井口治彦 局長

2019年02月27日 (水)赤城の山々(井口 治彦局長)


 

二週間ほど前になりますが、赤城大沼でワカサギ釣りをしました。今年は暖かい日が多かったのですが、大沼はしっかりと氷が張っていて、着いた頃にはすでに色とりどりのテントが氷上をにぎわせていました。赤城のワカサギ釣りは名物ということで、都内の観光バスも訪れるほどの人気のようです。有名な湖畔の旅館で一通りのノウハウを学び、道具をもって、いざ氷上へ!

天気も良く空の青さと、残雪の山並み、そして氷上の銀世界と、見事な色のコントラストでした。幸い風もなく、氷上で時を過ごすことができました。澄み切った空気のもと、これだけの自然の恵みを享受できることは、本当に素晴らしいことだとあらためて感じ入りました。で、釣果はというと・・まあやめておきます。(同じ日に挑んだ某キャスター女史は30匹以上を釣ったようです)

赤城のことを調べていると、志賀直哉、与謝野晶子といった作家たちがこの地を愛し作品を残していることを知りました。土屋記念文明記念館で編集された「あゝこれ山、赤城文学紀行」や「群馬を舞台にした小説」などを読んでいると、毎日見ている赤城の山々からまた違った魅力が伝わってきます。

黒檜山、駒ケ岳、鈴が岳、長七郎山、地蔵岳といった山々には、週末ともなると多くの登山愛好者が訪れています。群馬に来るまでは、雪山というと「ただ怖い」という先入観を持っていましたが、赤城連峰からは怖さはあまり感じることはありません。季節を問わず、裾野の長さや峰の美しさ、大沼や小沼、そして覚満淵といった水の恵みが調和して、人を包み込むような雄大さを感じています。

歴史を育んだ赤城の山々に感謝しながら、春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。

 

 20190227-1.JPG

20190227-2.JPG

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:16:55 | 固定リンク

2019年02月01日 (金)みなかみで生まれたカスタネット(井口 治彦局長)


 

 みなさんはカスタネットという楽器を覚えていますか。多くの方が幼稚園あるいは保育園、また小学校で音楽の授業や合奏で使った経験があると思います。細かい分類になりますが“教育用カスタネット”と呼ばれるこの種類は、赤と青の2枚の木片が紐で結わえられ、カチカチと軽快な音を鳴らします。
 このカスタネット、全国で使われるほとんどが群馬県で作られているのです。戦後間もなくから生産が始まり、最盛時には年間200万個が作られていました。現在はみなかみ町の一軒の工場で生産が続けられています。
 材料は当初はヤマザクラでした。受注が増えたため、近隣の山で調達しきれなくなり、カエデ、イヌブナ、北米のブナと変化してきました。現在は町内の間伐材の木を使って限定生産しています。サクラといってもソメイヨシノは木の質が柔らかくてカスタネットには向いてないということで、ヤマザクラが使われます。この木はとても硬くて、音が遠くまで聞こえるのが特徴です。
 一枚の木材から丸い型を切り出し、それを削り、また紐を通す穴を細いドリルで空けていきます。その過程で使う機械はすべて手作りです。木を削っていく特殊な刃物も手作りで、研ぎも自分たちでやります。この工場では、一家三人で手際よく組み立てが行われています。一日でできる数はおよそ100個。通常のカスタネットに加えて、地元のお土産用に谷川岳やぐんまちゃんのイラストがプリントされたものも作っています。
 みなかみの木と匠の技がつまったカスタネット。このみなかみ発のカスタネットがフラメンコや世界のクラシック音楽の場でも使われるようになれば・・と願わずにはいられません。

 

20190201.JPG 完成したカスタネット

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:11:09 | 固定リンク

2018年12月28日 (金)2018年の暮れにあたって(井口 治彦局長)


 

 あっという間に2018年も終わりが近づいています。この一年、みなさまにとりましてどのような一年でしたでしょうか。「ほっとぐんま640」で、県内のさまざまなニュースをお届けしてきました。若い世代の活躍やスポーツ等での明るいニュースの一方で、1月の草津本白根山の噴火、渋川での地震、連日の猛暑といった厳しいニュース、また防災ヘリコプターの墜落事故など、悲しいできごともありました。

 昨日電話インタビューでもご紹介しましたが、“好きです。群馬”にも多くの写真、絵手紙を投稿くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 来年も「ほっとぐんま640」をはじめ、「ぐんまスペシャル」「FMほっとアワー」など、前橋放送局が制作するニュース、番組を視聴いただきたく、どうかよろしくお願い申し上げます。またBS4K8Kといった新しい放送もご覧いただけますので、前橋放送局へのご来館もお待ちしています。

 年末恒例の紅白歌合戦も「平成最後」ということで盛り上がりを見せています。どうかお楽しみいただき、その後もしばらくNHKをご覧いただけたら幸いです。

 ぜひよい年をお迎えください。みなさまにとりまして2019年がよい年になりますように。

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:15:37 | 固定リンク

2018年11月16日 (金)インバウンドと温泉の伝統(井口 治彦局長)


 

 みなかみ町藤原地区からさらに北へ入ったところにある宝川温泉をご存知のかたも多いと思います。長い歴史を誇る、群馬県でも人気の高い温泉です。大きな露天風呂があり、いまの季節は湯につかりながら、山々の紅葉を楽しめるとあって、多くの観光客でにぎわっています。この宝川温泉の特徴は客の多くが外国人だということです。この2年間でおとずれた外国人の国籍は190を数えます。なかでもタイ、台湾、アメリカが多いそうです。
 現在湯守をつとめるのは小野与志雄さん、三代目です。現在でこそ“外国人観光客の受け入れ”が、どこの観光地でも共通のテーマになっていますが、小野さんはすでに18年前から、外国人観光客に注目し、受入れ対策を進めてきたといいます。その理由について小野さんは「日本人の人口も減少する、またかつては“60歳の定年後はのんびり旅行をしよう”という考え方があったが、それもままならなくなっている。外国人観光客に目を向けないと経営が成り立たなかった」と述べています。
 なかでも外国人が多く訪れるのが冬。雪を間近でみられることに大喜びだそうですが、日本人とは異なり、温泉そのものにはあまり興味がないそうです。たしかにヨーロッパでは温泉地に保養のために長期滞在する習慣はありますが、一泊旅行で温泉へ行くということはあまりききません。
  旅館の食事に対する考えも、日本人と外国人では異なるようです。日本人はやはり“華やかなお膳”など、日常ではない食事を期待しますが、外国人が希望するのは、焼きそばや串カツなど、いわゆる“B級グルメ”と呼ばれるものだといいます。またイスラム教の観光客には群馬名物の豚肉をふるまうこともできません。
 お話を聞いていて、もうひとつ大きな違いがありました。ある時期、小野さんは近くの山で保護されたクマをおりに入れて飼っていたところ、外国人観光客から“クマがかわいそうだ”という声が多く寄せられたそうです。小野さんはクマを思っての行動でしたが、外国人観光客の思ってもみない反応に、困惑を隠しきれませんでした。
 しかしながら国が違えば文化や風習も異なります。そうした違いに小野さんは日々、時に戸惑いながらも、広い気持ちで外国人観光客を迎え入れ、山あいの温泉を守り続けています。 

 

 20181116.JPG

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:11:48 | 固定リンク

2018年11月09日 (金)群馬交響楽団の新たな風(井口 治彦局長)


 

 群馬交響楽団は、来シーズンより小林研一郎さんを新たにミュージック・アドバイザーに迎えることを発表しました。現在の大友直人音楽監督は来年3月で退任されますので、その後を引き継ぐことになります。ミュージック・アドバイザーと役割の名前は変わりますが、実質的には定期やそのほかの演奏会の指揮は言うに及ばず、音楽面や公演のアドバイスを通して、群馬交響楽団を率いていくことになります。任期は3年の予定です。

 小林研一郎さんは、“炎のマエストロ”として知られ、プロだけでなくアマチュアのオーケストラと共演することも多く、多くのファンを惹きつけています。群馬交響楽団とはこれまで9回の共演があります。ブダペスト国際指揮者コンクールで第一位を獲得しているほか、ハンガリー政府からリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章などを授与されており、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団とも共演するなど、ハンガリーと深い関係をお持ちです。

 大友さんの後任ということで、私はより若い世代の指揮者を想像しており、“マエストロ小林”のことは正直想像していませんでした。今回の縁をきっかけに、私が個人的に群馬交響楽団に期待したいのは、バルトークの演奏です。特に管弦楽のための協奏曲、ピアノ協奏曲、そしてバイオリン協奏曲など、名曲が目白押しです。民俗音楽を背景にしているといわれるバルトークの旋律を、群馬交響楽団がどう表現してくれるか、私はとても楽しみです。

 これまで大友監督のもとで、英国、北欧、ロシアとレパートリーが広がったところへ、ハンガリーが加わると、新たな幅と厚みが出てくる気がしています。来年には高崎芸術劇場が完成します。ここが定期演奏会の舞台となることは、オケだけでなくファンにとっても大きな転換となることでしょう。

 新たな時代を迎え群馬交響楽団がどう発展していくか、楽しみは尽きません。

 

 20181109.jpg 小林研一郎さん(写真提供 群馬交響楽団)

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:16:15 | 固定リンク

2018年09月26日 (水)遠い星空を身近に(井口 治彦局長)


 

「ぐんま天文台」をご存知の方も多いと思います。高山村にあり、星空の観望会などで訪れた方も大勢いらっしゃると思います。来年2019年がちょうど開設20年となります。ここには150センチ、65センチという大きな望遠鏡のほかに、太陽望遠鏡などが備えられていますが、なかでも150センチ望遠鏡は世界的にも貴重なもので、視察や見学に訪れる海外の天文学研究者も少なくありません。

 

県内の子供たちから、大人の天文ファンまで誰でも見学し、研究員やボランティアスタッフの話を聞きながら、遠くの世界に思いを馳せることができます。身体が不自由な方向けのユニバーサルな天文台でもあり、誰もが楽しめる施設となっています。

 

初代台長だった故・古在由秀(こざいよしひで)先生の功績を慕って、多くの若手研究生も訪れました。かつては研修施設もあったため長期滞在も可能でした。特にインドネシア、タイなど東南アジアからも若手が多く滞在し、研究にいそしみました。そのころ研究した人たちが、20年の時を経て、今本国で天文学研究の最先端で活躍しています。

 

ほっとぐんま640は、年に2日間、前橋のスタジオから飛び出して、中継でお伝えする「キャラバン」を行っていますが、10月4日(木)は、ぐんま天文台から生放送でお伝えします。時間もいつもより10分早く、6時30分をめどに開始します。

 

どうぞお楽しみに!

 

20180926.jpg

ぐんま天文台の150センチ望遠鏡と橋本修主幹

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:15:58 | 固定リンク

2018年09月04日 (火)NHK全国学校音楽コンクール(井口 治彦局長)


 

夏真っ盛りの前橋で、NコンことNHK全国学校音楽コンクール・群馬県コンクールが、小学校・中学校・高等学校の3部門で開催されました。参加してくれた学校数は24校、なによりも参加校の皆さんに感謝申しあげます。児童生徒の皆さんには、いい思い出にしてほしいと願っていますが、どうだったでしょうか?

舞台袖で各学校の歌を聴いていると、自分も数十年前の小学校時代に合唱をやった記憶がよみがえってきて、とても懐かしい思いになりました。

 

常連の参加校、久しぶりに参加してくれた学校などいろいろです。多人数で参加の学校がある一方で、3人の学校もありました。コンクールである以上順位をつけなければいけませんが、私は全校に金賞を贈りたい思いでした。

 

舞台袖にいると、次に歌う学校の本番前の表情をうかがうことができます。学校それぞれの特徴があって、見ていて微笑ましくなりました。

女子同士でハグしあって緊張を分け合おうとしている学校、先生が先導してリラックス体操している学校、指揮をする生徒が率先して一人一人に笑顔を促す学校もありました。

 

このNHK全国学校音楽コンクールは85回の歴史を数えました。これからも続いてほしいと思う中で気になるのが、参加校が減っていることです。また特に高等学校の合唱部は、活動している生徒の数も少なくなっているようです。それぞれの学校でさまざまな事情があるなかで、NHKのコンクールに出てよかった、と思ってもらえるよう、私たちも努力していきたいと思っています。そしてしばらく遠ざかっている全国コンクールへ、群馬県勢が進むことを願っています。

 

20180904.jpg

 

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:15:06 | 固定リンク

2018年08月22日 (水)オリンピックをめざす若者へ ~幻の五輪元代表からのメッセージ②~


 

前回モスクワ五輪代表だった、秋田たまみさんの話をしましたが、今回も同じ陸上競技です。男子長距離代表だった中村孝生(なかむら たかお)さんについて書きます。

 

中村さんは小学校時代に東京オリンピックの記録映画に出会います。これを見てから“いずれオリンピックに行きたい”と、当時の作文に書いていたそうです。そして高崎市内の小学校時代の校内大会でいい成績をあげ、先生から陸上部に誘われました。“先輩たちに負けたくない、一番になりたい!”という強い思いで練習に打ち込みます。

当時中学生の全国大会として「放送陸上競技大会」という場があり、2,000メートルで中村さんは全国優勝を遂げます。卒業後に進学した前橋工業高校でも活躍し、2年生の時にはインターハイの5,000メートルで優勝を飾りました。これは瀬古利彦(せこ としひこ)さん(現日本陸連理事)の三連覇を阻む勝利で、当時の陸上競技雑誌で大きく紹介されました。

 

その後大学から社会人チームを通じて、長距離やマラソンに打ち込み、モスクワ五輪代表の座を勝ち取ります(5,000メートル、10,000メートル)。夢の舞台にむけて練習に励んでいる中で、旧ソ連のアフガニスタンへの軍事介入に対する、西側諸国の不参加(国によっては個人参加なら可とする)という動きがあり、日本も不参加を決定しました。

中村さんは落胆したものの、“国が決めた以上、それに従うしかない。4年後をめざそう”と腹をくくりました。しかし4年後はかなわず中村さんは選手生活を終えました。

 

指導者になってからは、“思っていることを言葉にして相手に伝えること”のむずかしさを痛感したといいます。それでも経験を重ねるなかで、「あきらめないことの大切さ」を伝えてきました。2020をめざす若者に中村さんは、“トレーニングをすることが、いずれ社会に出て頑張れるから” と言います。そして “夢はあきらめてはいけない。陸上のことを考えながら、夢を口に出して言うことが大事で、頑張ってほしい” とエールを送ってくれました。

20180822.jpg  中村孝生さん

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:17:41 | 固定リンク

2018年08月02日 (木)オリンピックをめざす若者へ~幻の五輪元代表からのメッセージ~(井口 治彦局長)


 

東京オリンピック、パラリンピック大会まであと2年となりました。新しい国立競技場や他の施設の建設や整備も進められています。出場をめざす選手たちのモチベーションも一層高まっているのではないかと思います。

 

いまから38年前、1980年にモスクワオリンピックが開催されました。しかしその場に日本選手団の姿はありませんでした。五輪に先立つ1979年、当時のソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻しました。それに抗議してアメリカが五輪ボイコットに踏み切り、日本や当時の西ドイツも参加を見送りました。代表になりながら参加できなかった選手たちの悔しさはいかばかりであったでしょうか。

 

群馬県にも元代表がいらっしゃいます。そのひとりが陸上女子走り高跳びの秋田(旧姓八木)たまみさんです。秋田さんは伊勢崎市出身。中学時代から頭角を現し、高校時代はインターハイで三連覇を達成されました。モスクワ五輪に向け、1メートル90センチという記録を出し代表に選ばれました。秋田さんは、“世界のトップ選手を見るいいチャンス“と練習に打ち込んだものの、不参加が伝えられるとそれを静かに受け止めました。そして“自分の身体でどれだけの記録が出せるかが大事であって、それを表現できる場はほかにもある” と気持ちを切り替えたということです。その一方で、“開会式には出たかったなと思います”と振り返ってくれました。

 

秋田さんは今、週二回中学生に陸上競技を指導しています。時代も違い、指導も難しさを増しているようですが、子供たちの話をする秋田さんの目は優しさに溢れていると感じました。東京大会をめざす人たちにこんなメッセージを贈ってくれています。

 

“東京大会は地元のオリンピックでプレッシャーがかかるかもしれないが、その人でなければ経験することのないチャンスだと思う。いろんなことを味わいながら最終的には、メダルよりも「楽しかった!」と思えるようにして欲しいです。” 

20180802.jpg 秋田たまみさん

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:14:09 | 固定リンク

2018年07月31日 (火)高崎経済大学とポーランド(井口 治彦局長)


 

ジェンドブルイ! 先日高崎経済大学で、「アジアとヨーロッパの経済交流」と題したシンポジウムが開催され、ポーランドのヴロツワフ経済大学・副学長など3名と、学生や一般の方などおよそ60名が参加しました。ここに参加しました。この様子は、当日のNHKニュースほっとぐんま640でも紹介されましたので、ご覧になった方も多いかと思います。

 

参加者のひとり、ヴロツワフ経済大学のヤンコヴィアク准教授は、日本とポーランドの経済的な結びつきについて講演し、ポーランドへの海外投資の中で、日本の投資額が最も高いことや今後も二国間の経済関係は深まっていく、との見方を示しました。

 

高崎経済大学は国際学科を昨年新設し、国際関係にも力を入れています。そんな中で地元の企業の紹介で、ヴロツワフ経済大学と学術交流協定を締結しています。今回のシンポジウムはそうした交流の一環として、実現したものです。

 

ポーランドはつい最近サッカーW杯で対戦し話題となりましたが、日本との交流は幅広いものがあります。日本語学科を持っている大学もあり、日本に関心を持つ人は多いといわれています。高崎経済大学の村山元展(むらやま もとのぶ)学長は、“ポーランドは農村と都市の格差が問題となっており、農村をどう活性化していくかが課題となっている。高崎をはじめ日本全国で、市町村合併をしながら豊かになっていく仕組み、また地産地消など地域活性化のアイデアや経験を伝えながら、よい方法を模索できるのではないか”と話してくれました。

 

この秋に高崎経済大学の2名の学生がヴロツワフ経済大学に留学する予定です。高崎とポーランドは、2年後の東京五輪に向けての相互協力で提携しています。スポーツや学問といった分野で交流が進み、次世代を担う子供たちが、ポーランドを身近に感じるきっかけになるのではと、期待しています。

 

20180731.jpg 村山元展・高崎経済大学学長 

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:18:34 | 固定リンク

ページの一番上へ