2016年6月

2016年06月27日 (月)4か月記念日♡(出口朋香)


 

こんにちは。群馬へ来て、もうすぐ4か月になります。出口朋香です!

タイトルを見て、なんだなんだ!恋人自慢か?!と思った方、、、。

安心してください。違いますよ!笑

 

まだ風がひんやり肌寒い季節、コートに手袋、マフラー姿で、どきどきしながら群馬へやってきた日が思い出されます。

気がつけば6月も下旬すっかり半袖で心地よい季節になりました。

 

群馬県民になってからは、沼田でのさくらんぼ狩り

 

20160627-1.JPG

 

渓流釣り、

 

20160627-2.JPG

 

夏がく~れば思い出す~♪でおなじみの尾瀬など、休日は群馬を満喫させていただいています。

 

20160627-3.JPG

 

そうそう、尾瀬ではなんと!宿泊した山小屋のご主人が、私と同じ名字の「出口さん」だったんです!感動の1枚がこちら!

 

20160627-4.JPG

(すっぴんにめがね姿なのでお載せするか迷いましたが、、、感動を伝えたい気持ちが勝った一枚です!笑)

 

また、仕事では食用の鯉養殖や、伊香保温泉の小さな演芸場で週末に披露される落語の話題を取り上げさせていただきました。

こちらは撮影後の一枚です♪

 

20160627-5.JPG

 

今週金曜日は群馬県庁で行われる「おすすめ!地域の物産市~ぐんまの逸品再発見~」をご紹介する予定です。

魅力が伝わる放送になるよう、気合いを入れて頑張りますので、ぜひご覧ください。

 

 

投稿者:出口朋香 | 投稿時間:18:21 | カテゴリ:出口朋香 | 固定リンク

2016年06月20日 (月)明々白々!(小島桃子)


 

こんにちは。

みんなのうた「とろろおくらめかぶなっとうはまっています。

ついついあのメロディーを口ずさんでしまいます。もちろん食べるのも大好きです!

毎日暑いので、たくさん食べて夏バテしないよう心がけています。

 

あつい」と言えば、こちらも熱かったです!

先日行われた「真田丸」パブリックビューイング。

私は司会を担当させていただきました。

 

この日放送された22回「裁定」では、

沼田城をめぐって真田と北条が激しく意見をぶつけ合いました。

 

 IMG_5278.JPG

ゲストの小日向えりさん、“真田信之公ぐんまちゃん”と♪

 

パブリックビューイングの後は、

豊臣秀次役の新納慎也さん

板部岡江雪斎役の山西惇さんが登場!

 

sanada1.jpg

 

会場全体が盛り上がりました~。

撮影の裏話や共演者の方のお話など、楽しいトークショーになりました♪

 

そして先週15日()の「ほっとぐんま640」で放送された

「真田丸」出演者スペシャルインタビュー。

 

秀次の最期に向けての演技を見逃さず、全部見てほしい新納さん

 

20160620-2.jpg

 

江雪斎のセリフ「明々白々」流行らないかな~とおっしゃっていた山西さん

 

20160620-3.jpg

 

お二人ともとっても気さくな方で、

インタビューの時間があっという間でした!

ありがとうございました!

 

これからの「真田丸」、

ますます面白くて目が離せないこと、「明々白々」です!

 

投稿者:小島桃子 | 投稿時間:17:48 | カテゴリ:小島桃子 | 固定リンク

2016年06月17日 (金)大河ドラマ・真田丸!出演者インタビュー(野口沙織)


 

こんにちは。
梅雨の晴れ間、洗濯や掃除がはかどりますよね!
私は、お風呂を掃除してすっきり★

 

先日、沼田市で行われた真田女子会in沼田司会をしました。
ドラマに出演しているみなさんと真田丸について
楽しくお話をさせていただきました。

 

お茶を飲みながら、女子だけで語り合った時間は、あっという間!!
撮影の裏話やドラマへの思いを聞くことができたので、とても貴重な時間でした。

 

イベントの後、こう役を演じている長野里美さんにインタビューしました。
長野さんは、品があって、とても素敵な女性(*^-^*)
ずっとドキドキしてしまいました。
しかも、私のつたないインタビューに丁寧に応えてくださいました・・。
本当にありがとうございました。

 

役作りにかける思い、撮影の裏話まで、楽しいお話を聞けましたよ!
放送は、6月20日(月)「ほっとぐんま640」 午後6時40分からです。
ぜひご覧ください!

20160617.JPG

 

投稿者:野口沙織 | 投稿時間:16:44 | カテゴリ:野口沙織 | 固定リンク

2016年06月13日 (月)近況をご報告(源田愛莉那)


 

「あつい」

1日に何度この言葉を発していることでしょうか・・・。

6月中旬にして、すでに群馬の暑さに毎日溶けかけている源田です。

でも健康面体重面に気を遣い、どれだけ暑くてもアイスは1日2個までと心がけています。こんにちは。

 

 

皆様に近況報告です。

まず、始めました!!!!

 

20160613.jpg

 

そう、家庭菜園!

窓際でトマトレタスラディッシュを育てています。

 

大学時代、絶対に枯れないと言われている花も枯らしたことのある私。

地元・石川県の源田家では、「あの子が野菜を育てられるのか?」家族会議にまでなったそうです。

いや、でもきちんとをだしましたよ。

もう、本当に可愛いんです!!どれだけ伸びたかなぁ?と家に帰るのが楽しみで、

人生で初めて愛しいという感情を知りました。

すくすくと育っておくれ♪

 

 

さらにご報告!

髪をばっさり15センチ切りました。

いやぁ~、すっきりしました!!

でも決して失恋したわけではありませんよ。あくまで気分転換です。

 

 

あと応募しました。

ぐんまマラソン。もちろんフルです。

大会までおよそ5か月走り終えたあとのおいしいご飯のために、源田は走ります。

 

 

あと群馬に少し慣れてきました。

県外に出かけていても、新前橋駅に着くと「あ~帰ってきたなぁ」ほっとしている自分がいます。

県外で群馬ナンバーの車を見るとテンションが上がります。

むしょうに、もつ煮食べたくなる瞬間があります。

真田丸「沼田」「岩櫃」という言葉を聞くと嬉しくなります。

 

 

少しずつ、群馬に染まることができてきたかな?と密かに思っています。

今月は、上毛かるたを覚える!目標にまた1か月頑張ります

6月もどうぞお付き合いお願いします。

 

投稿者:源田愛莉那 | 投稿時間:15:38 | カテゴリ:源田愛莉那 | 固定リンク

2016年06月07日 (火)ドキドキがとまらない (野口沙織)


 

こんにちは。

いま、ドキドキしています♪

 

 

一つ目は、11月の「ぐんまマラソン」に申し込んでしまったこと。

4月、5月と、大会に出場はしたのですが、ハーフマラソン止まり。

今回、挑戦しようと思っているのはフルマラソン!!

 

インターネットで ポチッ「申し込み」ボタンを押したとき、

ドキドキしました~

ついに申し込んでしまった!! という感覚です。

じゃあ、走らなければいいのでは と思うのですが、

走り切ったときの気持ちは、何とも言えないのです。 もう、やみつき!!

 

ちなみに、4月の大会は、以前、前橋放送局で一緒に働いた佐藤美樹さんと走りました。

がきれいで、参加賞の“パスタ”“こんにゃく”を どっさりいただき、大満足!

 

20160607-1.JPG

 

5月は、仮装してのマラソン。

安中市の坂本宿のみなさんと出場しました♪

ずっと登りで きつかったのですが、沿道の応援が力になりました。

 

20160607-2.JPG

 

秋に向けて、これから体力づくりに励まねば!!

 

 

二つ目ドキドキ

それは、久しぶりに「中継」をしたこと。

振り返れば、約1年半ぶりの中継でした。

現場のカンを取り戻せるか、とても不安でした。

 

本番前は ドキドキしていましたが、

ある瞬間から、「やっぱり、生放送って楽しいなぁ」と思えてきて、

本番は、楽しくて楽しくて しかたありませんでした♪

こうして無事に放送できたのは、出演者やスタッフの皆さんのおかげです。

ありがとうございました。

 

20160607-3.JPG  20160607-4.JPG

 

 

三つ目ドキドキ

それは、今度の日曜日(6月12日)沼田市で行われる、「真田女子会」

放送中の大河ドラマ「真田丸」について、女性限定語り合うイベント司会をします。

女性の目線で語り尽くす「真田丸」

はたして、どんなトークが繰り広げられるか、ドキドキです。

 

全力で楽しもうと思います(*^o^*)

 

投稿者:野口沙織 | 投稿時間:11:03 | カテゴリ:野口沙織 | 固定リンク

2016年06月01日 (水)マーティの衝撃 (関口 健)


 

去年の10月は、

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が描いた

30年先の未来にあたるということで、話題になりましたよね。

これを機に、改めて映画をみるのを楽しみにしていたところ、

いざとなると面倒になったり、

レンタルビデオ屋さんでは貸し出し中だったりして、

世間の熱が冷めた今頃になって、シリーズ3本、まとめて鑑賞しました。

 

いや~、もう、ハラハラしっぱなしでしたよ。

だって、主人公マーティが未来から現代に戻ると、

いたはずの父親が なぜか亡くなっていて、母親が嫌味な男と再婚しているんですよ!

こんなことって、想像できますか?

自分にとって当たり前すぎる環境が、急に なかったことになっていたなんて、

どれほどの衝撃なんでしょうか…。

 

…と、映画の鑑賞後に考えていたら、

脳の奥から、激しくうごめきながら 何かの記憶がよみがえってくるのです。

そうです… “マーティの衝撃”… つい先日、私にもあったんです!

 

では、ここで少し仕事の説明…。

NHKアナウンサーが放送で話すことばは共通語を原則としているので、

いわゆる俗語や方言などは、基本的には使いません。

新人の頃は、

普段のことば遣いが 放送上 正しい使い方なのかどうか自信がなくて、

いつも辞書を持ち歩いて 手当たり次第にことばを調べていました

この仕事について20年、

やっと最近は ことばを調べなくても大丈夫だと思えるくらいになり、

一人前になってきた自信を持てるようにもなりました。

 

そんな中、“マーティの衝撃”は、

東京都内で群馬出身者と話していた時にあったんです。

 

伊勢崎出身の その人は、急にテンションが高くなり、こう言いました。

「いや~懐かしい! こんなところで群馬弁を聞くなんて、うれしいな~。」

「い、いや、やめてよぉ~(笑)

 NHKアナウンサーが‘群馬の方言’を無意識に使うはずがないですから~(苦笑)」

私は、心の中でこうつぶやきながら、

アメリカ人のように、肩をすくめ、手のひらを仰向けにあげて、

‘オーマイガー’をつくりました。

 

‘かざる’って、群馬弁だよね~。 久しぶりに そのことばを聞いたよ!」

確かにその時、「軽く触れる」という意味で

私は‘かざる’ということばを使ったんです。

…えぇ!? ‘かざる’って共通語でしょ!?

 

苦笑いで その場をしのいで、私は家路を走りました。

「ハッ、ハッ、きっと あの人は勘違いしているんだ。

 ハッ、ハッ、まさか一人前のアナウンサーが…。」

ふるさとの埼玉・深谷の方言は 群馬とほとんど同じだけど、

今までの人生ずっと 共通語として‘かざる’を使ってきたし、

何より アナウンサーになって20年間、これほど ことばに敏感に過ごしてきたのに、

まさか今さら 方言を共通語だと勘違いしていたなんて… そんな… そんなバカなぁ…。

 

帰宅後、靴を揃えるのも忘れて、すぐに辞書に飛びつきました。

給与明細を見る時も こんなにドキドキしないだろうという脈拍の中、

辞書のページをめくり、ことばを順に目で追います。

えーと… 「飾り」… 「飾り付ける」… 「飾る」

いや、漢字じゃなくて ひらがなのはず… 「カザルス」 なんだこれ?… 「鹿沢温泉」…。

…‘かざる’が、ないぃぃぃ!!!

 

足元から砂がサーッと流れ去り 奈落の底に落ちていく感覚とともに、

今までの出演番組で 私が満面の笑みで‘かざる’と言っているシーンが、

走馬灯のように眼前を通り過ぎていきました。

 ‘かざる’は 当たり前の共通語だと思って、

放送でも 何のためらいもなく使ってきたのに、

あぁ… 自分は今まで なんという放送をしてきてしまったんだ~!!!

ことばのプロとしてつくり上げてきた常識が 実は常識でなかったという衝撃によって、

‘一人前になった’‘自信がついた’という私の誇りは土台から崩れ去り、

無残にも また振り出しで、何かにおびえて過ごさなくてはなりませんでした。

 

映画の余韻の中で、この記憶が一気によみがえり、

「きっとあの時、マーティも すごく辛かったんだろうな…。」

と、何だか目頭が熱くなってしまいました…。

 

再び辞書を手に歩くようになった私を見かけたら、

せめて優しいことばをかけてやってください…。

 

投稿者:関口 健 | 投稿時間:17:42 | カテゴリ:関口 健 | 固定リンク

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2016年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • 泉 浩司
  • 源田愛莉那
  • 小島桃子
  • 関口 健
  • 武田涼花
  • 出口朋香
  • 野口沙織
  • 安川侑希

バックナンバー

新着記事


RSS