きょうの料理 ✕ つくろう!にっぽんの味47

岡山県

つく郎
黄にら

お悩み食材

黄にら

おいしくて、使いやすい黄にらのことをみんなに知ってもらいたい!

岡山県の特産品で、生産量は全国1位。冬はハウス栽培も行うなど年間通して栽培され、特に秋から春にかけては、寒さで甘みが増してよりおいしくなります。一般的なにらと比べると割高ですが、色合いが美しく、やさしい風味を生かした、SNS“映え”する料理で消費をアップさせたい!

お悩み解決!つくあじ料理人

村田 裕子
村田 裕子むらた・ゆうこ
料理研究家、管理栄養士。「毎日の元気は食生活から」をモットーに、健康とおいしさを兼ね揃えたつくりやすい料理を提案している。
オイル黄にら
まずは、この一品!

オイル黄にら

黄にら2ワ(100g)は3㎝長さに切る。鍋に湯を沸かして火を止め、黄にらを加えてひと混ぜし、しんなりしたら取り出して水けをしっかりきる。オリーブ油大さじ1、塩・黒こしょう(粗びき)各少々を合わせ、黄にらとあえる。

料理人コメントやさしい色合いと存在感を生かして!

黄にらは、緑色のにらと比べて味わいも香りも穏やかですが、風味が豊かで色合いもきれいなので、見た目や味にアクセントがつきます。扱い方が簡単なうえ、シンプルな味つけで存在感を発揮するので、ふだんのおかずはもちろん、おもてなし料理にも重宝します。

農家 植田輝義さん

やさしい風味と色合いが魅力の黄にら。地元での認知度もいまいち。若い人にまず知ってもらいSNSで発信して、黄にらを広く使ってもらいたい。見た目華やかな花形の「ロールギョーザ」や、岡山の食材をふんだんに使った栄養満点の「コブサラダ」は、手軽なのにもてなし料理にもぴったり。若い人がつくってくれそう!

つく郎
戻る