2021年05月06日 (木)4月の前橋放送局の取り組み



このたびの新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に、心よりお悔やみ申し上げますとともに、入院・闘病生活をされておられる皆さまの一日も早いご回復と、事態の早期終息を祈念します。そして、医療従事者の皆さまのご努力に、改めて感謝と敬意を表します。

さて、3月1日に着任して、はや2か月が過ぎました。その間、前橋放送局にも新たな仲間が2人加わりました。ディレクター1名と記者1名です。今後、ニュースの取材や番組の制作で、皆さまのところにお伺いした際には、よろしくお願い致します。

今回は、4月の取り組みを2つご紹介したいと思います。

17日(土)、NHK経営委員が視聴者の皆さまのご意見を直接伺う「視聴者のみなさまと語る会」が群馬県にお住まいの方を対象に、オンラインで開催されました。参加者の皆さまから率直なご意見・ご要望とともに、より良いNHKになってもらいたいという応援メッセージをたくさん頂きました。本当にありがとうございます。

続いて、NHK水戸・宇都宮・前橋放送局の3局が、北関東の魅力を再発見する新番組「キタカン+」についてです。23日(金)の初回放送では3局のアナウンサー、キャスターが自慢の食材を持ち寄り、絶品のキャンプ飯づくりに挑戦しました。この番組は5月30日(日)午後1時5分~「たっぷり関東NHK」(1都6県)でも再放送予定です。今後も3県に共通する課題、地域の魅力などをテーマにお届けします(随時放送:金曜夜7時30分)。ぜひ、ご覧ください。

2021050601.jpg

vlcsnap-2021-04-28-19h31m44s737.png

vlcsnap-2021-04-28-19h30m41s401.png

新型コロナウイルスの影響により、なかなか先の見通せない社会状況が続いています。「withコロナ社会」においても、NHK前橋放送局の職員・スタッフは“力をあわせ”、皆さまの役に立つ確かな情報を、より迅速に、より分かりやすく、お届けすることで、県民に親しまれ、信頼される放送局を目指してまいります。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:15:00

ページの一番上へ