ライフスタイル

これは便利!
荷物にひもで取っ手をつけよう

荷物にひもをかけながら、
同時に持ちやすい取っ手も作りましょう。

公開日:2018年9月7日

大きなもの、持ちにくいものを運ぶ時に、ひもをかけて結ぶと同時に、
そのひもを使って取っ手まで作ってしまえば、とても便利。
重くて大きいもの、軽くて小さいもの、それぞれに合った方法を教えます。

重いものに取っ手をつける

抱えて持てないような大きな荷物にも有効な、ひものかけ方と取っ手の作り方です。

[結び方]

  1. 1ロープを二つ折りにして、写真のように、二重止め結びをする。
  1. 2荷物にロープをかけ、(1)でできた輪に、ロープの先を通す。
  1. 3写真のように、再び荷物に回しかけ、取っ手になる部分の長さを決めて、ロープの先を下から引っ掛ける。
  1. 4ロープの先を2回からげる(ふた結び)。
  1. 54を引き締めて完成。

軽いものに取っ手をつける

コンパクトにまとめて、手を空けて持ちたいときに便利です。

[結び方]

荷物に、二つ折りにしたひもをかけ、輪の部分に先端を通してから、本結びをする。

監修

小暮幹雄

プロフィール

小学生のときにターザンの映画を観たのがきっかけで、ロープで遊べるの楽しさを知り、結びに興味を持つ。さらにボーイスカウトで正式にロープ結びを習い、上達。 ボーイスカウトのリーダートレーナーとして活躍する一方、2000年に「結び文化研究所」を設立し、“結びの伝道師”として各方面で指導、講演を行う。