きょうの料理 番組自慢の講師が人気の定番料理や旬の食材を取り入れ、食卓の幅を広げるレシピを紹介。

Eテレ 月曜~木曜 午後9時00分~9時25分 再放送Eテレ 火曜~木曜・翌月曜 午前11時00分~11時25分 再放送Eテレ 総合 金曜 午前10時15分~10時40分)

しらすの焼き飯講師:土井 善晴

土井 善晴さんのこのほかのレシピをもっと見る
※クリックするとNHKサイトを離れます。

材料

(2人分)
・卵 2コ
・冷やご飯 300g
・釜揚げしらす 50g
 *全体備考参照。
・ねぎ (白い部分) 1本分(100g)
・サラダ油 大さじ2
・塩
・しょうゆ 小さじ1
・湯 大さじ1~2

エネルギー:490kcal
 *エネルギーは1人分

調理時間15分

つくり方

1.
ねぎはじゃばら切り(ねぎの表裏に、斜めに浅く細かい切り目を入れる)にしてから、小口から粗く刻む。卵はボウルに溶きほぐす。
2.
フライパンにサラダ油を中火で熱し、卵を入れてすぐに冷やご飯を加えて焼き炒める。やたらに混ぜないで、ご飯を広げて待ち、焼き色がつけば、鍋返しをして、広げて待つ。また、焼き色がつけば、返す。これを繰り返す。
〈★メモ〉焼き飯は、ご飯一粒一粒に焼き色をつける、という気持ちでつくると、粘らずパラリとした焼き飯ができ上がる。
3.
釜揚げしらすを加え、さらに焼き炒める。
〈★メモ〉しらすの塩けでうすく味はつくが、必要に応じて塩を補う。
4.
ねぎを加えて炒め、しょうゆと湯を加えて仕上げる。
〈★メモ〉しっかり焼き炒めているため、ご飯粒の表面がガサガサと堅くなっているので、最後に湯を入れて蒸らし、ふんわりと戻す。時間をかけて(10分間程度)炒めると芯まで熱くなって冷めにくく、いい湯気がたつ。

《全体備考》

【釜揚げしらす】
かたくちいわしやまいわし、うるめいわしの稚魚を塩水でゆでたもの。乾燥の度合いによって、堅さが異なる。ちなみに、これを干したものが「しらす干し」、さらに乾燥させたものが「ちりめんじゃこ」。