11月5日(火)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さん、写真整理アドバイザーの三好祥子さんとお送りしました。

最も良かった俳句の発表は掛川アナウンサーでした。

madonna_191105.jpg

今回の「ラジオ句会」は、秋の季語「夜長」がテーマ。
みなさんの様々な夜長の過ごし方が詠まれていましたね。想像を膨らませながら楽しませて頂きました! 

 

それでは今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

 

■特選句

点訳に疲れ夜長の紅茶飲む        道後ミスター菊池(愛媛県松山市)

パンケーキ崩す夜長の木のスプーン   あおい月影(山梨県上野原市)

星を見る象のまつ毛の夜長かな     みやこわすれ(愛知県名古屋市)

寂しさに喰ふや女の夜長し       みなと(北海道留萌市)

長き夜の塗り絵のミュシャの金の髪   樫の木(大分県由布市)

 

■最も良かった一句

アイロンは小舟夜長をすべりゆく    しーちゃん(埼玉県さいたま市)

 

リスナーの皆様、今回もたくさんの投稿ありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は12月2日(月)の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「手袋(てぶくろ)」。投稿お待ちしています!

>>俳句の投稿はこちらから

投稿時間:2019年11月07日 (木) 15時25分


ページの一番上へ▲