12月3日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんを迎えてお送りしている「ラジオ句会」。

madonna_181203-1.jpg

今回のテーマは、冬の季語「蒲団」でした!

毎日の生活に欠かせない蒲団の俳句を通して、皆さんのご家族とのエピソードや思い出が伝わり、心が温まるラジオ句会でした。

それでは特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句をご紹介します♪

■特選句

おむかひの奥さん蒲団叩く叩く  直木葉子(東京都府中市)

蒲団から覗く星座や旅の宿    みやこわすれ(愛知県名古屋市)

羽毛布団金婚式に届きけり    道後ミスター菊池(愛媛県松山市)

北国の小さき青空蒲団干す    じゃすみん(新潟県新発田市)

蒲団の中の「十五少年漂流記」  国代鶏侍(兵庫県川西市)

■最も良かった一句

石鎚山(いしづち)の見えたる街や蒲団干す  砂山恵子(愛媛県西条市)

年内は最後の「ラジオ句会」でした。今回もたくさんの投稿ありがとうございました!
次回は、新年1月7日(月)放送の予定です。
皆さんから募集する俳句のテーマは「雑煮」。お正月に味わいながら詠んでみて下さいね。

投稿時間:2018年12月05日 (水) 13時02分


ページの一番上へ▲