ライフスタイル

健康寿命を延ばすヒント3
運動より「読書」!?

AI(人工知能)の分析から導きだされた、いつまでも元気に暮らす秘密。
「読書」すればピンピンコロリできる!?

公開日:2018年10月13日

「健康寿命」とは、日常生活に制限なく、自立して、健康で何歳まで生きられるかを示す値です。
最新データでは、男性では72.14歳、女性は74.79歳。
しかし「平均寿命」との差は男性が約9歳、女性は約12歳もあり、
その間は寝たきりや要介護などの状態で暮らしていることになります。

ということは、「健康寿命」と「平均寿命」との差が短ければ短いほど、
死ぬ間際まで元気な「ピンピンコロリ」の人生を送ることができるのです!
そこで、NHKが開発した人工知能の「AIひろし」が、
65歳以上、のべ41万人の膨大な生活習慣や行動のデータを徹底的に学習。
そこから見えてきた、健康寿命と平均寿命の差を短くするキーワードは「本や雑誌を読む」でした。    

なぜ「読書」をすると元気に生きられる?「読書」と「健康寿命」の意外な関係に迫ります。

都道府県 どこが健康で長生き?

都道府県ごとに、どこが健康で長生きしているのかを調べてみました。健康寿命を縦軸に、平均寿命を横軸にすると、「健康で長生き」「健康で短命」「不健康で短命」「不健康で長生き」という4つのゾーンに分けることができます。
「健康で長生き」とは、平均寿命が全国平均より長く、健康寿命も全国平均より長いので、寝たきりや介護の世話にならない健康で長生きの人の割合が多い、ということになります。
この中で、健康寿命が最も長く、平均寿命も全国平均より長いのが山梨県。
一方、長寿県として有名な長野県は、平均寿命は一番長いですが、健康寿命はほぼ平均となっています。
ということは、平均寿命が長い理由と、健康寿命が長い理由は違うところにあるのではないでしょうか?

AIひろしは何を分析した?

NHKが独自に開発した人工知能「AIひろし」は、健康寿命を延ばすヒントを探すために、日本全国の65歳以上、のべ41万人の生活習慣や行動に関するアンケートを分析。
アンケートの質問は600問以上。10年以上にわたって追跡調査を行った膨大なデータです。
(基になったデータは、研究者などで構成するJAGES[日本老年学的評価研究機構]が調査)
AIひろしは、例えば「ジョギングが好き」にYESと答えた人が、他の600の質問のどれにYESと答えたかを調べ、「密接な関係がある」と判断した質問との間を結びつけます。
ベイジアンネットワークなど複数の機械学習を組み合わせて使用

ベイジアンネットワークなど複数の機械学習を組み合わせて使用

すべての質問の関係、およそ18万通りを調べあげ、さらに、その質問が「健康と不健康のどちらに関係するか」を判別。

この分析の結果、AIひろしが生み出したのが、複雑にからみあったネットワーク。
赤色は健康要素、そして青色が不健康要素となります。
この健康要素の中で、他の健康要素と最も多くつながっていたのが、「本や雑誌を読む」ということ。
本や雑誌を読む人は「ヨガや散歩のグループに参加」「外出はほぼ毎日」「友人とよく笑う」など非常に多くの健康要素にとつながっていたのです。
しかも、不健康要素とのつながりが見当たらない、という驚きの結果でした。
(AIはつながりを示すだけです。因果関係は人間が読み解いていきます。)

読書と健康の謎を探りに山梨へ

山梨県は健康寿命が長く、男性は全国1位、女性は3位。
ところが運動やスポーツの実施率では、なんと全国最下位。にもかかわらずなぜ健康寿命が長いのでしょうか? 実は人口に対する図書館の数がダントツの全国1位。
山梨県立図書館を訪ね、本好きのお年寄りに読書と健康の関係を聞いてみました。すると…
「本を読んだから健康になるわけない。食べ物と運動が大事!」
という声の一方で、頻繁に図書館にバスで来る人、手芸に関心を持つ人、手すりなしでスイスイと階段を昇る人など、AIひろしが示した健康要素のつながりと一致する人たちに出会えたのです。
さらに、図書館を訪れていた大の読書好きの相河則正さんの読書ライフをのぞかせてもらうと…
読みたい本を探して歩き回るので、いい運動になっているようです。また、歴史や俳句、旅行などさまざまなジャンルの本を借りることで、知的な刺激を受け、それが大事だと感じているそう。しかも、旅のガイドブックを読むと過去の記憶が呼び覚まされ、そのおかげか物忘れも少ない、と言います。

なぜ読書は健康寿命を延ばす?

アメリカ・イェール大学が発表した「読書と寿命」に関する論文によると、50歳以上・約3600人を「本を読む人」と「まったく読まない人」のグループに分け12年に渡って追跡調査したところ、「本を読む人」の方が2年近く寿命が長かったというのです。しかも、性別や健康状態、財産、学歴には関係なく、本を読むことが長寿につながっていたと結論づけています。

また、医学や高齢者福祉などのエキスパートが集まるJAGES(日本老年学的評価研究機構)が現在調査中の研究では、「図書館が近くにある人は要介護リスクが低い」というデータもあると言います。
AIひろしの分析では、「本や雑誌を読む人」は多くの赤い健康要素とつながっている一方、「読まない人」は青の不健康要素(「人生に嫌気がさすことがある」「社会に関心がなくなってきた」など)と数多くつながっていることが判明。はっきりと差が出たのです。
今回、AIひろしにデータを提供した千葉大学教授の近藤克則さんは、「“心が動くと体が動く”という言葉があるが、何かやってみたいことを見つけると、旅行に行こうとか、行動を起こそうとなる。読書は心を動かし、行動を起こすきっかけを与えてくれるのでは」と言います。

低コストで健康寿命を延ばすには読書がカギに

実は、山梨県では図書館が多いだけではなく、学校司書制度が昭和20年代から広がり、公立小学校での学校司書の配置率が98.3%と、高い普及率を誇ります。そんな環境で育った県民全体に読書の習慣が根付いたのではないでしょうか。

また2017年には、「初等教育をしっかり受けると認知症を減らす効果がありそうだ」という論文が国際的な医学雑誌で発表されました。(Livingston, G. et al.(2017) “Dementia prevention, intervention, and care.”)
こうした研究も、AIひろしの分析に通じているようにみえます。
経産省で数々の社会問題に関わってきた東京大学の坂田一郎さんは、「病院を建てたり、医療を充実させることに比べ、学校司書を増やしたり図書館を充実させる方が、コストがかからない」という利点も指摘。

これからは健康長寿を伸ばすために、「本や雑誌を読む」ことや「図書館」の存在が、大きなカギとなっていくのではないでしょうか。