードリー・ヘップバーンが歌う「ムーン・リバー」からスタートしました。
映画「ティファニーで朝食を」の中でオードリーが故郷を思って歌った曲です。
どこか切なさを感じる月夜に静かに聞きたくなる曲ですね。

ご紹介した曲のラインナップはこちらです。

オリジナルラブ「♪月の裏で会いましょう」
スピッツ「♪ルナルナ」
moomoon(ムームーン)「♪Sunshine」
ザ・チェッカーズ「♪Blue Moon Stone」
DALI「♪ムーンライト伝説」
フランク・シナトラ「♪ムーンライト・セレナーデ」
スガシカオ「♪黄金の月」

次回の「まどんなSONGS」は、11月8日(木)にお送りする予定です。
曲のテーマのリクエストもお待ちしています♪

投稿時間:2018年10月01日 (月) 16:43 | 固定リンク


9月26日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、
愛媛県警察本部 交通企画課の岡利彦さんとお送りしました。

madonna_180926-1.jpg

やのさんに教えて頂いたのは簡単に作れるスイートポテト!
オーブントースターでスイートポテトが出来ちゃうんです。
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

そして、9月21日から30日まで「秋の全国交通安全運動」が行われているということで、岡さんにこの時期の注意点などについて教えて頂きました。
愛媛県はチャイルドシートの着用率が全国ワースト1位という残念なデータもありました。
日が暮れるのが早くなりましたので、ドライバーは早めのライト点灯を心がけるとともに、歩行者や自転車は反射材を活用するなどして、自分の身を守るようにして下さいね。

投稿時間:2018年09月27日 (木) 13:46 | 固定リンク


9月25日(火)放送後


鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さんと、管理栄養士の宇佐亮子さんを迎えてお送りしました!

madonna_180925-1.jpg

鉄道見聞録のコーナー、今回のテーマは「鉄道グルメ」!
ということで、どつぼさんがスタジオに色々な鉄道グルメを用意してくれました。

JR松山駅の揚げたてじゃこ天に、高松駅の立ち食い寿司屋、観光列車「伊予灘ものがたり」の運行に合わせて伊予大洲駅や平野駅で販売されている大洲のご当地パンなどなど・・・。

語りつくせなかった「鉄道グルメ」は第2弾をお送りしようと思います!
鉄道見聞録、次回の放送は11月1日(木)の予定です。次回もどうぞお楽しみに♪

食のカレンダーのコーナーでは、宇佐さんに「新しょうが」について教えて頂きました。

madonna_180925-2.jpg

茶色が「根しょうが」、白色が「新しょうが」です。

種類は同じですが、根しょうがは土の中で長く育てて、収穫後に寝かせることで辛みが増すんだそうです。
路地物の新しょうがは今が旬なんですね。
体が温まる新しょうがを使ったスープのレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2018年09月26日 (水) 15:30 | 固定リンク


9月5日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんと、愛媛大学社会共創学部 准教授の羽鳥剛史さんを迎えてお送りしました。

madonna_180905-1.jpg

やのさんに教えて頂いたのは、旬のぶどうを使った「セビーチェ」です。
セビーチェとは南米の料理で魚介と野菜のマリネのこと。
ぶどうと魚介の組み合わせが新鮮でとてもおいしい一品でした!
レシピはこちらからご覧ください。
>>レシピはこちら

そして、7月の西日本豪雨から2か月となりますが、「安心ほっトーク」のコーナーでは、被災地の現状や、復興に向けた課題などについて羽鳥さんに教えて頂きました。
被災地ではまだまだボランティアの力が必要ということや、不自由な生活が続く中で「心のケア」も大切だということなどをご紹介しました。
また、台風の多い時期でもありますので、身近に危険な場所がないかもう一度確認するなどして、災害にしっかり備えるようにして下さいね。

投稿時間:2018年09月06日 (木) 16:05 | 固定リンク


9月3日(月)放送後


俳人の神野紗希さんと、道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんを迎えてお送りしました。

madonna_180903-1.jpg

今回の「ラジオ句会」のテーマ「梨」にちなんで、久保田さんが「なしおろし酢あえ」の作り方を教えて下さいました。

レシピはこちらからご覧ください。
>>レシピはこちら

季節感のある盛り付けには色彩が大事ということで、食材はもちろん器の色も工夫するといいんですね。
「なしおろし酢あえは黒い器で・・・」という久保田さんのお話を受けて、神野さんがこんな一句を詠んで下さいました。

美濃焼や梨をおろして海老和えて  神野紗希

久保田さんと神野さんの素敵なコラボです♪
俳句を送って下さったみなさん、ぜひ久保田さんの料理にも挑戦してみて下さいね。

それでは、今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句をご紹介します。

■特選句(投稿順)

ざくざくと水削るごと梨を剥く    砂山恵子(愛媛県)
梨もぐや天のランプをもぐように   じゃすみん(新潟県新発田市)
洋梨のドルチェしつとりオペラの夜  幾山路
夕風とサナトリュームの有の実と   望生(大阪府堺市)
買つてきたレコードが鳴る梨を剥く  トオイダイスケ(東京都)

■最も良かった1句

梨山の隅に盲導犬の墓   道後のミスター菊池(愛媛県松山市)

今回もたくさんの投稿ありがとうございました。
次回の「ラジオ句会」は10月1日(月)の予定です。
皆さんから募集する俳句のテーマは「秋祭」です。

松山の秋祭は、みこし同士を激しくぶつけ合う道後の「鉢合わせ」が有名ですが、全国各地のお祭りはどんな雰囲気なのでしょうか。

皆さんからの投稿を楽しみにしています♪

投稿時間:2018年09月05日 (水) 14:56 | 固定リンク


8月30日(木)放送後


今回のゲストは、「坂の上の雲ミュージアム」学芸員の德永佳世さんと、松山大学 学生地域創造研究所Muse事務局長の菊池友孝さんでした。

madonna_180830-1.jpg

德永さんにご紹介いただいた、第12回企画展「明治青年 秋山真之」は、松山市の坂の上の雲ミュージアムで、来年2月17日(日)まで開催されています。
初公開の貴重な資料もたくさん展示されるということですので、ぜひご覧になってみて下さいね。

そして、菊池さんたち、松山大学の「Muse」の皆さんの地域活性化の取り組みについてもご紹介しました。
若者たちのアイデアで、これからも愛媛の魅力を発掘&発信していってほしいですね。

菊池さんが関わっているハロウィーンの催しは、10月28日(日)に松山市の番町公民館で行われるそうです。
「ハロウィーン×お化け屋敷」というアイデアがどう形になるのか楽しみです。

投稿時間:2018年09月04日 (火) 15:44 | 固定リンク


8月29日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、「えひめこどもの城」の上木秀美さんを迎えてお送りしました。

madonna_180829-1.jpg

厳しい残暑が続いていますが、秋の味覚が旬を迎えているということで、「いちじく」を使ったサンドイッチを教えて頂きました。

madonna_180829-2.jpg

野菜がたっぷり食べられるレシピです♪

作り方はこちらをご覧ください。

>>レシピはこちら

上木さんには、この夏に行われた被災地支援の取り組みについてお話して頂きました。

「えひめこどもの城」に、西日本豪雨の被害を受けた地域の子どもたちを招待するというもので、230人を超える子どもたちが参加したそうです。

2学期がすでにスタートしている学校もありますが、様々な環境の変化で子どもたちがストレスをため込んでいないか、周りの大人たちが気を付けてあげたいですね。

投稿時間:2018年08月30日 (木) 15:46 | 固定リンク


ページの一番上へ▲