3月4日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんを迎えて「ラジオ句会」をお送りしました!

madonna_190304.jpg

今回の俳句のテーマは「蝶」です。

同じ蝶でも、「初蝶」で詠むのか「蝶の昼」で詠むのか、また、黒い蝶なのか白い蝶なのかでも全くイメージが違う俳句になっていて、蝶という言葉が持つ表現の力を皆さんの俳句から学ばせて頂きました。

 

では今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。

■特選句

つまむ手は涙のかたち胡蝶かな   ゆすらご(愛媛県伊予郡松前町)
風静か鍵穴塞ぐ蝶々かな      アレックス(愛媛県松山市)
股のぞきして観る蝶や風の坂    椋本望生(大阪府堺市)
蝶眠る夜のスーパームーンかな   村上瑠璃甫(大阪府大阪市)
隣人のごとく寄りくる蝶も死も   樫の木(大分県由布市)

 

■最も良かった一句 

日輪へ初蝶は風を待たない     しーちゃん(埼玉県さいたま市)

 

今回、初投稿の方も多くて嬉しかったです。たくさんの投稿ありがとうございました!

次回の「ラジオ句会」は4月1日(月)放送予定で、募集する俳句のテーマは「桜」です。皆さんがどんな桜を咲かせてくれるのか楽しみにしています♪

 

投稿時間:2019年03月07日 (木) 15時21分


ページの一番上へ▲