静岡県
松木一浩さん考案の新郷土料理の中から、みなさんが「食べたい」「つくりたい」と思う料理に投票していただきました。ご参加くださったみなさん、どうもありがとうございました。投票結果の発表とレシピをご紹介します。あなたが選んだ料理はもちろん、ほかの料理もつくって味わってみてください。 レシピは、NHKテキスト「きょうの料理4月号」(2018年3月20日発売)でもご覧いただけます。

料理人

松木 一浩

農場・レストランオーナー

紹介文を読む

応援ゲスト

鈴木 砂羽

俳優

コメントを読む

投票結果

しらすのキッシュ風

桜えびの
沖あがり丼

桜えびしんじょう
青のり風味

たたみいわしと新じゃがのミルフィーユ

戻る

しらすのキッシュ風

キッシュと言ってもパイ生地ではありません。食パンをつぶして型に敷き詰め、しらす、小松菜、卵液を流し入れ、チーズをのせて焼くだけのお手軽キッシュ。しらすのほどよい塩味、チーズのコクがひとつになって、誰もが好きな味わいに。

桜えびの
沖あがり丼

静岡の春の名物は桜えび。駿河湾でとれる新鮮な桜えびをつかった漁師料理「沖上がり」を松木さん流にアレンジ。豆腐とともにすき焼き風に煮た伝統料理を卵でとじ、丼仕立てに。うまみの隠し味になるのはマッシュルーム。

桜えびしんじょう
青のり風味

干した桜えびのうまみと食感がしんじょうの中につまった一品。はんぺんをつかうことで手軽に作れて、しっとり柔らかな新食感が特徴。名産の青のり、ニューサマーオレンジを風味アップに使い、静岡ならではの味わいがいただける。

たたみいわしと新じゃがのミルフィーユ

フライパンであぶったたたみいわしとポテトサラダを交互に重ねただけ、なのにおしゃれな一品に。ポテトサラダにはからし明太子を入れてぴりっと。たたみいわしはしょうゆを塗ってさっとあぶるだけで、まるでサクサクパイのよう。