2018年07月31日 (火)高崎経済大学とポーランド(井口 治彦局長)


 

ジェンドブルイ! 先日高崎経済大学で、「アジアとヨーロッパの経済交流」と題したシンポジウムが開催され、ポーランドのヴロツワフ経済大学・副学長など3名と、学生や一般の方などおよそ60名が参加しました。ここに参加しました。この様子は、当日のNHKニュースほっとぐんま640でも紹介されましたので、ご覧になった方も多いかと思います。

 

参加者のひとり、ヴロツワフ経済大学のヤンコヴィアク准教授は、日本とポーランドの経済的な結びつきについて講演し、ポーランドへの海外投資の中で、日本の投資額が最も高いことや今後も二国間の経済関係は深まっていく、との見方を示しました。

 

高崎経済大学は国際学科を昨年新設し、国際関係にも力を入れています。そんな中で地元の企業の紹介で、ヴロツワフ経済大学と学術交流協定を締結しています。今回のシンポジウムはそうした交流の一環として、実現したものです。

 

ポーランドはつい最近サッカーW杯で対戦し話題となりましたが、日本との交流は幅広いものがあります。日本語学科を持っている大学もあり、日本に関心を持つ人は多いといわれています。高崎経済大学の村山元展(むらやま もとのぶ)学長は、“ポーランドは農村と都市の格差が問題となっており、農村をどう活性化していくかが課題となっている。高崎をはじめ日本全国で、市町村合併をしながら豊かになっていく仕組み、また地産地消など地域活性化のアイデアや経験を伝えながら、よい方法を模索できるのではないか”と話してくれました。

 

この秋に高崎経済大学の2名の学生がヴロツワフ経済大学に留学する予定です。高崎とポーランドは、2年後の東京五輪に向けての相互協力で提携しています。スポーツや学問といった分野で交流が進み、次世代を担う子供たちが、ポーランドを身近に感じるきっかけになるのではと、期待しています。

 

20180731.jpg 村山元展・高崎経済大学学長 

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:18:34

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2018年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 泉 浩司
  • 安川侑希
  • 落合慶子
  • 吉田一之
  • 武田涼花
  • 篠原佐和
  • 栗原麻衣
  • 吉川明穂

前橋放送局

  • 井口治彦 局長

バックナンバー

新着記事


RSS