きょうの料理 番組自慢の講師が人気の定番料理や旬の食材を取り入れ、食卓の幅を広げるレシピを紹介。

Eテレ 月曜~木曜 午後9時00分~9時25分 再放送Eテレ 火曜~木曜・翌月曜 午前11時00分~11時25分 再放送Eテレ 総合 金曜 午前10時15分~10時40分)

手羽元とさやいんげんの梅干し煮講師:藤野 嘉子

藤野 嘉子さんのこのほかのレシピをもっと見る
※クリックするとNHKサイトを離れます。

材料

(2~3人分)
・鶏手羽元 8本
・さやいんげん 8本
・梅干し 1~2コ
----------
【煮汁】
・水 カップ1/2
・酒 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ1/2
----------
・サラダ油 小さじ2

エネルギー:210kcal
 *エネルギーは1人分

調理時間25分

つくり方

1.
さやいんげんはヘタを切り落とし、手で半分に折る。手羽元は紙タオルで水けを拭き取る(全体備考参照)。
2.
鍋またはフライパンにサラダ油を中火で熱し、手羽元を並べ入れる。時々上下を返して全体にしっかりと焼き色をつける。
〈★メモ〉表面をよく焼きつけておくのも、鶏肉のくせをやわらげ、骨から身離れをよくするために大切なポイント。
3.
【煮汁】の材料を加えて混ぜ、梅干しを加えてふたをする。時々ふたを取って混ぜながら、約10分間煮る。
〈★メモ〉梅干しの酸の効果で肉が柔らかくなり、さらに身離れもよくなる。
4.
いんげんを加え、ふたをずらして約5分間煮る。ふたを取って全体を混ぜ、つやよく仕上げる。
〈★メモ〉汁けが多い場合は、手羽元といんげんを器に盛ってから、【煮汁】だけをトロリと煮詰めてかけるとよい。

《全体備考》

◎鶏手羽肉の下処理◎
鶏手羽肉は表面に水けが残っていると、独特のくせが感じられる。また、焼いても揚げてもカリッとせず、身離れが悪くなる原因にもなるので注意して。

鶏手羽元や鶏手羽先は、紙タオルで水けをしっかりと拭き取る。血合いなどが気になる場合は、水でサッと洗ってから拭くとよい。