2月19日(火)放送後


内子町在住のデザイナー、市毛友一郎さん、写真整理アドバイザーの三好祥子さんとお送りしました!

madonna_190219-1.jpg

市毛さんの今回の話題は、内子町で古くから作られている「大洲和紙」について。

江戸時代、大洲藩の主要産業のひとつだった和紙作り。
その生産の中心となった場所が内子町だったので、内子町で作っているけど「大洲和紙」なんですね。

岡山県から内子町に移住し、和紙工場で働きながら、和紙を使った様々な雑貨を扱うお店を開いている渡邉真弓さんにも電話で出演して頂きました。
今度ぜひお店にお邪魔してみたいです!

5月には内子町で紙と本をテーマにイベントを計画中だという市毛さん。
ぜひ大洲和紙の魅力に触れに出かけてみて下さい♪

そして三好さんには「我が家のアルバム作り」について教えて頂きました。
三好さんが手に持っているのは、保育士をしていた三好さんのお母様が作ったアルバムだそうです。
皆さんも家族の思い出が詰まった素敵なアルバムを作って下さいね。

投稿時間:2019年02月22日 (金) 11時13分


ページの一番上へ▲