NHK松江放送局トップページ
堀江 清市

先生に朗読を教えました。

堀江清市です。

益田市の高津小学校で、10月末、先生に朗読を教ました。
この小学校の教頭先生は、算数が専門です。

ハンガリーのソロバン教育の取材・視察に行ったので、教育者としてどんなことが
知りたいか事前に話を聞かせてもらいました。
そうしたら「ハンガリーでどんなソロバン教育をしているのか知りたい。
ビデオを見せて欲しいし、話も聞かせて欲しい」と頼まれたのが縁で、
ついでに朗読も教えることになったのです。

 

先生方は、「読み・書き」を教えることはお手のものですが、
さらに国語を教える力を高めるために「朗読」を勉強したいという事でした。
 
先生たちには、職員室で教えました。
職員室と言うと先生に叱られる所というイメージが私にはありますが、
まさかその職員室で先生に朗読を教えるとはおもしろいめぐりあわせです。


先生に朗読を教えました

さすが、先生。ズバリ!うまいと思いました。
朗読は文章の内容をまず理解しなければ始まりませんが、
第1段階は合格です。
 
「月のいい晩でした」という表現がありました。
先生たちは様々な工夫をして朗読をしてくれました。
私は「ウーン!まだ雲がかかっていますね。雲の無い暗い空に
大きなお月様が浮かび、辺りをほのかに照れしている様に読んでください」等と、
私が無理な注文を出しながら朗読の勉強を進めました。

先生に朗読を教えました


次は「間」。「読み・書き」ではこの概念が無いですね。
いかにうまく間を取るかが朗読のポイントです。
 
その他、授業で声が疲れる、子供の声が小さい
どうしたらよいかと言う質問も受けました。
 「発声の仕方」については、ユニークで効果的な方法があるので、
その内このコーナーで紹介します。


 

投稿者:堀江 清市 | 投稿時間:11:33

ページの一番上へ▲