NHK松江放送局トップページ

2009年10月26日

三上 弥

やっぱり島根は〝ほっと〟でした! 永井伸一

nagai5.jpg10月26日(月)の「生活ほっとモーニング」の放送後、

永井アナからコメントが届きました。

 

☆   ☆   ☆

 

久々に島根・松江の空気を吸って、楽しいひとときを過ごすことができました。

こんな私に何が話せるのかなと思ってましたが、

迎えてくださった皆さんの温かさが、永井を後押ししてくれました。

本当にありがとうございます。

 

東京に戻り、再び「生活ほっとモーニング」の放送を担当してますが、

なんだか島根から戻ってきて、とても幸せな気分です。

そんな気分にさせてくれるのが島根なんだなあと、

本当に素晴らしいところに赴任していたなぁと、しみじみ実感しています。

 

これからも時折、ぶらりと島根で登場するかもしれません。

そんな折には、是非声をかけてやってください。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

皆さまもお身体には気をつけてくださいね。

 

永井伸一
 

☆   ☆   ☆

写真 講演会「島根が今でも〝ほっと〟です」
    2009年10月23日(土)午後1時45分

撮影 平野和恵 NHK松江放送局企画総務専任主管

 

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:16:24 | カテゴリ:三上 弥 |

三上 弥

記念講演会「島根が今でも〝ほっと〟です」

nagai2.jpg今年は、NHK松江放送局がテレビ放送を始めてから50年です。
これを記念して、10月24日(土)、永井伸一アナウンサーの講演会が開かれました。
演題は、「島根が今でも〝ほっと〟です~生活ほっとモーニングキャスターとして~」。
永井アナと相談して決めました。

なぜ永井アナなのか。
現在「生活ほっとモーニング」のキャスターを務めている永井アナは、
平成9年夏から4年間、松江放送局に勤務していた経験があります。
島根県向けの夕方のニュースや番組を数多く担当していたことが、
今回来訪した背景にあります。

講演会の会場で、筆者は正面下手(しもて)で司会を務めていたので、
会場全体が見渡せました。
1時間半余りにわたる話の間、笑いが絶えませんでした。
演題通り「ほっと」なひとときになったと思います。

この講演会とは別に、永井アナは、松江放送局アナウンスの後輩たちのために、
研究会の講師を務めました。
タイトルは「今だから話せる松江放送局勤務時代~私は島根で何を学んだか~」。
島根県内で仕事をしたときの経験をもとに、後輩たちに数多くのヒントを与えました。

テレビ50年の公式行事を通じて接した池上彰さんも、永井アナも、若いときに、
ここ松江市灘町(なだまち)の宍道湖畔にある「NHK松江放送局」で仕事をしていました。
ま松江放送局で働いている後輩たちとは、
「一緒に前進しよう!」を合い言葉にして、前向きな姿勢で放送に臨んでいます。 


参考
生活ほっとモーニング  http://www.nhk.or.jp/hot/
NHK松江放送局テレビ放送開始50年 http://www.nhk.or.jp/matsue/matsue50y/ 

写真 ▼松江アナウンス研究会「今だから話せる松江放送局勤務時代」で
      熱弁をふるう永井伸一アナ
        ▼
ホワイトボードの「発進!」は、松江放送局勤務時代に担当していた
          番組タイトルの一部

撮影 三上 弥

 

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:10:47 | カテゴリ:三上 弥 |

ページの一番上へ▲