料理

手軽でおいしいフリージング術
~豆腐編

豆腐を冷凍保存すると驚きの新食感に!
肉のそぼろの代わりにもなり、料理のバリエーションが広がります。

公開日:2018年8月24日

食材を保存するだけではなく、さまざまな楽しみ方ができるフリージング。
食材を凍らせることで、食感がガラリと変化するものがあります。
豆腐は一見、冷凍保存が不可能な食材に思えますが、正しい冷凍テクニックを使うと、生の状態とは全く違った意外な食感に!
そこで、豆腐の冷凍、解凍方法をご紹介。活用レシピは手軽で簡単なので、
疲れて帰ってきたときなどにもササッとつくれますよ。

豆腐のフリージング術

凍らせるとスポンジ状になり、高野豆腐のような食感に。味がグンとしみやすくなるので、すき焼きなどの鍋料理や煮物にぴったり。鶏や豚のひき肉のそぼろ代わりにもなります。

【冷凍手順】

  1. 1木綿豆腐は水けをきり、1丁あたり8等分に切る。

    メモ

    丸ごと冷凍できるが、切ってから冷凍するほうが調理の際、解凍に時間がかからず便利。

  2. 2ジッパー付き保存袋に崩れないように入れ、空気を抜いて口を閉じる。冷凍庫へ入れて、しっかり凍らせる。

【解凍方法】

  1. 1大きめのボウルかバットに、冷凍した豆腐を保存袋に入ったまま沈め、水道水が少しずつ流れている状態にして解凍する。
  1. 2解凍した豆腐を1枚ずつ手のひらにのせ、もう片方の手のひらでギュッと押さえて水けをよくきる。

豆腐ステーキ

生のときとは違い、凍らせた豆腐は、しっかりした食感に。
フライパンで焼けば、噛みごたえのあるステーキのできあがり!!

【材料】(2人分)

豆腐1丁分 (350g、冷凍し、解凍したもの)
塩、こしょう 各適量
小麦粉 適量
 
<A>
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1
小さじ1
砂糖 小さじ1/2
 
サラダ油 小さじ2

【つくり方】(2人分)

  1. 1豆腐に塩、こしょうをふり、両面に小麦粉を薄くまぶす。ボウルに<A>を入れて混ぜる。
  2. 2フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、豆腐を入れて焼く。
  3. 3両面がこんがり色づくまで焼いたら、<A>を回しかけてからめる。

豆腐のフリージング術

教えてくれた人

西川 剛史

  • 冷凍アドバイザー

プロフィール

冷凍食品会社に就職後、商品開発などを経験し、冷凍に関する知識を深める。現在は、冷凍生活のアドバイザーとして家庭での冷凍テクニックを学べる資格講座も開講。冷凍王子としてテレビや雑誌などでも活躍し、著書も発表している。 NHK番組およびテキスト「まる得マガジン 攻めのフリージング術」の講師を務める。また、冷凍開発コンサルタントとして、さまざまな冷凍食品の提案、開発にも取り組んでいる。