2019年4月

2019年04月25日 (木)新シーズン幕開け、群馬交響楽団(井口 治彦局長)


 

桜も終わり、4月も下旬になってきましたが、はや夏を感じさせるような気候です。13日は、群馬交響楽団の新シリーズ幕開けの定期演奏会でした。曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」(ピアノ独奏は清水和音さん)と交響曲第3番「英雄」という、クラシックの王道を行くプログラムでした。指揮は新たにミュージック・アドバイザーに就任された小林研一郎さんです。


小林さんの就任会見の模様は、「ほっとぐんま640」でもとりあげました。演奏会前から聴衆の期待は高まっており、前売り券は完売でした。会場に着いた時にはすでに音楽センターに漂っている空気が、いつもとは違っている感じさえしました。清水和音さんのピアノは、とても骨太で聴き手の胸に“どすん”と響いてくるような重厚な音でした。演奏終了後の拍手も鳴りやまず、何度もステージへ。そして聴かせてくれたアンコールの曲目は、ショパンの「英雄」ポロネーズ。10分近くの名曲で、聴衆にとっては大きなプレゼントとなっただけではなく、次の曲への橋渡しにもなりました。


ベートーヴェンの「英雄」はゆったりとしたテンポで、堂々とした演奏でした。指揮者と楽員一人一人の盛り上がりがひとつになり、大きなうねりとなって客席に届いてきました。そして客席からは期待と感動が波となってステージへ向かい、二つが融合してかけがえのない音楽空間を創りあげていました。


終演後のふれあいトークも、二階に通じる階段にも聴衆があふれるほどの盛況でした。小林マエストロは、聴衆や楽員への感謝を述べられ、群響の演奏が世界レベルに通じていること、また秋からの新しい芸術劇場への期待、さらには移動音楽教室での指揮に意欲も示されました。おなじくふれあいトークに出られた、コンサートミストレスの伊藤さん、ビオラ首席の渡辺さんの達成感に充ちた笑顔も印象的でした。


5月以降も意欲的なプログラムが続きます。また新しいホールでの演奏会も楽しみです。ただ個人的には、群馬音楽センターのたたずまいや雰囲気も好きなので、会場が変わるのは少々寂しい思いもあるのですが・・・


20190425-1.jpg

20190425-2.jpg 写真提供:群馬交響楽団

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:10:32 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

2019年04月24日 (水)初めまして(毎熊 千遥)


 

3月からキャスターを務めております。
福岡県出身、毎熊千遥(まいぐま ちはる)です。
毎日、熊が顔を出す、という名字で、珍しがられますが、長崎では多い名字です。
父が長崎の人なのです。
世間の毎熊という名字は、まい「ぐ」まと、まい「く」まの2パターンあります。

ちなみにNHKの“朝ドラ”「まんぷく」で森本役をされていた毎熊克哉さんは、まい「ぐ」まさんのほうで、わたしと同じですが、縁戚関係はありません。
今まで同じ名字の方を見かけることがあまりなかったので、親近感を覚え、陰ながら応援しています。

さて、そんな私は、3月25日(月)の「ほっとぐんま640」で、はじめて「ぐんまびと」のコーナーを担当しました。

春といえば、花咲く季節。
ということで、高崎市の観音山の山桜を守っているボランティアグループを取材しました。
20190424-1.jpg
セカンドライフが充実しているってすてきだなと思いました。

それから4月12日(金)の「いちおしGUNMA」のコーナーでは、高崎市の日本絹の里で6月3日まで行われている「草乃しずか日本刺繍展~煌めく絹糸の旋律~」をご紹介しました。
20190424-2.jpg
群馬県産の絹糸で刺繍された美しい作品を見て、日本刺繍と絹の魅力を感じました。

これから、関東甲信越地方向けの「ひるまえほっと」にも時折登場し、群馬の魅力を届けていきます。
20190424-3.jpg

群馬県は花と緑が豊かで、動物が好きな人も多く、温泉もあるし、良いところだなと感じています。
熊のように嗅覚を研ぎ澄ませて、どんどんぐんまの魅力を発見していけたらいいな。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

投稿者:毎熊千遥 | 投稿時間:14:06 | カテゴリ:毎熊千遥 | 固定リンク

2019年04月17日 (水)「はじめまして!」そして「ただいま群馬!」(新村 美里)


 

みなさん、初めまして!
気象予報士の新村美里です。
この4月から「ほっとぐんま640」メンバーに仲間入りしました!

簡単な自己紹介をしますと、
群馬県前橋市に生まれ、18歳まで過ごしました。
20190417-1.jpg
(群馬らしい写真を探してみました!かなり小さいころです)

20190417-2.jpg
(おそらく『るなぱあく』の写真、今も昔も子供の味方!)

その後、NHK長野・佐賀でキャスターやリポーターを経験し、
今年、久しぶりに群馬に帰ってきました。

4月から時間が拡大した気象コーナーでは、
季節の話題とリアルタイムの天気をお届けします。
大雨や台風が近づいているときの大切な情報はもちろん、
時にはへぇ~と思えるような話題や
防災情報もしっかりとお伝えしていきたいと思っています。

生まれ育った群馬県で、
生活に欠かせない気象情報をお伝えできることは
嬉しくもありますし、責任も感じています。
自然豊かな群馬の天気を一緒に楽しんでいきましょう!

これからどうぞよろしくお願いします。

20190417-3.jpg

 

投稿者:新村美里 | 投稿時間:11:19 | カテゴリ:新村美里 | 固定リンク

2019年04月04日 (木)目標達成?(栗原 麻衣)


 

群馬での生活が始まって、はや1年。
去年は県内を巡って、群馬に暮らす人や地域の魅力をたっぷりと知ることができました。
生まれ育って18年住んでいても、驚きっぱなしの1年でした。

ホームページの「チャレンジしたいこと」で、群馬の郷土料理を作りたいと言っていました。
挑戦したのは・・・

20190404-1.jpg 神社コロッケ完成

じゃーん!伊勢崎名物「神社コロッケ」。おそらく“コロッケ”と聞いて思いつくものより薄く、ソースが染みた伊勢崎の郷土料理です。

伊勢崎本町にある伊勢崎神社の近くで作られていたためこの名前がついたそうで、おやつ感覚で食べられて地域の人に親しまれていたといいます。
実は私の祖母が伊勢崎生まれで料理上手!小さい頃から祖母の作ったコロッケを食べてきました。
今回はそんな神社コロッケを作って30年の祖母から、作り方を教えてもらいました。

20190404-2.jpg コロッケを揚げる祖母後ろ姿

材料はマッシュしたじゃがいもに青のり、小麦粉など。各家庭で乾燥エビ、おからなどを入れる場合も。
栗原家は・・・

20190404-3.jpg にんじんのったボウル


色鮮やかな、すり下ろしにんじん!!!
なぜすり下ろしたにんじんを入れているのか、祖母に聞くと、
「にんじん嫌いな子どもでもさ、すり下ろしちゃえば気づかず食べるでしょ。これで栄養をとってもらおうって話。ふふふ!」
まさに、祖母の策略通り、にんじん嫌いな私もぱくぱく食べていました。(笑)

できたてを食べてみると、まわりの衣がサクサクで中はほくほく!
祖母はいつも、神社コロッケを作ると車で30分ほどかけて持ってきてくれました。するとソースが衣に染みて、しっとりともちもちの食感に。学校からお腹をすかせて帰ってきて、届いているとうれしかったのを覚えています。
できたてもまた格別!食感が全く違っておいしかった~
作りたてを食べられるのは、作れるようになった特権ですね。
なんて、「ばあちゃんが作ってたのを隣で見てただけでしょうが。」と祖母からツッコミが来そう。(笑)
自分1人でも作れるようになるのがこれからの目標かな。


さて、3月から「ほっとぐんま640」に新しいコーナーが立ち上がりました。
「ぶっつけ本番旅」という旅コーナーで、その名の通りぶっつけ本番で県内各地を巡ります!
私にとっての神社コロッケのように、その地域でしか食べられない味や見られない景色、それを大切にしている人の思いに触れたいと思っています。
皆さんの街に伺いますので、ぜひ見つけたら声をかけてくださいね。お会いできるのを楽しみにしています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

20190404-4.jpg 初詣にて 少林山のだるまと私

 

投稿者:栗原麻衣 | 投稿時間:11:23 | カテゴリ:栗原麻衣 | 固定リンク

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 泉 浩司
  • 安川侑希
  • 落合慶子
  • 新村美里
  • 吉田一之
  • 栗原麻衣
  • 吉川明穂
  • 毎熊千遥
  • 菅原成美
  • 石井由貴

前橋放送局

  • 局長 平元 亨
  • 前橋局スタッフ

バックナンバー

新着記事


RSS