村田吉弘さんにとっての

「つくあじ」とは?

村田吉弘

日本料理店の3代目店主

京都の日本料理店の3代目店主。和食の国際化を牽引しながら家庭でつくりやすいレシピも数多く提案している。海外からの料理人を受け入れ、「日本料理を正しく世界に発信する」ことや、さまざまな食のイベントに参加し「公利のために料理を作る」ことを大切にしている。2012年「現代の名工」「京都府産業功労者」、2013年「京都府文化功労賞」を受賞。現在NPO法人日本料理アカデミー理事長。