ルソンの壺

Archive
Theme
  • 2016年1月号
  • “女ごころ”をつかめ!
    女性客の獲得で業績アップ
今回は「女性客の獲得で業績アップ」です。主婦の要望を徹底的に聞き、商品開発を繰り返す納豆メーカー。老舗の日本画用の絵の具製造販売店は、長年のノウハウを生かし新たなネイル製品の開発に挑戦。さらに女性客をターゲットにする旅行会社は、テーマに応じたきめ細かな演出で、ユニークな旅を企画し利用客を増やしています。地道に客の声や要望を直接聞き続けることで“女ごころ”をつかみ、独自の工夫で業績を上げる関西企業の成功のツボに迫ります。
主婦のニーズに“ねばっこく”応えます

大阪で50年以上、納豆を作る会社。当初は順調に売上を伸ばすも、大手メーカーの関西進出で経営が悪化。そんな時、社長となった吉田恵美子さんが起死回生にと始めたのが、徹底的に主婦の声を聞くこと。工場の前に机を並べて納豆を直売したり、アンケートを頻繁に配ったり・・・「ゴミの分別が面倒」という声に応えるために、容器をプラスチック製から紙製に。「納豆を食卓に出す際に手間をかけたくない」という声に対しては、会社でネギを切ってから、うずら卵とセットにして販売するなど、主婦のニーズに応えようと商品の改良を重ね、業績を伸ばしている。

ネイルにいかす “和のセンス”

江戸時代から続く、日本画用の絵の具専門店。6年前に始めた「体に優しいネイル」の開発・販売が好調だ。かつてバブル崩壊で絵具の売り上げは激減。業績回復のためにと、取締役の石田結実さんが目をつけたのが、白い絵具の原料となる、胡粉(ごふん)だった。胡粉とは、ホタテ貝などの殻を砕いた粉。その中には、真珠の輝きのもととなる「真珠層」があり、これをネイルで使うマニキュアに生かせないかと考えた。1年かけて、原料にシンナー系の液体を使わず、体に優しい独自のマニキュアを完成。さらに長年、日本画用の絵具を扱う中で培った“和の色合い”もとりそろえ、人気を得ている。

旅の“おもい” おもてなしでかなえます

女性客を主なターゲットにする京都の旅行会社。さまざまな目的で旅をしたい女性の願望に、きめ細かな「おもてなしの心」で応える。社長の井上ゆき子さんを含め、従業員もすべて女性で、客の声を徹底的にリサーチしてユニークなツアーを企画。ふだんはなかなか行けない店と交渉し、おいしいものを少しずつ食べる『お味見ツアー』を段取りしたり、「一日、ぼーっとしたい」という人に、古都の物静かな場所をアレンジしたり・・・さらに失恋した女性の心を癒やす『失恋タクシー』や、事情があってウエディングドレスを着ることができなかった女性の夢を叶えるツアーなども。きめ細かな対応に、リピーターも増え、業績を上げている。

Theme
Theme
ルソンの壺とは?

関西を元気にする人たちが集う、ルソンズ・カフェ。
ここに来ると過去の失敗談をつい打ち明けてしまう、
そんな不思議なお店。

ビジネス成功の「ツボ」を御紹介します
イヴレス株式会社社長 山川景子さん
失敗はいっぱいあるんですよ。

今から18年前、ホテルに売り込む商品を求めて、海外を飛び回っていた山川さん。

ある日、バリ島で「バナナの皮で作ったせっけん」を見つけ、「これからは健康志向が高まり、絶対に売れる!」と、5千個を購入。

ところが!ホテルの担当社の反応は、「バリ島ってどこ?」「バナナのせっけん?うちはいらんわ」。

結局、「バナナの皮のせっけん」は在庫の山に。ぜーんぶ、処分することに~(涙)。

イラスト 亀川秀樹
ひらめいた!モノより先に客探す
Theme
収録後記
アナウンサー 田代杏子

 名越さんが、収録の合間におっしゃっていたこと:「男性と比べて女性が複雑と言われる理由は、女性は全ての感覚を満たされないと満足しないから」。
 例えば…。何かを食べる、という行為一つでも、男性の場合は食べ物そのものがおいしければ満足できる人が多いそう。それは増田さんも同意していました。
 一方の女性は、味はもちろん、盛り付けられ方、食器、場所、後ろで流れている音楽、誰と一緒いるか…、五感で感じる全て=世界観がフルに整っているほど幸せを感じる人が多いそうです。確かに、上記の一つでも不満要素があれば、満足できないとまでいかなくとも、テンションが劇的に下がる女性も少なくない気がします(自分も含め…)。しかも女性の好みは多岐に渡る!それぞれの女性の、さらにそれぞれの「感覚」の好みだけでも調べようとすると、それはもう宇宙的な数字かもしれない。大変です。その宇宙的な数の要望を、少しでもたくさん集めて1つ1つに応えていくことによって、女性の「複雑な満足」に一歩ずつ近づいていく。さらに、その要望にあがっていないところまで心地よくすることを追求する。そういう心もちでビジネスを広げているというのが、今月号の企業の皆さんの共通点でした。
 増田さんが考えてくださった壺:「女子を調べて好調に」。そこにあるきめ細やかさとスピード感、柔軟に対応するしなやかな「姿勢」を感じることで、女性はちゃんと自分たちを知ろうとしてくれているという感覚も満たされ、さらに心をつかまれているのかもしれないですね。
 ビジネスからは離れますが…、今回は、女性の心をつかみたい男性の皆さん、参考になりそうなお話、たくさんありましたよ!

放 送(関西地域)
2016年 1月31日(日)総合テレビ午前 7:45~ 8:25
再放送(関西地域)
2016年 2月14日(日)総合テレビ午後 5:20~ 5:59
※上記内容は、放送日時点での情報です。
NHKサイトを離れます