岡田留美: 2019年10月24日

10月23日(水)放送後


前半は、ジャパンハーブソサエティ―愛媛支部長の井上泉さんに秋におすすめのハーブを紹介して頂きました。

madonna_191023-4.jpg

井上さんのおすすめは、ローズゼラニウムというとても香りのいいハーブです。

愛媛ではこの時期から栽培を始めるのにもぴったりで、ハーブティーにしたり、クッキーやパウンドケーキなどのお菓子に使ったり、色んな楽しみ方があるそうです。

井上さんが教えて下さったお菓子のレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

お菓子にしても香りの良さがアクセントになってとてもおいしかったです!

 madonna_191023-5.jpg

後半は、松山市公設水産地方卸売市場の濱田康二郎さんに、この時期に獲れる「紅葉鯛」について教えて頂きました。
春は「桜鯛」、秋は「紅葉鯛」と呼ばれますが、秋の鯛は脂がのってとてもおいしいそうです。

濱田さんが紹介して下さったのは、電子レンジを使って簡単にできるレシピです。
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

そして、今度の土曜日10月26日に、松山市水産市場では、三津の朝市「旬・鮮・味まつり」が開催されます。
今回のテーマは「鯛づくし」ということで、鯛を使った様々な料理の試食などもあるそうです。
時間は午前9時から正午まで。

人気のイベントですので、ぜひ皆さんも訪れてみて下さいね。

 

 

投稿時間:2019年10月24日 (木) 15:56 | 固定リンク


10月21日(月)放送後


前半は、NPO法人えひめグローバルネットワーク代表の竹内よし子さんを迎えてお送りしました。

madonna_191021-1.jpg

長く内戦が続いたアフリカ南東部の国、モザンビークで、様々な支援活動を行ってきた竹内さん。
この度、JICA(国際協力機構)の理事長賞を受賞されました!
竹内さんによると、国際協力の活動は継続していくことが大事で、約20年に渡る活動が評価されたのではということです。

竹内さんたちの活動によるつながりもあり、来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、モザンビークの選手団の強化合宿が愛媛で行われています。
そして、11月3日(日)には選手団との交流会が松山市で開催されます。
竹内さんがモザンビークで栽培を進めている「モリンガ」を使ったお菓子の試食も予定しているということです。
オリンピック・パラリンピックを目指す選手たちと交流できる貴重な機会となりそうです。

madonna_191021-2.jpg

後半は「まどんなゴハン」のコーナー。
伊予市のイタリア料理店店主、宮川圭輔さんにイチジクの様々な食べ方を教えて頂きました。
デザートやサラダはもちろん、チーズとの相性もいいということでリゾットにしてもおいしいんだそうです。ぜひ試してみて下さいね!

投稿時間:2019年10月24日 (木) 15:54 | 固定リンク


ページの一番上へ▲