2018年11月20日 (火)ラジオ、やります!ゲストはあの芸人さん!(安川 侑希)


 

秋の深まりとともに冬の足音を感じるこの頃です。
どうも、安川です!
みなさん、体調など崩されていませんか?

今年も残すところあと1か月とすこし!
最近、笑っていますか~~?
とにかく笑える番組をお届けしたい!という気持ちだけでつくる
ラジオ番組、やります。

ゲストは・・・お笑いコンビ、タイムマシーン3号のおふたり!
関太さんと山本浩司さんです!!!!!!!
既におもしろいと思うのは、私だけではないはずです。
代表的なギャグや漫才もたっぷり披露していただきます!

ということで、お便りを募集します!
メッセージテーマは「忘年会の思い出」
鉄板の一発芸や失敗談などをお寄せください


また、おふたりへのメッセージも大募集!詳しくはこちら↓↓

https://cgi2.nhk.or.jp/prog/form.cgi?p=P4349&tb=f1&f=P4349

どんなことでもおふたりが答えてくれる・・はずです!


県外だからラジオが聴けない・・という方も大丈夫!
らじるらじるで後日配信します。(期間限定です)

どんどんお便りお寄せください
あなたの1通が、番組を作ります(^^)

放送は11月28日(水)
午後4時から、NHK-FMで生放送!
ぜひ、聴いてくださーい!(^^)!

 

20181120.jpg

 

投稿者:安川侑希 | 投稿時間:10:48 | カテゴリ:安川侑希 | 固定リンク

2018年11月16日 (金)インバウンドと温泉の伝統(井口 治彦局長)


 

 みなかみ町藤原地区からさらに北へ入ったところにある宝川温泉をご存知のかたも多いと思います。長い歴史を誇る、群馬県でも人気の高い温泉です。大きな露天風呂があり、いまの季節は湯につかりながら、山々の紅葉を楽しめるとあって、多くの観光客でにぎわっています。この宝川温泉の特徴は客の多くが外国人だということです。この2年間でおとずれた外国人の国籍は190を数えます。なかでもタイ、台湾、アメリカが多いそうです。
 現在湯守をつとめるのは小野与志雄さん、三代目です。現在でこそ“外国人観光客の受け入れ”が、どこの観光地でも共通のテーマになっていますが、小野さんはすでに18年前から、外国人観光客に注目し、受入れ対策を進めてきたといいます。その理由について小野さんは「日本人の人口も減少する、またかつては“60歳の定年後はのんびり旅行をしよう”という考え方があったが、それもままならなくなっている。外国人観光客に目を向けないと経営が成り立たなかった」と述べています。
 なかでも外国人が多く訪れるのが冬。雪を間近でみられることに大喜びだそうですが、日本人とは異なり、温泉そのものにはあまり興味がないそうです。たしかにヨーロッパでは温泉地に保養のために長期滞在する習慣はありますが、一泊旅行で温泉へ行くということはあまりききません。
  旅館の食事に対する考えも、日本人と外国人では異なるようです。日本人はやはり“華やかなお膳”など、日常ではない食事を期待しますが、外国人が希望するのは、焼きそばや串カツなど、いわゆる“B級グルメ”と呼ばれるものだといいます。またイスラム教の観光客には群馬名物の豚肉をふるまうこともできません。
 お話を聞いていて、もうひとつ大きな違いがありました。ある時期、小野さんは近くの山で保護されたクマをおりに入れて飼っていたところ、外国人観光客から“クマがかわいそうだ”という声が多く寄せられたそうです。小野さんはクマを思っての行動でしたが、外国人観光客の思ってもみない反応に、困惑を隠しきれませんでした。
 しかしながら国が違えば文化や風習も異なります。そうした違いに小野さんは日々、時に戸惑いながらも、広い気持ちで外国人観光客を迎え入れ、山あいの温泉を守り続けています。 

 

 20181116.JPG

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:11:48 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

2018年11月14日 (水)日米お笑いコンビ「パックンマックン」来群...!!(武田 涼花)


 

みなさん、こんにちは。武田涼花です。

ここ最近、ぐっと寒くなってきましたが、風邪などひいていませんか?

 

先日も‘美肌ランキング’で再び最下位をとってしまった群馬県

最近よく言われます…「群馬の風って・・・すごいんでしょ?」と。

ことし初めて群馬の冬を過ごす同僚も多いので、みんな怖がっています。

(群馬のあの風に育てられたわたしにとってはその様子、ちょっと面白かったりして・・・♪笑)

 

 

さて、そんな(?)群馬県に、

日米お笑いコンビのパイオニアパックンマックンさんがいらっしゃいました~!

 

20181114-1.JPG

 

群馬大学で行われた「大学セミナー」の講師として招かれたお二人。

テーマは「グローバル人材」。内容全部はお伝えできませんが、

お笑いコントを交えながら「英語って怖くない」「英語で新しい一歩を踏み出そう」といったメッセージが込められたセミナーでした。

 

驚いたのは、お二人と学生との距離。

何度も客席に来てくださったり、直接お話したりする時間もありました。

 

会場は、90分間、まさに爆笑の渦…!

わたしは司会だったのですが、

もう仕事を忘れて(?)お腹を抱えて笑っていました。

 

また、マックンこと吉田眞(よしだ・まこと)さんは群馬県富岡市出身ということもあり、お話やコントの中には、群馬ネタもたくさんありました。

 

今でこそ、流ちょうな英語でコントを披露していた吉田さんですが、実は、高校の英語のテストでは0点を出すほど英語が大嫌いだったそう。「英語ができればパックンマックンとしての活動の幅が広がるのではないか」と、1年半、1000時間、英会話教室に通ったそうです。

その後、海外で英語でお笑いを披露するまでに・・・。

 

 

「英語しゃべれる人?」と聞くと、会場の8割近くが‘しゃべれない人’に手をあげていたのに、セミナー後には、ほぼ全員が自信をもって‘しゃべれる人’に挙手。

ちょっとした発想の転換で、英語への抵抗がなくなるんですね。

英語への見方、考え方が変わったという学生も多かったと思います。

 

「あしたは新潟なんだよ」とおっしゃっていたお二人。

とにかくお忙しい・・・!

今度はぜひゆっくり、群馬に遊びにきてくださいね♪

 

20181114-2.JPG

 

最後は、ボランティアスタッフをしてくれた群大生の皆さんも交えてピース★

 

パックンマックン!楽しい時間をありがとうございました!!

 

 

投稿者:武田涼花 | 投稿時間:10:49 | カテゴリ:武田涼花 | 固定リンク

2018年11月09日 (金)群馬交響楽団の新たな風(井口 治彦局長)


 

 群馬交響楽団は、来シーズンより小林研一郎さんを新たにミュージック・アドバイザーに迎えることを発表しました。現在の大友直人音楽監督は来年3月で退任されますので、その後を引き継ぐことになります。ミュージック・アドバイザーと役割の名前は変わりますが、実質的には定期やそのほかの演奏会の指揮は言うに及ばず、音楽面や公演のアドバイスを通して、群馬交響楽団を率いていくことになります。任期は3年の予定です。

 小林研一郎さんは、“炎のマエストロ”として知られ、プロだけでなくアマチュアのオーケストラと共演することも多く、多くのファンを惹きつけています。群馬交響楽団とはこれまで9回の共演があります。ブダペスト国際指揮者コンクールで第一位を獲得しているほか、ハンガリー政府からリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章などを授与されており、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団とも共演するなど、ハンガリーと深い関係をお持ちです。

 大友さんの後任ということで、私はより若い世代の指揮者を想像しており、“マエストロ小林”のことは正直想像していませんでした。今回の縁をきっかけに、私が個人的に群馬交響楽団に期待したいのは、バルトークの演奏です。特に管弦楽のための協奏曲、ピアノ協奏曲、そしてバイオリン協奏曲など、名曲が目白押しです。民俗音楽を背景にしているといわれるバルトークの旋律を、群馬交響楽団がどう表現してくれるか、私はとても楽しみです。

 これまで大友監督のもとで、英国、北欧、ロシアとレパートリーが広がったところへ、ハンガリーが加わると、新たな幅と厚みが出てくる気がしています。来年には高崎芸術劇場が完成します。ここが定期演奏会の舞台となることは、オケだけでなくファンにとっても大きな転換となることでしょう。

 新たな時代を迎え群馬交響楽団がどう発展していくか、楽しみは尽きません。

 

 20181109.jpg 小林研一郎さん(写真提供 群馬交響楽団)

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:16:15 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

2018年09月27日 (木)ほっとぐんま出張スペシャル!(泉 浩司)


 

20180927-1.JPG


ほっとぐんま出張スペシャル!
いつものスタジオを飛び出して、あなたの街にお邪魔します!


1日目は…


20180927-2.JPG

高山村!

ここには全国でも珍しいある条例があります。

地域活性化のヒント、ここにあり!

 

そして2日目は・・・


20180927-3.JPG

嬬恋村!

落合さん、キャベツになっちゃった?

嬬恋、といえばキャベツですが、他にも魅力いっぱいです。

地域活性化のパワー、ここにあり!

 

放送は、10月4日と5日の午後6時半頃からです。
ぜひご覧ください!

20180927-4.JPG

 

さらに、それに先立ち、「好きです群馬」のコーナーも、
高山・嬬恋の作品を大募集!

皆さんのお便り、お待ちしています!

 

投稿者:泉 浩司 | 投稿時間:13:14 | カテゴリ:泉 浩司 | 固定リンク

2018年09月26日 (水)遠い星空を身近に(井口 治彦局長)


 

「ぐんま天文台」をご存知の方も多いと思います。高山村にあり、星空の観望会などで訪れた方も大勢いらっしゃると思います。来年2019年がちょうど開設20年となります。ここには150センチ、65センチという大きな望遠鏡のほかに、太陽望遠鏡などが備えられていますが、なかでも150センチ望遠鏡は世界的にも貴重なもので、視察や見学に訪れる海外の天文学研究者も少なくありません。

 

県内の子供たちから、大人の天文ファンまで誰でも見学し、研究員やボランティアスタッフの話を聞きながら、遠くの世界に思いを馳せることができます。身体が不自由な方向けのユニバーサルな天文台でもあり、誰もが楽しめる施設となっています。

 

初代台長だった故・古在由秀(こざいよしひで)先生の功績を慕って、多くの若手研究生も訪れました。かつては研修施設もあったため長期滞在も可能でした。特にインドネシア、タイなど東南アジアからも若手が多く滞在し、研究にいそしみました。そのころ研究した人たちが、20年の時を経て、今本国で天文学研究の最先端で活躍しています。

 

ほっとぐんま640は、年に2日間、前橋のスタジオから飛び出して、中継でお伝えする「キャラバン」を行っていますが、10月4日(木)は、ぐんま天文台から生放送でお伝えします。時間もいつもより10分早く、6時30分をめどに開始します。

 

どうぞお楽しみに!

 

20180926.jpg

ぐんま天文台の150センチ望遠鏡と橋本修主幹

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:15:58 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

2018年09月14日 (金)前橋に赴任した吉田です。「旅ラジ」見に来て下さい!(吉田 一之)


 

入局30年を迎え、10回目の異動をしました。吉田一之です。

ルアーフィッシングが趣味でブラックバスからシーバス。そして餌釣りのカワハギ、現在はフグ釣りが趣味です。

ウエイトトレーニングは趣味ではなく、日課(笑)。

50歳を過ぎてベンチプレスのマックス重量が140キロから120キロ程度に落ちて何とか取り戻したいと思っています。

最近は3年前から始めたゴルフもまじめに取り組んでいます。腰の痛みと戦いながら練習をしています。

 

地方都市に異動するたびに、ウエイトトレーニングの練習場所に困るのですが、

群馬に転勤したのと同時に局近隣にジムが出来ました。ゴルフ練習も自転車で通える範囲、

トレーニングにはよい環境が整いました。

環境を整えましたので、仕事にも邁進したいと思っています。

 

9月19日は片品村の道の駅・尾瀬かたしな、20日は前橋市中央イベント広場からラジオ第一・NHK-FM旅ラジ!」を放送します。

片品からはプロカメラマンの尾瀬を楽しむとっておきの秘密、前橋からは自転車で見つけた群馬の絶景ポイントなどをお伝えます。

公開生放送です。ぜひ会場に遊びに来てください。

午後0時半から55分までの全国放送です。

 

20180914.jpg

 

投稿者:吉田一之 | 投稿時間:17:39 | カテゴリ:吉田一之 | 固定リンク

2018年09月04日 (火)NHK全国学校音楽コンクール(井口 治彦局長)


 

夏真っ盛りの前橋で、NコンことNHK全国学校音楽コンクール・群馬県コンクールが、小学校・中学校・高等学校の3部門で開催されました。参加してくれた学校数は24校、なによりも参加校の皆さんに感謝申しあげます。児童生徒の皆さんには、いい思い出にしてほしいと願っていますが、どうだったでしょうか?

舞台袖で各学校の歌を聴いていると、自分も数十年前の小学校時代に合唱をやった記憶がよみがえってきて、とても懐かしい思いになりました。

 

常連の参加校、久しぶりに参加してくれた学校などいろいろです。多人数で参加の学校がある一方で、3人の学校もありました。コンクールである以上順位をつけなければいけませんが、私は全校に金賞を贈りたい思いでした。

 

舞台袖にいると、次に歌う学校の本番前の表情をうかがうことができます。学校それぞれの特徴があって、見ていて微笑ましくなりました。

女子同士でハグしあって緊張を分け合おうとしている学校、先生が先導してリラックス体操している学校、指揮をする生徒が率先して一人一人に笑顔を促す学校もありました。

 

このNHK全国学校音楽コンクールは85回の歴史を数えました。これからも続いてほしいと思う中で気になるのが、参加校が減っていることです。また特に高等学校の合唱部は、活動している生徒の数も少なくなっているようです。それぞれの学校でさまざまな事情があるなかで、NHKのコンクールに出てよかった、と思ってもらえるよう、私たちも努力していきたいと思っています。そしてしばらく遠ざかっている全国コンクールへ、群馬県勢が進むことを願っています。

 

20180904.jpg

 

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:15:06 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

2018年08月22日 (水)オリンピックをめざす若者へ ~幻の五輪元代表からのメッセージ②~


 

前回モスクワ五輪代表だった、秋田たまみさんの話をしましたが、今回も同じ陸上競技です。男子長距離代表だった中村孝生(なかむら たかお)さんについて書きます。

 

中村さんは小学校時代に東京オリンピックの記録映画に出会います。これを見てから“いずれオリンピックに行きたい”と、当時の作文に書いていたそうです。そして高崎市内の小学校時代の校内大会でいい成績をあげ、先生から陸上部に誘われました。“先輩たちに負けたくない、一番になりたい!”という強い思いで練習に打ち込みます。

当時中学生の全国大会として「放送陸上競技大会」という場があり、2,000メートルで中村さんは全国優勝を遂げます。卒業後に進学した前橋工業高校でも活躍し、2年生の時にはインターハイの5,000メートルで優勝を飾りました。これは瀬古利彦(せこ としひこ)さん(現日本陸連理事)の三連覇を阻む勝利で、当時の陸上競技雑誌で大きく紹介されました。

 

その後大学から社会人チームを通じて、長距離やマラソンに打ち込み、モスクワ五輪代表の座を勝ち取ります(5,000メートル、10,000メートル)。夢の舞台にむけて練習に励んでいる中で、旧ソ連のアフガニスタンへの軍事介入に対する、西側諸国の不参加(国によっては個人参加なら可とする)という動きがあり、日本も不参加を決定しました。

中村さんは落胆したものの、“国が決めた以上、それに従うしかない。4年後をめざそう”と腹をくくりました。しかし4年後はかなわず中村さんは選手生活を終えました。

 

指導者になってからは、“思っていることを言葉にして相手に伝えること”のむずかしさを痛感したといいます。それでも経験を重ねるなかで、「あきらめないことの大切さ」を伝えてきました。2020をめざす若者に中村さんは、“トレーニングをすることが、いずれ社会に出て頑張れるから” と言います。そして “夢はあきらめてはいけない。陸上のことを考えながら、夢を口に出して言うことが大事で、頑張ってほしい” とエールを送ってくれました。

20180822.jpg  中村孝生さん

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:17:41 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

2018年08月02日 (木)オリンピックをめざす若者へ~幻の五輪元代表からのメッセージ~(井口 治彦局長)


 

東京オリンピック、パラリンピック大会まであと2年となりました。新しい国立競技場や他の施設の建設や整備も進められています。出場をめざす選手たちのモチベーションも一層高まっているのではないかと思います。

 

いまから38年前、1980年にモスクワオリンピックが開催されました。しかしその場に日本選手団の姿はありませんでした。五輪に先立つ1979年、当時のソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻しました。それに抗議してアメリカが五輪ボイコットに踏み切り、日本や当時の西ドイツも参加を見送りました。代表になりながら参加できなかった選手たちの悔しさはいかばかりであったでしょうか。

 

群馬県にも元代表がいらっしゃいます。そのひとりが陸上女子走り高跳びの秋田(旧姓八木)たまみさんです。秋田さんは伊勢崎市出身。中学時代から頭角を現し、高校時代はインターハイで三連覇を達成されました。モスクワ五輪に向け、1メートル90センチという記録を出し代表に選ばれました。秋田さんは、“世界のトップ選手を見るいいチャンス“と練習に打ち込んだものの、不参加が伝えられるとそれを静かに受け止めました。そして“自分の身体でどれだけの記録が出せるかが大事であって、それを表現できる場はほかにもある” と気持ちを切り替えたということです。その一方で、“開会式には出たかったなと思います”と振り返ってくれました。

 

秋田さんは今、週二回中学生に陸上競技を指導しています。時代も違い、指導も難しさを増しているようですが、子供たちの話をする秋田さんの目は優しさに溢れていると感じました。東京大会をめざす人たちにこんなメッセージを贈ってくれています。

 

“東京大会は地元のオリンピックでプレッシャーがかかるかもしれないが、その人でなければ経験することのないチャンスだと思う。いろんなことを味わいながら最終的には、メダルよりも「楽しかった!」と思えるようにして欲しいです。” 

20180802.jpg 秋田たまみさん

 

投稿者:井口治彦 局長 | 投稿時間:14:09 | カテゴリ:井口治彦 局長 | 固定リンク

ページの一番上へ