局長 西村理

2021年10月01日 (金)NHK前橋放送局~藍の種に"まごころ"を込めて(局長 西村 理)


 

広大なロケーション撮影でも話題を呼んだ大河ドラマ「青天を衝け」。多くの県民の皆さんにお楽しみいただき、心より感謝しております。本当にありがとうございます。

群馬県安中市に作られたオープンセット。すでにセットは解体されていますが、一歩踏み入れると「どこまでがセット?」とびっくりするくらいの広さでした。広大な畑に、ロケのために藍や桑などを植え、季節ごとにさまざまな情景を表現しました。そのロケ地で育てた藍からとった種を有効に活用したいと、NHKでは、“藍のたねプロジェクト”を立ち上げ、栄一ゆかりの全国各地の学校などに配付しました。現在、このプロジェクトに参加しているのは、全国50か所以上の小・中学校などの子どもたちです。

県内からは、安中市の細野小学校、磯部小学校、いそべこども園の子どもたちが参加し、学校や園で藍を育てています。子どもたちの活動の様子はNHKのホームページの中で随時紹介しています。ぜひご覧ください。

bnr_ainotane.jpg

20211001_01.jpg
【いそべこども園】

20211001_02.jpg
【磯部小学校】

参加校のひとつ、細野小学校では、9月に1、2年生の児童たちが収穫した藍の葉で「たたき染め」を体験。10月中旬に開催される運動会で着る衣装に、思い思いに模様をつけました。10月4日には、埼玉、東京、福島の学校とともに、オンラインで“藍のたねプロジェクト”報告会を行う予定です。10月下旬には藍の葉の「生葉染め」にもチャレンジするそうです。

20211001_03.JPG
【細野小学校「たたき染め」体験】

今回の“藍のたねプロジェクト”を通じて、子どもたちが「ジャパン・ブルー」とも呼ばれる、藍が生み出す色の美しさを体感し、主人公の渋沢栄一が、より身近な存在になるきっかけになればと思います。

広い空、美しい緑、土の色という田舎の風景に溶け込むような、まさに「ジャパン・ブルー」の着物を身にまとい、藍の買い付けに奔走した、経済人渋沢栄一。この商業活動の原点に想いを馳せると、現代社会を生きるための様々なヒントが見えてくる、そのような気がいたします。

10月17日(日)第31回放送では、群馬が誇る世界遺産、富岡製糸場がいよいよ登場予定です。日本の近代化に向けて、ドラマはまだまだ続きます。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年09月01日 (水)NHK前橋放送局~9月のおすすめ(局長 西村 理)


 

残暑も日ごとに和らぎ、初秋の季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目は体調をくずしやすいものです。どうぞ、ご留意ください。

さて、今回は9月のおすすめ番組(コーナー)をご紹介します。

まず、東京2020オリンピック・パラリンピック期間中、時間を短縮してお伝えしていた「ほっとぐんま630」は、9月6日(月)より、いつもの30分の放送枠に戻ります。
子どもたちの素朴な疑問に答えるコーナー「こどもナンデモ相談室」では、夏休みを利用したスペシャル・バージョンを放送します。「なぜオタマジャクシはカエルになるの?」「恐竜の色はどうしてわかるの?」。こうした難問?を寄せてくれた子どもたちに、専門家がオンラインでわかりやすくお答えします(9月9日、24日放送予定)。

20210901_01old.jpg

20210901_02.jpg
【変態中のオタマジャクシ】

 また、金曜夜7時30分からの「ぐんまスペシャル」は、大河ドラマの主人公・渋沢栄一のゆかりの場所を関東各地に訪ねる「青天を歩け!」をお伝えします。群馬パートは、生糸の輸出で日本を近代国家へ導いた世界遺産・富岡製糸場を舞台に、“絹と音”のつながりを紹介。繭の生産者、生糸を繰る工場の技術者など、渋沢の精神を現代に受け継ぐ人たちと出会います。ナビゲーターは人気ピアニストの清塚信也さん。富岡製糸場ゆかりのピアノが奏でる“関東シルクロードの音”も必見です(9月24日放送予定)。

20210901_03.jpg

20210901_04.jpg
【富岡製糸場ゆかりのピアノ】

放送会館オープンから50年。今後も新しいNHKらしさを追求しつつ、県民の皆さまにより親しまれ、信頼される放送局を目指してまいります。
この状況が一日でも早く終息へ向かいますことと、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年08月01日 (日)NHK前橋放送局~おかげさまで開館50年を迎えます(局長 西村 理)


 

東京オリンピックのほとんどの会場が無観客となる中、NHKでは、応援の気持ちを視聴者の皆さんと共有させていただく試みとして、「オンラインパブリックビューイング」を実施しています。
7月21日に放送した今大会最初の競技、ソフトボールの日本対オーストラリア戦が、その1回目でした。ホストタウンとしてオーストラリア代表の事前合宿をサポートされた群馬県の皆さんも、試合の行方をオンライン上でご覧いただけたのではないでしょうか。大会期間中、オールNHKで、視聴者の皆さんの声援を選手の皆さんへお届けします

20210801_03.jpg

 

さて、NHK前橋放送局は、現在の前橋市元総社町の放送会館で業務を開始して、8月16日で50年となります。日頃より「ほっとぐんま630」や「ぐんまスペシャル」をはじめ、地域放送事業を支えてくださっている、県民の皆さんにあらためて感謝を申し上げます。

20210801_01.jpg

そこで今回、県民の皆さんから「50年後も残したい、あなたにとっての“群馬のいいカンジ”」を募集します。県内各地の大好きな場所やものなど、思いを込めた標語に写真とエピソードを添えてお寄せください。皆さんからいただいた標語と写真を、選考のうえ、「ほっとぐんま630」の放送やホームページでご紹介させていただきます。

20210801_02.jpg

詳しくはこちら

これからも群馬県の皆さんの安心と安全を守り、県内の魅力を発信する地域の応援団として、職員・スタッフ一同尽力してまいります。どうぞよろしくお願い致します。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年07月01日 (木)NHK前橋放送局「技術部」の仕事について~第二弾(局長 西村 理)


 

群馬県の皆さま、いつも放送事業へのご理解とご協力、「ほっとぐんま630」を応援していただき、ありがとうございます。前回は、放送電波を県内にあまねく送り届ける「送受信技術」の仕事についてご紹介しました。今回は技術部のもう一つの仕事、「番組技術」についてお伝えします。

テレビ番組やFMラジオ番組を放送するには「映像や音声」が必要です。こうした映像や音声を放送局内のスタジオや屋外で撮影、録画・録音するのが番組技術の重要な役割の一つです。また、放送電波を榛名山二ツ岳のTV基幹放送所や牛伏山のFM基幹放送所に送りだす仕事や、撮影した映像を東京のNHK放送センターへ伝送する仕事も行っています。さらに大規模災害や事件・事故など緊急事案発生時には、衛星通信機器を搭載した専用自動車を現場に急行させて中継を行う任務も担っています。

20210701_01.png
【災害事案発生時に活躍する衛星通信機器を搭載した車両】

例えば、「ほっとぐんま630」では、ニュース制作のディレクターや番組編集の責任者と連携して、スタジオ内に設置されたカメラやマイク、照明の調整、そして番組の送出などを行っています。また、電子台本システムという、番組を送出するための設備を駆使して、スタジオ映像やVTR映像、現地からの生中継映像のほか、テレビの画面上の字幕など、番組の進行にあわせて、1つのボタンで順次切りかえる業務を担当しています。番組技術では、こうした設備の操作や運行の管理を確実に行いながら、正確なニュースや情報を円滑に視聴者の皆さまにお届けできるように努めています。

20210701_02.png
【ほっとぐんま630のスタジオ内】

20210701_03.png
【ほっとぐんま630のニュース送出設備】

皆さまがふだんテレビでご覧になる、四季折々の風景映像は、県内11か所(群馬県庁、前橋市、高崎市、太田市、谷川岳、草津町、浅間山など)に設置した、ロボットカメラがリアルタイムで撮影したものです。こうした映像を「ほっとぐんま630」や首都圏ネットワーク、全国放送などを通じて日々お届けしています。最近では、長野原町の八ッ場あがつま湖に新たに移動カメラを設置しましたので、ぜひご覧ください。

20210701_04.png
【県庁屋上に設置されたロボットカメラ】

さらに、現在普及が進んでいるBS4K8K放送の番組制作においても、積極的にチャレンジしながら、より美しくリアルな映像を皆さまにお届けします。今回ご紹介したのは、番組技術の仕事の一部となりますが、公共放送を支える縁の下の力持ちとして、放送番組の制作や安定送出に努めてまいります。

前橋放送局会館オープンから、この8月で50年を迎えます。群馬県の皆さまに、より親しまれ、信頼される放送局を目指してまいりますので、今後とも応援よろしくお願い致します。

炎暑の毎日ですが、体調をくずされませぬようご自愛ください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年06月01日 (火)NHK前橋放送局「技術部」の仕事について(局長 西村 理)


 

未曽有の災禍のなか、皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか。この状況が一日も早く解消され、平穏な日々が取り戻せるよう心から願っております。

さて、6月1日は「電波の日」です。「電波の日」とは、電波法、放送法、電波監理委員会設置法(※1952年に廃止)という、いわゆる電波三法が昭和25(1950)年6月1日に施行され、電波の利用が一般開放されたことを記念して、当時の郵政省(現在の総務省)が制定しました。今回は、電波に関連して、NHK前橋放送局の技術部の仕事について、少しご紹介させていただきます。

群馬県は上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)をはじめ、総面積の約8割が山地や丘陵地となっています。そのため、放送電波をあまねく送り届けるために、県内にはテレビの放送所が33か所FMラジオの放送所は8か所に設置しています。技術部では、こうした放送所の放送電波が途切れないように、24時間監視しつつ、定期的に保守点検や補修を行い、設備の安定運用に取り組んでいます。

0601_01.png

【二ツ岳に設置されたテレビ放送所】

放送所の多くは設備障害が発生しても、2系統の設備完備により、片方の設備が故障すると、残る片方の正常な設備に自動的に切り替わって放送が継続できるシステムになっています。さらに停電の際も、放送所に備えた発電機や蓄電池などの予備電源装置によってバックアップできるようにしています。

万一、設備障害が発生した場合は、速やかに放送所に緊急出向をして、原因究明と早期復旧にあたります。放送所によっては、時には30キロ近い機材を背負って、雨や雪が降る中を1時間以上掛けて登山する場合もあります。今後も視聴者の皆さまに良好で安定した放送電波を送り届けられるよう、万全の態勢を整えて尽力してまいります

0601_002.png

【放送所内での点検の様子】

もし、ご自宅のテレビやラジオ等の受信状態が悪い場合は、最寄りの電器店にご相談ください。それでも改善されない場合は、NHKの受信に関する相談窓口をご利用ください。窓口の電話番号は0570-00-3434(受付時間:年末年始を除く、午前9時から午後6時まで)です。

そのほか、2018年12月より本放送を開始したBS4K・8K放送の普及促進活動にも取り組んでおり、県内各地でBS4K・8Kの受信公開を開催し、高精細な映像と圧倒的な臨場感を多くの方々に体感していただいています。(詳細はこちらをご参照ください)
ぜひ皆さまもBS4K・8K放送の受信機を設置してご覧になってはいかがでしょうか。

 0601_03.png

【BS8K受信公開の様子】

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年05月06日 (木)4月の前橋放送局の取り組み(局長 西村 理)



このたびの新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に、心よりお悔やみ申し上げますとともに、入院・闘病生活をされておられる皆さまの一日も早いご回復と、事態の早期終息を祈念します。そして、医療従事者の皆さまのご努力に、改めて感謝と敬意を表します。

さて、3月1日に着任して、はや2か月が過ぎました。その間、前橋放送局にも新たな仲間が2人加わりました。ディレクター1名と記者1名です。今後、ニュースの取材や番組の制作で、皆さまのところにお伺いした際には、よろしくお願い致します。

今回は、4月の取り組みを2つご紹介したいと思います。

17日(土)、NHK経営委員が視聴者の皆さまのご意見を直接伺う「視聴者のみなさまと語る会」が群馬県にお住まいの方を対象に、オンラインで開催されました。参加者の皆さまから率直なご意見・ご要望とともに、より良いNHKになってもらいたいという応援メッセージをたくさん頂きました。本当にありがとうございます。

続いて、NHK水戸・宇都宮・前橋放送局の3局が、北関東の魅力を再発見する新番組「キタカン+」についてです。23日(金)の初回放送では3局のアナウンサー、キャスターが自慢の食材を持ち寄り、絶品のキャンプ飯づくりに挑戦しました。この番組は5月30日(日)午後1時5分~「たっぷり関東NHK」(1都6県)でも再放送予定です。今後も3県に共通する課題、地域の魅力などをテーマにお届けします(随時放送:金曜夜7時30分)。ぜひ、ご覧ください。

2021050601.jpg

vlcsnap-2021-04-28-19h31m44s737.png

vlcsnap-2021-04-28-19h30m41s401.png

新型コロナウイルスの影響により、なかなか先の見通せない社会状況が続いています。「withコロナ社会」においても、NHK前橋放送局の職員・スタッフは“力をあわせ”、皆さまの役に立つ確かな情報を、より迅速に、より分かりやすく、お届けすることで、県民に親しまれ、信頼される放送局を目指してまいります。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:15:00 | 固定リンク

2021年04月01日 (木)地域の皆さんとともに(局長 西村 理)


 

群馬県の皆さん、いつも放送事業へのご理解とご協力、「ほっとぐんま630」の応援をいただき、ありがとうございます。
3月に着任して早々に着手しましたのは、県内35市町村(市長、町長、村長)をはじめ、日頃大変お世話になっている視聴者の皆さんへの挨拶まわりです。一昨年の台風19号など、関東各地でも自然災害が多発していることから、NHK前橋放送局は、まずは各自治体等との連携を一層大事にして、県民の「命と暮らしを守る」情報発信に努めていくことをお伝えしております。

さて、私どもNHK前橋放送局は、県域テレビ放送を開始して今年で10年目を迎えます。
昨年4月より放送枠を10分拡大した「ほっとぐんま630」も、さらに内容を充実します。最新ニュースや生活情報、気象情報をいち早く、より詳しく!キャスター陣も積極的に取材に出かけます。「気になる人」へのインタビューや季節感あふれる旬な現場からの中継など、新コーナーも加えて、さらにパワーアップした番組をお届けします。

20210401_01.jpg

全市町村訪問を目指して好評放送中の「ぶっつけ本番旅」も、あと10市町村を残すのみ。皆さんのもとにふらりと訪れるかもしれません。また、県内各地の四季折々の風景やふるさとの祭り、身近な話題をテーマとした写真・ビデオ・絵手紙などご紹介する「すきです ぐんま」。子どもの素朴な「なぜ?」「どうして?」にお答えする「こどもナンデモ相談室」など、双方向の番組企画もラインナップしています。皆さんから、たくさんのご応募をお待ちしています。

20210401_05.png

2021年度、NHKの新しい経営計画でお示しした改革元年として、前橋放送局もこれまでにない盛りだくさんの取り組みを予定しております。今後も新しいNHKらしさを追求しつつ、引き続き群馬愛を育み、地域への貢献を果たしていきたいと考えます。
一日も早いコロナの終息と、皆さんの益々のご健康とご多幸を心より祈念致します。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:11:00 | 固定リンク

2021年03月09日 (火)3月よりお世話になります~どうぞよろしくお願い致します~(局長 西村 理)



みなさま、はじめまして。このたび3月1日付けで、平元亨前局長の後任として着任致しました 西村 理(おさむ)です。どうぞよろしくお願い致します。

2021年度、NHKは新しい経営計画でお示しした改革元年として、前橋放送局もこれまでにないほど盛りだくさんの取り組みを予定しております。

新年度の前橋放送局のおもな取り組みをご紹介致します。

〇「東京オリンピック・パラリンピック」に向けた放送を充実させます
〇より地域に親しまれ、信頼される放送局を目指します
〇群馬の多彩な文化を発信し、知名度を高めて地域の活性化に貢献します
〇群馬発の先端技術や新しいライフスタイルを通し、日本の未来のヒントを提示します
〇正確・迅速、公平・公正な選挙報道に取り組みます

今後も新しいNHKらしさを追求しつつ、引き続き群馬愛を育み、地域への貢献を果たしていきたいと考えます。
一日も早いコロナの終息と、みなさまの益々のご健康とご多幸を心より祈念致します。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


ページの一番上へ

検索

カレンダー

2021年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アナウンサー・キャスター

  • 原口雅臣
  • 菅原成美
  • 増田一恵
  • 新村美里
  • 川崎寛司
  • 伊﨑都子
  • 石井由貴

前橋放送局

  • 局長 西村理
  • 前橋局スタッフ
  • 沼田支局 記者

バックナンバー

最新の日記


RSS