アナウンサー・キャスターブログ

9月10日(木)放送後


松山市出身の写真家、松本紀生さんを迎えてお送りしました。

madonna_200910.jpg

アラスカと日本を行き来しながら写真を撮り始めて20年以上になる松本さんですが、ことしは新型コロナウイルスの影響で、初めてアラスカに渡ることが出来ない夏を過ごしたそうです。

 

過酷なキャンプに備えてトレーニングをしたり、アラスカの自然のすばらしさを伝えるフォトライブの映像を編集したり、今できることをやりながら、次のキャンプに向けて気持ちを高めているという松本さん。アラスカを撮ることへの情熱があらためて伝わってきました。

 

そして後半は、「うっちゃりトーク」のコーナー。

愛媛県松前町出身の元関取で、若者頭の伊予櫻さんとお送りしました。

madonna_200910-1.jpg

なんと・・・伊予櫻さんが同じ高砂部屋の大関・朝乃山関の色紙を送ってくださいました!

大切にスタジオに飾らせていただきます。大きな手形が迫力ありますね・・・!

 

伊予櫻さんは、9月24日(木)BS1で午後1時から向正面の解説を担当されます。

伊予櫻さんの解説をテレビでもお楽しみくださいね。

投稿時間:2020年09月17日 (木) 15:00 | 固定リンク


企画・出演:吹奏楽部の皆さんを応援。


遅ればせながら、こちらの話題。

 

 

今年5月、

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

全日本吹奏楽コンクールの中止が決まりました。

 

全国の吹奏楽部の皆さんは、

大きな悔しさを感じたことと思いますm(_ _)m

 

 

私も毎年取り組んでいた吹奏楽コンクール。

コンクールは吹奏楽部にとって大イベントです。

 

中学・高校合わせると

4000校ほどのエントリーがあるなかで、

全国大会に出場できるのは60校程度。

 

狭き門をこじ開けるために、

私の部活では

夜12時まで練習することもあったと記憶します。

 

 

コンクールが本格化するのは夏。

7月ごろから予選が始まり、

地区大会、それを通過すると8月の府県大会へ。

 

そして、各地域の代表が参加する支部大会に進みます。

(四国なら四国大会、東北なら東北大会・・・といったように。)

 

この3つの大会を通過して初めて、

全国大会の門をくぐることができるのです。

 

 

だからこそ、コンクール会場は熱気に包まれます。

 

特に表彰式は、喜びの叫び声、悲しみの声が響き・・・

泥臭い、まさに甲子園のグラウンドのようです。

 

 

そんな、吹奏楽部にとって大切な大会がなくなりましたが、

それでも知恵を絞ってトライした高校生が愛媛にいます!

 

休校中にちょっとしたブームになった、リモート演奏♪

caster_oumi200908-1.jpg

練習はどうやった?

動画はどうやって撮った?

編集のやり方は?・・・

 

など、

 

元吹奏楽部の名にかけて!

企画・取材し、

7月に「ひめポン!」で放送しました★

caster_oumi200908-2.jpg

5分ほどの短い動画です。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/himepon/movie/movie_200701-3.html

 

(↓取材の様子)

caster_oumi200908-3.jpg

是非ご覧ください!

投稿時間:2020年09月08日 (火) 11:55 | 固定リンク


9月3日(木)放送後


「まどんなSONGS」のコーナー、松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんとお送りしました。

madonna_200903.jpg

今回は「セミSONG」特集でした!

あんなに賑やかだったセミの声もそろそろ聞き納めですね。

過ぎゆく夏を惜しみながら、セミSONGをお楽しみいただけたでしょうか?

 

今回ご紹介した曲はこちらです。

(1)カノエラナ「♪セミ」

(2)斉藤和義「♪蝉」

(3)浜端ヨウヘイ「♪もうすぐ夏が終わる」

(4)つるの剛士「♪セミ♂ロック」

(5)Cicadas(シケイダス)「♪ボーシツクツク」

(6)角松敏生「♪夜の蝉」

 

 

「ほんバナ!」のコーナーでは、松山市で本屋を開いている越智政尚さんに、コロナ禍に誕生した本を紹介していただきました。

 

今の世の中の空気感を表した寓話やエッセイなど、本に関わる人たちがこの状況をどう受け止めているのか。今、読んでおきたい本ばかりです。

madonna_200903-1.jpg

右の一冊「スミダヒロミ詩画集 つるさんはまるまるむし」は、越智さんのお店で開かれる

イベントにちなんだ本。スミダヒロミさんは松山市在住の版画家で、刊行記念展が9月19日まで開かれています。

会場は松山市の「本の轍(わだち)」。期間中の水曜、日曜はお休みです。

投稿時間:2020年09月04日 (金) 12:30 | 固定リンク


9月2日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんを迎えてお送りしました。

madonna_200902.jpg

今回は、松山市の花園町通りで開かれている産直市をご紹介しました!

 

産直市でやのさんと私が購入した食材がこちら。

(写真にはありませんがタコも買いました)

madonna_yokoku200902-08.jpg

この食材を使って、やのさんがお昼ごはんのメニューを考えてくれました。

山形の郷土料理「夏野菜のだし」と、「タコと叩きキュウリのチリソース和え」です。

madonna_200902-2.jpg

まだまだ暑い日が続いていますが、さっぱりしていて食べやすく、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなのもいいですね。レシピはこちらからご覧下さい。

>>「夏野菜のだし」と「タコと叩きキュウリのチリソース和え」のレシピ

 

松山市花園町通りの産直市は、毎週土曜日、午前9時から午後2時まで開かれています。

早い時間に訪れるのがおすすめですよー!

投稿時間:2020年09月03日 (木) 18:00 | 固定リンク


8月31日(月)放送


「しずむ夕日が立ちどまるまち」というキャッチフレーズとともに、全国的な夕日の名所として知られるようになった伊予市双海町。

その夕日でまちづくりを行った仕掛人、若松進一さんにお話を聞きました。

madonna_200831.jpg

今ではすっかり人気のイベントとなった、JR下灘駅で行われている「夕やけプラットホームコンサート」も若松さんが中心となって始めたものだそうです。

若松さんのアイデアと行動力に驚きましたね。

 

今年で35回目を迎える「夕やけプラットホームコンサート」。

ことしは9月5日(土)に無観客で開催され、その様子をインターネットでライブ配信するそうです。この日も素敵な夕焼けが見られますように・・・!

投稿時間:2020年09月03日 (木) 18:00 | 固定リンク


9月2日(水)放送「松山市・花園町通り産直市」


松山市の花園町通りで毎週土曜日に開かれている産直市をやのさんと取材してきました。

9月2日の「ラジオまどんな」では、その様子をご紹介します。

madonna_yokoku200902-01.jpg

こちらは松山市の平林農園さん。

こんな感じのお店が4~8店舗通りに並びます。

madonna_yokoku200902-02.jpg

お買い物をしながらのお店の皆さんとの会話が楽しいんです!

おすすめの食べ方など色々教えてくれますよ~!

madonna_yokoku200902-04.jpg

こちらは東温市の廣川農園さん。珍しい野菜を生産している生産者さんです。

madonna_yokoku200902-03.jpg

代表の廣川慎太朗さんは東京出身。元料理人で農業をするために愛媛に来たそうです。

madonna_yokoku200902-05.jpg

madonna_yokoku200902-06.jpg

色んな唐辛子にそれを使ったチリソース、この日はビーツも販売していました。

madonna_yokoku200902-07.jpg

今回、私とやのさんが購入した食材がこちら!

madonna_yokoku200902-08.jpg

この食材を使って何を作ったのか・・・ぜひ放送をお聞き下さい♪

レシピは放送後にご紹介します。

投稿時間:2020年09月02日 (水) 15:00 | 固定リンク


8月27日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました。

madonna_200827.jpg

厳しい残暑が続いていますね。

暑さで食欲がないという皆さんに、宇佐さんが夏バテ解消レシピを教えてくれました。

 

豚肉、ネバネバ野菜、梅干を使った栄養たっぷりで食欲がなくても食べやすい一品です。

レシピはこちらからご覧ください。

>>豚肉とネバネバ野菜の梅肉あえのレシピ

 

やはりバランスよく食べることが大事ということで、同じメニューばかりにならないように気を付けましょう!

投稿時間:2020年09月01日 (火) 13:20 | 固定リンク


8月24日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回は「俳句甲子園スペシャル」でした。

高校生たちの生の声も聞けて、とても楽しい放送になりました!

 

そして、リスナーの皆さんにも、俳句甲子園の全国大会と同じ兼題「朝」で俳句を詠んで頂きました。俳句甲子園と同様にハイレベルな句会でした・・・!

madonna_200824.jpg

今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

 

■特選句 

蘭鋳(らんちゅう)に餌遣(や)る今朝の仮眠室  平林檸檬(山口県宇部市)
朝っぱら犬が咥えて来る蝮(まむし)       川越のしょび(埼玉県川越市)
蒼白き八月の朝折り鶴は             みやこわすれ(愛知県名古屋市)
朝涼や申し送りに缶珈琲              じゃすみん(新潟県新発田市)
秋立つ日助走のやうな朝の雨           砂山恵子(愛媛県西条市)

 

■最も良かった一句

朝食はパン派ラ・フランスも供へ    松田夜市(愛媛県伊予郡松前町)

 

今回もたくさんの投稿ありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は9月7日(月)放送の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「芒(すすき)」。次回もどうぞお楽しみに!

投稿時間:2020年08月25日 (火) 15:30 | 固定リンク


8月6日(木)放送後


今治市のフリーライター、土井中照さんを迎えてお送りしました。

madonna_200806.jpg

 

今回は、今、話題のアマビエなど妖怪について土井中さんにお話ししていただきました。

 

疫病などで世の中が不安定になったり、変革期を迎えたりする時には、こうした信仰で心を落ち着かせようとしてきた歴史が日本にはあるんですね。

 

また、新型コロナウイルスの影響で、各地でお祭りが中止になったこの夏。

「その代わりに、ご先祖様に祈りを捧げては?」という話が土井中さんからありました。

喪失感を抱いている人や、不安な気持ちで過ごしている方は、ゆっくりお墓参りに訪れてみるのもいいかもしれませんね。

投稿時間:2020年08月11日 (火) 14:55 | 固定リンク


8月5日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんを迎えてお送りしました。

 madonna_200805.jpg

今が旬のすももを使った「すももサラダ」のレシピをご紹介しました。

彩りも良くとてもおいしそうです。レシピはこちらからご覧下さい。

>すももサラダのレシピ

madonna_recipe200805.jpg

 

また、暑くて食欲がない日にぴったりのお酢を使った料理についてもお伝えしました。

やのさんのおすすめは「たことおくらの酢の物」。疲れた体にもいいそうですよ。

 

お刺身用のたこ、きゅうりを薄切りにして、おくらはさっとゆでて小口切り。

お酢小さじ1とだし醤油小さじ1を入れ混ぜると完成です。

甘いのが好きな方はお砂糖を加えてもいいそうです。

 

しっかり栄養をとって暑さに負けないようにしましょう!

投稿時間:2020年08月11日 (火) 14:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲