岡田留美: 2018年4月18日

4月17日(火)放送後


愛媛県内で花店を経営し、フラワーアレンジメントの講師も務める越智久美子さんと、愛媛県立衛生環境研究所、所長の四宮博人さんを迎えてお送りしました。

madonna_180417_01.jpg

こちらは越智さんが紹介して下さった「ポタジェガーデン」というスタイルの寄せ植えです。「ポタジェ」とはフランス語で「混ぜ合わせる」という意味で、「ポタジェガーデン」は、この鉢のように、トマトやパセリ、マリーゴールドなど、花と野菜とハーブを上手に組み合わせて楽しみます。

madonna_180417_02.jpg

こちらは「母の日」の贈り物として最近人気だという「ハーバリウム」と「ソープフラワー」です。飾りやすくて、長く楽しめるということから人気が高まっているそうです。

madonna_180417_03.jpg

madonna_180417_04.jpg

そして、外で活動する際に注意が必要なのが「マダニによる感染症」です。

注意点や対策について、四宮さんに分かりやすく教えて頂きました。山や畑など野外で活動する際は、「ディート(DEET)」という成分を含む防虫スプレーを使ったり、長袖や長ズボンを着用したりして、しっかり対策するようにして下さいね。

マダニによる感染症は、5月が最も発症が多いそうです。皆さん、十分気を付けましょう!

 

投稿時間:2018年04月18日 (水) 15:37 | 固定リンク


4月16日(月)放送後


松山市考古館の名物館長、梅木謙一さんと愛媛大学社会共創学部、准教授の羽鳥剛史さんを迎えてお送りしました。

madonna_180416_01.jpg

「古代のロマンを感じよう!」のコーナー、今回のテーマは「古墳」。ということで、梅木さんは古墳時代の人をイメージした衣装で登場です。いつも楽しく分かりやすく考古学を教えて下さる梅木さん。毎回、衣装選びも工夫して下さっているのです!

オススメの古墳ということで梅木さんが紹介してくれたのは、公園として整備されていて見学もできる松山市の葉佐池(はざいけ)古墳。

madonna_180416_02.jpg

地元の「葉佐池くらぶ」の皆さんが清掃やガイドを行っているそうです。(※古墳の石室の見学は土日祝のみ)写真は「葉佐池くらぶ」の宮内敬三さんと坂本千都子さん。5月3日は古墳の近くで「レンゲソウまつり」が開かれるそうですよ。

 madonna_180416_03.jpg

そして、羽鳥さんには、まちづくりの担い手を育てようという取り組みについてご紹介頂きました。松山には、地域のために何かやってみたいという熱意のある方が大勢いるんですね。そうした人たちのアイデアや思いを形に出来る場が、羽鳥さんたちが取り組んでいる「アーバンデザインスクール」です。

興味のある方は、羽鳥さんが副センター長を務める「松山アーバンデザインセンター」のホームページなどをご覧下さい。

 

投稿時間:2018年04月18日 (水) 15:10 | 固定リンク


ページの一番上へ▲