きょうの料理 番組自慢の講師が人気の定番料理や旬の食材を取り入れ、食卓の幅を広げるレシピを紹介。

Eテレ 月曜~木曜 午後9時00分~9時25分 再放送Eテレ 火曜~木曜・翌月曜 午前11時00分~11時25分 再放送Eテレ 総合 金曜 午前10時15分~10時40分)

えびチリ講師:土井 善晴

土井 善晴さんのこのほかのレシピをもっと見る
※クリックするとNHKサイトを離れます。

材料

(4人分)
・えび (殻付き/無頭) 20匹(約400g)
 *冷凍えびでよい。
・しょうが 20g
・にんにく 1かけ
・ねぎ 100g
・豆板醤(トーバンジャン) 小さじ1
・トマトケチャップ 大さじ2
----------
【合わせ調味料】
・酢 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ2
・酒 カップ1/4
 *あれば紹興酒。
----------
【水溶きかたくり粉】
・かたくり粉 大さじ1
・水 大さじ1
----------
・サラダ油
・ごま油 大さじ1

エネルギー:260kcal
 *エネルギーは1人分

調理時間20分

つくり方

1.
えびはぬめりがなくなり、水が濁らなくなるまで洗い、水けをよく拭き取る。
〈★メモ〉水の中でもみ洗いすることで、冷凍えびのくさみもなくなる。
2.
料理ばさみで背側の殻を切り開き、尾の先を切り落とす。包丁で背に深く切り込みを入れて背ワタを取る。
3.
しょうが、にんにくはたたいてから細かく刻み、ねぎはじゃばらに切ってから小口から粗く刻む。
4.
【合わせ調味料】の材料を混ぜ合わせ、【水溶きかたくり粉】の材料を混ぜておく。
〈★メモ〉豆板醤、トマトケチャップはすぐに使えるように計量しておく。中国料理は、調理に入る前に下ごしらえと計量を済ませておくことが大事。
5.
フライパンにサラダ油大さじ3、2のえびを入れ、中火で両面をじっくり焼く。焼けてカラリとして白っぽくなってきたら、いったん取り出す。
〈★メモ〉えびを中火でじっくり焼くことでえびの風味が油に移り、ほんのり赤いえび油になる。殻のないえびチリも食べやすい。その場合は、ここで殻をむく。
6.
5のフライパンにサラダ油大さじ1を足し、しょうが、にんにくを中火で炒める。香りがたってきたら豆板醤、トマトケチャップを加えて炒め、【合わせ調味料】を加えてひと煮立ちさせる。【水溶きかたくり粉】を回し入れ、えびを戻し入れる。
7.
6に3のねぎを入れ、とろみのついた煮汁をからめる。最後にごま油を入れてつやよく仕上げる。
料理助手かんべさんの0.5品
きょうの料理60年の歴史を、長年裏方で支えてきたベテラン料理助手の「かんべさん」。
その日の放送で中途半端に余ってしまった食材を無駄なく使い、副菜やデザート、常備菜などなど、食卓にちょこっとプラスするだけで幸せ気分になれる「0.5品」を、パパッとつくります。