静岡の食材紹介 

桜えび・しらす・たたみいわし

桜えび

駿河湾の宝石とも呼ばれるのが桜えび。年に二回、産卵期を避けた春と秋に駿河湾でだけ水揚げされます。資源保護のため漁場・漁獲量が厳密に定められた貴重な食材です。水深300mほどに生息する桜えびは体長4センチほど。海中では透明ですが水揚げされると鮮やかな桜色に。これが名前の由来です。漁は夜に行われ、早朝にはすぐさま競りにかけられます。急速冷凍技術の発達でプリプリとした歯触りと磯の香り、甘さが絶品の生桜えびも広く楽しめるようになりました。また、昔ながらの製法で天日で干して作る干し桜えびは、うまみが凝縮された味はもちろん、その作業風景が「まるでピンクのじゅうたんのよう」と観光客にも人気で、春と秋の風物詩になっています。

しらす

南の海から黒潮に乗って遠州灘や駿河湾沖にやってくるカタクチイワシやマイワシの稚魚たち。体が透明なことから「白子 しらす」と呼ばれています。しらすの漁期は毎年3月21日から。漁が静岡の海に春の始まりを告げます。
静岡は漁場と港が近く、鮮度が命のしらすを水揚げ直後に船上で氷でしめて鮮度を閉じ込めたまま加工場へ運ぶことができます(茹でたてのしらすが「く」の字に曲がっているのは新鮮な証拠なのだそう)。
急速冷凍されて全国に運ばれる生しらすをはじめ、釜茹でにされた「釜揚げしらす」、それを干した「しらす干し」、「ちりめん」、生しらすを板のり状に薄く延ばして干した「たたみいわし」となどの加工品が有名です。
また春先には、各地の港でしらすをメインとした祭が開催され、多くの観光客でにぎわいます。

(写真提供:静岡県庁)

たたみいわし

生しらすを板のり状に薄く延ばして干して作る「たたみいわし」。軽く炙ったり、油でさっと揚げて「潮の風味」「魚の旨味」をダイレクトに味わう栄養満点の一品です。
元々は江戸時代末期から湘南海岸(こちらもしらすの名産地)で作られていたものが、明治に入って静岡でも作られるようになりました。しらすを乾燥させる際に、かつては畳表に使われるイグサの上に干していたことから、「たたみ(畳)いわし」と呼ばれるようになったと言われています。とにかく薄く作るのが職人の腕の見せ所で、透かして富士山が見えるくらいの薄さが理想だそう。
たたみいわしは脂肪が少なく乾燥が十分に行われているため、家庭用の冷蔵庫等の暗所であれば長期間の保存に耐えられます。