ファッション・雑貨

シトウレイの蘇生コーディネート(2)
「部分ドリの術」と「女優帽攻略作戦」

派手すぎて年相応じゃないかも…
そう感じ始めたかつてのお気に入りを
今のお気に入りに蘇生させます!

公開日:2018年9月7日

日夜ファッション道に邁進(まいしん)するシトウレイが、
あなたのクローゼットの中で日の目を見ずに眠っている洋服を、一瞬にしてお気に入りのアイテムに変えてしまう、
魔術のような「蘇生」コーディネート。

今回のテーマは派手な服を着こなす「部分ドリの術」。
そして、どうかぶっていいものか悩んでしまう、エレガントな女優帽の攻略!

派手さは自分で調節できる!?
決めすぎたくないときは“一点集中”で!

今まで気づかなかった目から鱗(うろこ)のアドバイスで、クローゼットの中が宝の山に大変身します。
では、はじまりはじまり〜!

【今回の相談者】おしゃれ好き! ゆえに悩める今泉さん

今泉さん
シトウレイ
こんにちは! シトウレイです。
今回、私が蘇生するのは、おしゃれが大好きで、という女性のお洋服。
まずは、クローゼットを見せていただくと…
さすがおしゃれ大好きさん!
合わせる服もよりどりみどり。
腕がなります〜!
シトウ「いろんなジャンルの服がありますね!」

今泉「洋服でイメージって変わるじゃないですか?
だから、いろんなタイプの洋服着たいんです。
でも、最近はちょっと…。」
基本はシックなものが多いけれど、気分を上げたい時に派手なものも買っていたという今泉さん。
しかし、最近は年相応にしたほうがいいかしら…
と、派手なものに手が伸びないとのこと。

派手な洋服が似合わなくなった?

派手な総柄のチュニック

大人の女性はシックにすべきなの…?

というわけで、今回の相談アイテムはこちら。
派手な総柄のチュニックです。

いろんな色が入ったカラフルな花柄。
以前は気に入ってよく着ていたのだけれど、
最近は、これで外に出て大丈夫かなって、
ためらってしまわれるそうで、
このチュニックもクローゼットの隅で小さくなっておりました。

しか~し、派手すぎる…となげく無かれ!
ならば、
全部見せなくったっていいのです!

それに、派手なものって、
年齢を重ねたからこそ似合うんですよ!

派手なものには「部分ドリ」の術!

今回使うのは「部分ドリ」の術。柄は気に入ってるのだけれど、派手すぎて着るのをためらってしまうお洋服は、その柄の一部を見せるように「部分ドリ」してあげましょう。
たくさんお洋服を持ってらっしゃるから、
選びがいがあります。なんだか楽しくて、
つい顔がほころんじゃってますね、わたし。

そして、この中から選んだのが…
デニムジャケットとフレアースカート。

秋に向け、重ね着アイテムとしてコーディネート

派手すぎる柄を「部分ドリ」
ならば重ね着すればいいじゃないっていう単純な発想。
随分シックになったと思いませんか?

【シトウ流蘇生術.1】 デニムジャケットをはおる

ジャケットを羽織ることで、チュニックの派手な柄をチラ見せ。
柄のボリュームゾーンを減らしました。
また、チュニックの柄に使われているブルーのジャケットにすることで、色にも統一感が生まれ落ち着いた雰囲気に。

【シトウ流蘇生術.2 】 ボトムをフレアスカートに

チュニックを外に出さず、インしました。
スカートにインすることで、さらに柄の分量を減らしています。ボトムがフレアスカートなので、チュニックをインしても中がもたつくことはありません。
チュニックをインするなんて思いもよりませんでしたか? これが、中年女性が陥りがちなチュニックの罠!
「チュニックはお腹を隠すためのアイテム」そういう思い込みがあったから今泉さんもインして「部分ドリ」なんて思いもよらなかったようです。

ココがポイント! 「ウエストのゴールデンポイント」を意識せよ!

ウエストのゴールデンポイント
フレアスカートをはく場合、大人の女性はハイウエストにした方がお腹は案外目立ちません!
膨らんだスカートがお腹をきれいに隠してくれるから。その場合、ウエストの位置はくびれのある部分に持って行くと最も細く見えます。
 
夏場に1枚で活躍することの多いノースリーブのチュニックですが、重ね着アイテムとして活用することで秋以降も活躍してくれそうです!

エレガントな女優帽には「一点集中」の術!

おしゃれな今泉さん帽子もたくさんお持ちです。
けれど、中にはもう2年もかぶってないものも。
真ん中に掛かっているエレガントな帽子がそれ。
女優さんがかぶるようなつばの広い「女優帽」
流行っていたからつい買っちゃったけれど、キメキメになりすぎてる気がして…と今泉さん。
素敵な帽子なのにもったいない!
せっかくなので蘇生させますよ~!
まずは、ご自分でこの帽子に合わせて お洋服を選んでもらいました。 帽子のイメージに合わせて エレガントなワンピースを選ばれました。 しか~し、 イメージを合わせるというのが落とし穴! ここは発想を転換して、お洋服を選んで みましょう。さあ、蘇生させますよ~!

【シトウ流蘇生術.1】“きれい”は主役にまかせて! 「一点集中」を極める

「女優帽」のような主役になるアイテムは、そのきれいさを際立たせるため、主役に一点集中!
お洋服は脇役と考え、引き算のコーディネートを。

引き算(1)
コットン素材のものでカジュアルに

引き算(2)
色は白で統一してシンプルに

引き算(3)髪型はラフに
おくれ毛を出して、ゆる~く結びました。髪型ってかなり重要!
最後に、帽子をかぶる時のポイントをひとつ伝授します! それは「自分に似合う角度を見つける」こと!
実は、この白いシャツワンピースも着方がわからず、これまであまり出番がなかったのだとか。
お気に入りのサンダルともぴったりですよね。
おもいがけず、女優帽だけでなく、お洋服まで蘇生できてしまった今回のご相談。
こんなに喜んでいただけました~。私もうれし~!

教えてくれた人

シトウ レイ

  • ストリートスタイル フォトグラファー/ ジャーナリスト

プロフィール

世界各国のストリートスナップを 撮り続ける日本を代表する フォトグラファー。ファッション誌で カメラマンとして活躍後、Webサイト『STYLE From TOKYO』を立ち上げ 東京のストリートファッションを 世界に向けて発信。自身も ストリートファッション写真の権威 『The Sartolialist』の著書に特集を 組まれるなど、ファッションアイコンとしても注目されている。