2019年06月06日 (木)放送部版!高校生たちの熱い甲子園「全国高校放送コンテスト」(前橋局スタッフ)


 

こんにちは。前橋放送局イベント担当のSです。

先日、「NHK杯全国高校放送コンテスト」群馬県大会が開かれました。
このコンテストは今回で66回を迎える歴史あるもので、まさに放送部版の甲子園!
県内16の高校の放送部員が、全国大会への出場を目指して競いました。

アナウンス・朗読部門では、審査員3名の前で自作の原稿や、指定作品から選んだ1編を読みあげます。もちろん原稿の内容や、作品のどの部分を抽出し表現したかといったことも、その人の人となりが表れる重要な点。そして張り詰めた空気の中、いかに“いつもの自分でいられるか”が試される場でした。
 番組部門には、テレビ・ラジオ部門があり、さらにそれぞれにドキュメントと創作ドラマ部門があります。ドラマの脚本制作を含めて、ネタ探し・構成・収録・編集など、作品完成までのすべての行程を自分たちで行います。わたしの記憶にある高校放送部って、昼休みの校内放送というイメージだったので、10分近くにおよぶ“番組”をつくれるなんて!放送局に勤める者ながら、感銘を受けました。

 コンテストですので入賞校=全国大会に進む学校を決めなければいけませんが、両部門とも審査員が決定に悩み、結果発表が予定より遅れたりもしました。今回NHK杯に参加くださった生徒のみなさん、本当にありがとうございました!そして7月末の全国大会への出場を果たしたみなさん、健闘を心よりお祈りいたします。
 また今後、「ほっとぐんま640」で今回の入賞作品を紹介するかもしれません。決まりましたらホームページでお知らせいたします。

 野球以外にも日本にはさまざまな“甲子園”がありますね。どんな部活動でも、高校生たちが青春をかける姿はやっぱり素敵です!

 

投稿者:前橋局スタッフ | 投稿時間:13:18

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 泉 浩司
  • 安川侑希
  • 落合慶子
  • 新村美里
  • 吉田一之
  • 栗原麻衣
  • 吉川明穂
  • 毎熊千遥
  • 菅原成美
  • 石井由貴

前橋放送局

  • 局長 平元 亨
  • 前橋局スタッフ

バックナンバー

新着記事


RSS