2019年03月27日 (水)ありがとうございました、マエストロ大友、そして柳田さん(井口 治彦局長)


 

群馬交響楽団の今シーズン最後の定期演奏会が、高崎で開かれました。音楽監督の大友直人さんの指揮、フランスを代表するバイオリニストのレジス・パスキエさんを迎えての演奏会で、曲目はベートーベンのバイオリン協奏曲とベルリオーズの幻想交響曲でした。

大友さんは6年間、群馬交響楽団の音楽監督を務めてこられましたが、今月いっぱいで退任されます。それもあってかいつも以上に音楽センターはいっぱいでした。幻想交響曲は5楽章ある1時間近い大曲ですが、群響も大友さんの棒に応えるように、最初から最後まで緊張感に満ちて、隙のない音楽を聴かせてくれました。オーケストラから発せられた最後の音がひとつになって、音楽センターの天井を突き抜けて、天に昇華していくような思いでした。

終演後のふれあいトークでは、ロビーから2階に通じる階段までファンでいっぱいで、大友さんがどれほど慕われているかがよくわかりました。大友さんの指揮で、ヴォーンウィリアムス、エルガーなど、イギリスの作曲家、また邦人の作品も多く聴くことができました。
群響にとっても、レパートリーが大きく広がったのではないかと思います。
6年間ありがとうございました、そしてまた高崎で振ってくださることを楽しみにしています。

またこの日で22年間活躍された、チェロ首席奏者の柳田耕治さんが退かれることになりました。昨年のブラームスのピアノ協奏曲第二番で奏でられたソロが今も忘れることができません。

長年チェロパートをリードした名手が抜け、音楽監督が去ります。新シーズンはミュージックアドバイザーとして、小林研一郎さんが就任されます。どんな演奏を聴かせてくれるのか、4月がとても楽しみです。

なお本日27日(水)午後4時からの「FMほっとアワー」は、大友直人さんと群響をテーマにお伝えします。大友さんのインタビューもあります。(聞き逃しサービスもあります※3月29日より1週間を予定)
どうかお聴きください。

20190327-1.JPG

20190327-2.JPG (写真提供 群馬交響楽団)

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:10:34

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 泉 浩司
  • 安川侑希
  • 落合慶子
  • 新村美里
  • 吉田一之
  • 栗原麻衣
  • 吉川明穂
  • 毎熊千遥
  • 菅原成美
  • 石井由貴

前橋放送局

  • 局長 平元 亨
  • 前橋局スタッフ

バックナンバー

新着記事


RSS