2019年04月04日 (木)目標達成?(栗原 麻衣)


 

群馬での生活が始まって、はや1年。
去年は県内を巡って、群馬に暮らす人や地域の魅力をたっぷりと知ることができました。
生まれ育って18年住んでいても、驚きっぱなしの1年でした。

ホームページの「チャレンジしたいこと」で、群馬の郷土料理を作りたいと言っていました。
挑戦したのは・・・

20190404-1.jpg 神社コロッケ完成

じゃーん!伊勢崎名物「神社コロッケ」。おそらく“コロッケ”と聞いて思いつくものより薄く、ソースが染みた伊勢崎の郷土料理です。

伊勢崎本町にある伊勢崎神社の近くで作られていたためこの名前がついたそうで、おやつ感覚で食べられて地域の人に親しまれていたといいます。
実は私の祖母が伊勢崎生まれで料理上手!小さい頃から祖母の作ったコロッケを食べてきました。
今回はそんな神社コロッケを作って30年の祖母から、作り方を教えてもらいました。

20190404-2.jpg コロッケを揚げる祖母後ろ姿

材料はマッシュしたじゃがいもに青のり、小麦粉など。各家庭で乾燥エビ、おからなどを入れる場合も。
栗原家は・・・

20190404-3.jpg にんじんのったボウル


色鮮やかな、すり下ろしにんじん!!!
なぜすり下ろしたにんじんを入れているのか、祖母に聞くと、
「にんじん嫌いな子どもでもさ、すり下ろしちゃえば気づかず食べるでしょ。これで栄養をとってもらおうって話。ふふふ!」
まさに、祖母の策略通り、にんじん嫌いな私もぱくぱく食べていました。(笑)

できたてを食べてみると、まわりの衣がサクサクで中はほくほく!
祖母はいつも、神社コロッケを作ると車で30分ほどかけて持ってきてくれました。するとソースが衣に染みて、しっとりともちもちの食感に。学校からお腹をすかせて帰ってきて、届いているとうれしかったのを覚えています。
できたてもまた格別!食感が全く違っておいしかった~
作りたてを食べられるのは、作れるようになった特権ですね。
なんて、「ばあちゃんが作ってたのを隣で見てただけでしょうが。」と祖母からツッコミが来そう。(笑)
自分1人でも作れるようになるのがこれからの目標かな。


さて、3月から「ほっとぐんま640」に新しいコーナーが立ち上がりました。
「ぶっつけ本番旅」という旅コーナーで、その名の通りぶっつけ本番で県内各地を巡ります!
私にとっての神社コロッケのように、その地域でしか食べられない味や見られない景色、それを大切にしている人の思いに触れたいと思っています。
皆さんの街に伺いますので、ぜひ見つけたら声をかけてくださいね。お会いできるのを楽しみにしています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

20190404-4.jpg 初詣にて 少林山のだるまと私

 

投稿者:栗原麻衣 | 投稿時間:11:23

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 泉 浩司
  • 安川侑希
  • 落合慶子
  • 新村美里
  • 吉田一之
  • 栗原麻衣
  • 吉川明穂
  • 毎熊千遥
  • 菅原成美

前橋放送局

  • 井口治彦 局長
  • 前橋局スタッフ

バックナンバー

新着記事


RSS