美容・ケア

健康な足を取り戻そう
足アーチ崩れ度チェック

足の指やかかとが痛い、足がつる、爪の形がヘン、よくつまづく。
お悩み全部、足アーチの崩れが原因かも!

公開日:2018年11月2日

足は28個の骨の組み合わせで、甲の部分はアーチ状に弓なりになっています。
この足アーチのおかげでバランスよく立ったり、歩いたり走ったり、ジャンプすることができます。
ところがこの足アーチが崩れるとバランスが崩れて、さまざまな足の悩みの原因につながるのです。

まずは、足のアーチの崩れ度をチェックして、健康な足を取り戻しましょう。

足アーチ崩れ度チェック

あなたはいくつ当てはまりますか?

□ 靴底のかかとが片方だけすり減る
□ 靴底のかかとが左右とも内側からすり減る
□ はだしで片足立ちをすると、体がフラフラする
□ 夜、寝ているときに足がよくつる
□ 足の裏にタコや魚の目が絶えない
□ 足の親指の爪が変形している
□ ぺたんこ靴よりハイヒールのほうが楽

あなたはいくつ当てはまりましたか?

2つ以上当てはまると要注意。
足にトラブルを抱えている可能性があります。

0~1つでも油断は禁物。
今は不調がなくても、よくない生活習慣を続けると将来トラブル足になる可能性があります。

足のアーチ

足は28個の骨の組み合わせで、甲の部分はアーチ状に弓なりになっています。
このアーチのたわみが体重を支え、衝撃を吸収しているのです。
しかし、足アーチが崩れると、バランスが崩れて、どこかにゆがみや痛みが出てくることも。女性に多い外反母趾(がいはんぼし)、男性に多い足底腱膜炎、また、巻き爪や角質のトラブル(タコ、魚の目など)につながってしまいます。
正常な足

正常な足

足アーチが整っている正常な足。土踏まずが上がり、アーチが保たれている。体重の数倍の負荷も耐えられる。
へん平足

へん平足

アーチが潰れて土踏まずが平らになっている状態。骨格が前後左右に開き、ゆがみが生じたり、痛みが出たりする。
日本人の多くが、へん平足だと言われている。
甲高

甲高

アーチが高く盛り上がった状態。たわみのクッション性が低く、地面から受ける衝撃を足で吸収しにくい。

足アーチの回復はインソールで!

足アーチの崩れは「インソール」で食い止めましょう。一度崩れてしまったアーチを治すのはなかなか簡単ではありません。インソールを使って、補正することをおすすめします。
専門のアドバイザーがいる靴店で、自分の持っている靴や足の悩みを相談しながら、足に合ったものを選びましょう。
長く続く痛みや変形などがある場合、専門の医療機関では、治療用インソールをオーダーメイドで作成することができます。
インソール

足の爪の切り方

足の爪を伸ばしっぱなしにしていると、靴の中で窮屈になり、爪の変形や炎症につながりかねません。また、切りすぎると巻き爪の原因になってししまうこともあります。正しく切って、快適に!
足の爪の切り方
足の爪は、先端が平らで、両端の角をやや落とした「スクエアオフ」にカットします。こうすることで靴があたっても力が分散します。
厚い爪はニッパー型の爪切りを使うと切りやすいでしょう。爪が割れないように端から少しずつ切ります。
長さは指先より飛び出さない程度に。これ以上深爪にすると、端が皮膚に食い込みやすくなります。
また、爪切りだけでなく、爪やすりを使うと長さの微調整が可能となり、先端が滑らかになります。

教えてくれた人

桑原 靖

  • 医師

プロフィール

足のクリニックの院長。埼玉医科大学大学病院形成外科にて外来医長、フットケアの担当医を務め、2003年に日本では数少ない足専門クリニックを開院。専門医、専門メディカルスタッフによるチーム医療を行い、足の総合的な治療とケアを行う。